<   2012年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

自分で治すことについて語る - 2 依存と自然治癒

久しぶりに今朝は自然に6時前に目が覚めた。外は曇り。空一面のグレイ。
いつものPranayamaと8つのチャクラ活性の瞑想をした後、生姜紅茶を作り(生の生姜をすってお気に入りのオーガニックのアールグレイで)ラップトップに向かう。
日本に行く前から朝5時に目が覚めるようになってそれが日本にいるときも続いていたので、こっちに戻ってからそらが時差ぼけと疲れと痛みとで完璧に遮断されていたのだけど、からだが徐々に戻りつつあるのが分かる。

昨日はまた鍼灸へ行き、いままでのからだまんべんない治療をしていただいた。首もかなり楽になり、まだまだ恥骨あたりや腰に痛みは残るもののこれらも感じられるほどの違いがあった。ただ昨夜子どもと犬を連れて散歩したら痛み始めたので要注意だ。少しづつ、少しづつ。

以前に自然治癒力と依存についてかなり深く考えた時期があって、鍼灸なんかも行かないと治らないと思っているからだめなんだろうかとかとあれこれ考えをめぐらせたが、結局鍼灸は自然治癒力を『引き出す』治療だし、実際10年以上いっていて私には合っているし彼女の技術の素晴らしさを確信しているので『依存』ではなく、治す力を高めるために行っているのだと思う。実際治療を受けながら学ぶことが多く知識もかなり増えたので今家で簡単な治療ならできるし子どもにどうしてあげたらいいのかも判断できるのだ。

『依存』においての学びが日本滞在中にあった。これは気づきというより再確認であり、また癌というものに対するヒーラー側の呪縛を思い知るような経験がった。
友人の友人からの紹介で三重の榊原に温泉ホテルがあり、そこに難病を治療してくれる人がいるという。これはかなり前に聞いていて『今度機会があったら行ってみたらいいですよ。絶対治るから。』と言われていた。
今回、この人に会ってみようか、でもやはりこれは『依存』だと思いながらためらっていたものの、とりあえずある日、電話を入れてみた。すると電話に出た人の対応はさめざめしたもので、まず自分たちは宗教法人になったこと。温泉が工事中なので入れないし、もし治療を受けたくて宿泊するのなら1万八千円で(温泉なしでも)あること。このヒーラーのことを聞いた友人に再度尋ねてヒーラーに会うための準備(聖書を読む、下着からすべて新品を揃える、などの)をしてから来ることを考えるべきであること。などだった。
彼女の対応から話し方までにかなりうんざりしたので適当に電話を切り、日本で宗教法人になると税金を払わなくていいことを後で妹から聞いてなんかもっとうんざりした。 

もうひとつのエピソードがある。矢山クリニックに入院中に会った人からあるヒーラーを紹介された。エネルギーヒーラーで、痛みを治してくれる。治療代は1万5千円と高いけど一度試してみてはどうか、と連絡先を渡された。これは縁だし、私はこの会った人たちのことが好きだった。考え方も似ているしとても素敵なカップルだった。信じられるソースからの紹介だったのでこのヒーラーの秘書に連絡しみた。メールはすぐに返ってきて、予約を入れられるスケジュールが書いてあった。数日考えて予約を入れ返信した。するとどこが痛いか、どういう症状かを訊いてきたので、簡単な状態を書いて返信した。

その後のメールに背筋が寒くなった。

まず、がん治療は危険をともなうので1回60分で10万円であること、そして予約キャンセル料は50%。
どちらも事前の情報がなく、彼らにはHPもないので私が知る由もないことだった。速攻で『どちらもできない』ことを返信するとお詫びの返信があり、この件は白紙に戻った。

癌や難病、とにかく死をなんとか逃れようと人はあれこれの手をつくす。お金ももちろんあるなら少々かけても命は買えるものでないので本人や家族はなんとかしたいと思うのだろう。私がこの件で疑問に思うのはエネルギーヒーラーならどうして癌を特別扱いするのかということだ。授かった特別な力で人を癒せるのに病名で違いがでてくる趣旨が分からない。もともとヒーラーと名乗ってしまうことそのものがどこかに『私は人を治して上げれる』的な傲慢さがある。今は『癒し』が流行り『ヒーラー』になりたい、なる人、自分でそう名乗る人がそこらじゅうにいる。もし自分に人にない特別な力があってそれで何か苦しんでいる人の役に立つとしたら、それでお金儲けをすることが正しいと判断してしまうのだろうか?それも病名で値段が違うなんて!!

