お金を集めることを通して

最近、自分では使いたくないことばやけど・・・・・いそがしい。

その理由のひとつに、私が関わっている人たちがお金を集めているのでそれを手伝っている
からだ。 日本への義援金集めのために子供が行っている日本語学校とか日系会とか
が合同でやってる募金のプロジェクトが一つ。広告を近所にくばったり、Tシャツを売ったり・・・。

子供の幼稚園のファンドレイジング。これって日本ではやらないんだろうなぁ。
学校のプレイグラウンドを新しくするためとかダンスのためとか。
こっちでは学校で、地域の人とかにこうやって助けてもらうんだよなぁ。
今日はヨガの先生集会が終わってから子供たちと近所を回りました。

そして私のヨガセンターが2年くらい続けて赤字なので、5月にオープンハウスをやって
人集めをするためのボランティアと広告などなど。その他、自分で教えているヨガのクラス
の代金を4月分は寄付すると決めたし、他の人がやっているファンドレイジングにもヘルプ
するので、なんだか週末がそういうことでうまってしまった。

ま、きっと今はそういうときなんだろうなぁって思う。

こういうことをして人の家回ってお金集めたり、募金の広告入れたりしていて、
いい人とそうでもないような人ってすごーくよく分かる。
ある意味において近所が分かってよいのかもしれない。
そして、そういう人たちを見て自分もこういう人間でいたい、とか見直せたりして
ありがたいよね。

そして・・・・と、だから

「貧乏暇なし」とはよくいったものだ。


そいでも今日もまたみんな元気で一日を幸せに終えましたことに感謝します。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2011-04-09 13:14