この縁と経験は私にとって大きな学びだったのでどちらも必要なものだと思う。落胆も怒りもない。これが現実であり受け入れていく。『依存』における本当の『治療』はないのだ。
日本へ行きあの特別なクリニックを訪れてみるときに、このクリニックで出来ることで癌を治してもらおうと思っていなかったので行ってみようと思ったのだ。だから私の心の中になんとかしてもらえるような『依存』はなかった。院長に1ヶ月入院も勧められても自分の判断で短縮して実際それでも長く入院したと感じられた。クリニックから得たものは大きかったが2週間以下でも今得られたものは変わらなかったと思う。

自分のからだの声を聞き、直感を信じることだ。沸き起こるインスピレーションを感じれる力を身につけるためにその声が聞ける精神をつくる。過去に私はそれらを無視したことがあった。聞こうとしたし内なる私は分かっていたけど外からの圧力に負けてしまったのだ。弱い自己や理性や外からの情報を受け入れたのだ。それは後々『後悔』という苦いことばがあてはまる暗くどろどろした時間を作る結果となってしまった。
でもそれらの体験があるからこそ今の私があるともいえる。もうそれらの外からの声にまどわされず心身ともに成長していく。前へすすんでいくことのみが私の目の前にある。『アミ、小さな宇宙人』で語られているように私たちは『進化』していく。進化することにおいて『依存』はなく、進化すれば病気にならないし、なったとしても治癒するのだ。このうえでの『進化』とは?『アミ、小さな宇宙人』を読んでください。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2012-07-24 23:45 | 生きること

自分で治すことについて語る 1

カナダに戻ってから6日めの朝。
気持ちがやっと少しいつもの自分的なものになり始めたようだ。
痛みと疲れとで毎日どろどろの日々なのに荷解きはままならなず、することは山ほどあるという日々。子どもや犬はある意味いるだけでしごとなのだ。ほんの数ヶ月前までは一緒にやってくれている人が今いないという現実にさらされながらこんな気持ちになったことのない自分との対面においても、前へすすむ上で足をひっぱられることばかりだ。

安曇野のマッサージで痛めてしまった首をあわせると確実に増えていた痛みを抱えて、治してもらえる期待にわくわくして行った鍼灸では私の思ったほどのいつものからだ全部にまんべんなくしてくれる鍼治療はなく、私の疲れた体を気遣ってか、私が遅刻していったからか、治療はかなりあっさりしたもので終わったので痛みが激減することはなくある意味肩透かしに終わってしまった。

次の日に痛みを抱えたからだで友人一家のところへ遊びに行き、みんなでビーチを歩いていると歩くのが困難なくらいの激痛が走り、ゆっくり歩くことさえ耐え難くなった。考えられる箇所をマッサージしたり押さえたりしても痛みは去らず、みらが見つけた杖をついて歩くしかなかった。

その夜とにかくこれではいけないと、熱い風呂の後、刺絡と灸の治療をした。刺絡も合う体質があるらしく私は今のところ気づくような痛みの緩和はないので足から首まで痛いところに灸をした。夜中にトイレに起きて数歩は全く無かったのにあの激痛が襲ったので、これはと思い、鍼灸師がはってくれた内鍼(シールがついた小さい針)を抜いた。以前ものすごく痛いところに内鍼がはいったとたんに痛みが激増したのを思い出したからだ。
今回は貼った後すぐ鍼灸師が骨盤がまっすぐになってると言っていたし、痛みが増したわけでなかったのでそのときは気づかなかったけど足の付け根の恥骨の近くの微妙な箇所なのでいがんだのかもしれない。

とにかくそれであの激痛は昨日一日起こらなかった。機能は家事することで一日が終わった。犬と子どもは友達が連れ出してくれた。そして昨日の晩も灸治療をした。その後、ものすごい違いですいすい歩けた。
灸は鍼とちがって即効性がないはずなのにものすごく楽になって今まで一番普通に歩けたのだ。

今朝は首もかなり楽なっていた。もちろん鍼灸師のしてくれてた鍼の効果もあるんだと思う。今回はただもろもろの理由で以前のような治療にならなかっただけだと思う。
ただ私がかなり大きな期待と彼女なら治してくれるという『依存』みたいなものがあった。
だからといって自分のやった灸だけで楽になったのだと言いたいわけではない。最近は痛みたちとも付き合いが長くなってきて色々なことが分かってきたのだ。痛みには色々な種類のものがあるし、痛いところだけを扱うことが正しいことじゃないことなどは前々から分かっていたにしろ、その性質とか度合いとか、こういう痛みが起こる理由とか対処とかいったものだ。自分がこれだけ痛みを経験しているので人の痛みの度合いのようなものも分かるようななってきた。痛み専門家の初級の認定くらいはもらってもいいくらいだ。

癌にしても痛みにしても否定的にとらえるか、それから学ぶかによって大きくその人が変われるのだ。

今回かなりの苦痛を味わった。でもそれによってそれからどうやって逃れるかを考えることで学べるし、学べれば前へ進めるのだと思う。どうにかしようと思う。そしてどうにかできたりしたときに自己治療が起こるんじゃないかと思う。すべては内から外へ向かわなければ。『与えられる』ことより『引き出す』ことなのだ。
いろんな種類の治療があるけど、私はこの基本的な個人がもつべき姿勢は共通するのではないかと思う。

例えば私がいつまでも自分の鍼灸師がすぐに痛みを緩和してくれなかったと嘆いていてもきっと痛みは治らないし、もしかしたらひどくなっていたかもしれない。それはそこに留まる姿勢だ。でも、そうでなくどうしてこんな痛みが起こるのかどうやったら自分のできる範囲でどうにかできるかを考えて行動してみる。自分の子どもが溺れていたらレスキュー隊を待つだろうか?泳げなくても助けようとするのではないか? 明日死ぬと決まった人ならきっと何でもするように。

人間はそう思うことはほとんど可能になるものだと信じている。自分で治療することはそのひとつにすぎないのだ。私は深く自分の可能性を信じる。今ある痛みはいつかなくなり、きっと以前のように少しくらい重いものを持ち上げたりするような普通の生活ができるようになると。たとえ癌とは共存していても。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2012-07-23 03:43 | 生きること

痛すぎるし、暑すぎることについて

日本の後3日の今日、
朝からお日様をみるのは久しぶりなんだけど、いきなり6時から暑い。
爽やかなビクトリアのような暑さでなく、容赦ない湿気を含んだ重苦しい空気で目を覚ますのだ。
そのうえ、昨日から恥骨の激痛に悩まされ、処方されている座薬は効かない。うまく眠れなくなって数日。はやく自分の家に戻りたい。

妹に勧められロキソニンという市販では一番効くといわれる鎮痛剤を飲み、エアコンを除湿にして特にどこにも行かずに、掃除機をかけたり、色々料理をしたりして残りの日々をこなしている。

精米機があって、いつもぬかが余っているのでヌカクッキーを何度も作ったり、豆腐でアイスクリームを作ったりするのはやっぱり楽しい。夕食を妹家族に作って喜ばれるのも嬉しい。

ただ痛みは、恥骨だけでなく腰や肋骨などの転移箇所そこらじゅうにあり、痛みをかばうための動きによって他の筋肉も痛くなってしまうという悪循環も続いている。なんせ痛みと暑さのために、かなりの思考能力を奪われた日々が続いているので「残りの滞在を楽しむ」というより「なんとかこれ以上酷くならないように安静に、帰国日の長旅の為にエネルギーをためる」毎日で、今朝も起きた途端ルカが「ママァ、あとみっつ」(3日のこと) と言って、みらは拍手していた。私も同感で、ビクトリアに戻れば痛みを緩和できる鍼灸師もいるし、エアコンなくても過ごせる。

今、子供たちは外のプールで隣の子たちと遊んでおり、妹家族は出掛けていてかなり静かな家の中、
エアコンとロキソニンのおかげで少し楽になって、脳がちょっと機能し始めたのでこれを書いている。

痛みと暑さの以外にみらとルカが咳と鼻水があり、かなり帰る日のことに関してネガティブになっていたけど、まあロキソニンと子供用酔い止めとiPadと機内のDVDがあればなんとかなるだろう。

子供が咳と鼻水あるのにプール入れてる? いやいや、本当に暑いのよ。きっとカナダにいる人にはわからないだろうけど。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2012-07-15 14:46 | 乳がんをめぐる

日本滞在は後10日間

時間だけは、または時間という観念が人間に出来てからそれを遅く感じたり、速く感じたりするようになった。佐賀での19日の入院が終わってからは毎日がやたらと速く過ぎているようだ。矢山クリニックに居たときは同じように流れているはずの時間がとてもゆっくりだった。
今は安曇野のログハウスでかなり子供中心の毎日でもう5日も経ってしまい、愛しいわが家に戻るまで後10日になってしまった。

ネット検索のおかげで又々ホタルが観れるスポット発見。昨夜早速行動。安曇野市池田町花見(かみ)区のあぜ道。1000匹くらいの源氏蛍が飛び交う素敵な眺めを堪能出来た。ここは有名なようで、人も盛りだくさんだった。

土曜日にはプールに行ったり、今日はとっても大きな公園でたくさんの遊具、ながーい滑り台で思い切り遊んだ4人は帰りにラーメンを食べハッピー! 妹は5歳と7歳の子供の学校を休ませ子供たち4人が私たちがいる間ずっと遊べるようにはからってくれた。

午後にネットで見つけた鍼治療にいったけど、ほとんどマッサージだった。日本に来てからこれまでに
刺絡を含め3人の東洋医学治療を試したけど、これといった人に出会えていない。驚くべしは、あの小さなビクトリアで一人出会った日本人の鍼灸師が私には合っているという事実だ。今のところ彼女の細かさと痛みの緩和の効果に及ぶ人に会ってないだけなんだろうとは思うのだが…。

今は時間のある時に(いっぱいある、それだけは。多分) ネットで持って帰りたい本とか治療器具とか日本でしか買えないものをオーダーしたりする他はかなりここを満喫している。

子供たちにも日本でしか出来ない花火をしたり、遊びに忙しい日々がいつかいい思い出になるだろう。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2012-07-09 17:56 | みらるか

今度は北へ

佐賀から戻り、一度だけの神戸でビタミンCの点滴を受けた。この時はものすごく点滴の後しんどくなってしまった。乾クリニックの医者にはゾメタの点滴を勧められた。骨粗しょう症のひとのための薬剤で、癌性骨折を防ぐためらしい。結局それに行くのをためらったまま保留にし、今は長野は安曇野にある妹家族のログハウスにいる。

ここはやっぱり涼しく過ごしやすい。山に囲まれ木が多いとこんなにも気分がほっとする。名古屋からの特急で見える景色は佐賀へ行く時のような工場地帯もなく私はただぼーっと景色を眺めたり子供と名古屋で買ったおにぎりを食べたりして旅行気分を満喫していた。

雨は降っているものの湿気の少なさがありがたい。関西エリアでは何度かあまりの空気の重さに脳さえうまく動かず、物事がちゃんと考えられなかった時が何度かあった。例えばどれだけパッキングしてどこへ何日行こうとかの計画を立てようとしても上手くいかない。

それでも一夜眠れば何とかなり新幹線と特急を乗り継いで安曇野に来たのは間違いでなかった。妹の家には温泉を引いてるお風呂があるので汗出しディトックスをしているし、子供たちは歳の近いいとこと延々と遊ぶのでこちらも嬉しくなる。 三年前ここへ四人で来た時はそれぞれに子供たちは小さく上手く遊べる歳じゃなかったけど今はとてもいい感じなのでご機嫌なのである。

おたまじゃくしや色んなな虫に子供たちは大はしゃぎだし、みらはいつもカエルを捕まえては逃がしたり、昨日は歩いていける足湯を三人で楽しんだ。

今朝は昨日から降り続けている雨が止まないままの終末。さてみんなで何をしようか…


もし日本に住むならこの辺りだったら住んでもいいと思える。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2012-07-07 07:03 | 乳がんをめぐる

佐賀へ、再び、3人での旅

暦は変わり日本時間は7月。
早朝から雨。梅雨は全く明けていない日本の湿気を思い知らされる。
こんなジメジメを感じるのは20年ぶりくらいだと思う。

28日に佐賀のクリニックに今回最後の治療にいって来た。
アポは29日だったので一泊して古湯温泉というものすご~い
田舎まで佐賀駅からバスという多分超長旅を子連れでやってしまった。

子供たちはなんとかそういうことに乗り越えられるようになった。

そこは想像を絶するような田舎だった。
そのうえ名前の通り古い、佐賀県民は知らない人もいて知ってるひとでも
通り過ぎるだけの村だ。だからガイドブックなんかにはもちろんのっていないし、
私がそれを知ったのもたまたま治療を待っているときに見つけた佐賀のチラシ
でだった。でも、私の目をひいたのは蛍が観れるということ、古湯温泉の宿のどれか
に泊まれば、バスでご案内というのだ。私は何年か前から蛍がみたいと思い続けて
いたし、子供たちにも見せてあげたいと考えていたので今回それが実現できて
彼らのあの興奮した姿を見て本当に嬉しく、長旅でも行ってよかったと思った。

素泊まりの宿は昭和を越えて大正を思わせるとんでもない代物だったが
子供たちは広い温泉や押入れなんかに大喜びで文句一つ言わない。
彼らといると過去の経験に囚われ、なにかと比べてしまう大人の人生という
汚れたものを感じるけど彼らがそれをいつも浄化してくれているようで楽しめる
のだろうと思える。

「危ないので子供には泳がせないで下さい」という注意書きを無視して
人がいないときは好きなことをさせ、私もゆっくり温泉治療として
温まった。

車がないので観光なんて全くなかったし写真もろくに撮らなかったけど
3人での日本の旅は楽しく、私はこれからこうやって3人で色々やって
いくのだな~としみじみ感じ、この2ヶ月で私たちの絆みたいなものが
さらに深まった感じが暖かかった。

私たちは本当にカナダが恋しいのだけど、残りの滞在を一日一日大切
に過ごしていきたい。 ー例えば大雨の今日でも。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2012-07-01 06:27 | みらるか