<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Summer Solstice

こんなにやる気がでるとは思わなかったけど、
今年の夏至にしたことは
5年間、やりたかったマスターベッドルームの壁と天井のペンキ塗り。
そして味噌を仕込むこと。

今日は6月21日太陽が出ているのが一番長い日。
この日は夕方のヨガの時間まで本当に何にもなかったので
掃除さえしなかったけど、洗濯を干して、
大豆を煮ているあいだにペンキ塗りをして
おまけにささやかな夕食まで作れた。

ヨガから戻ってきたのが9時すぎていたけど
どうしても味噌を仕込んでしまいたかったので
(欲張って乾燥大豆2kgもするんじゃあなかったとちょっと後悔)
一度煮ておいた大豆をまた沸騰させ、麹と塩にまぜて
(これが結構大変だった。なんせ全部一揆にまぜる入れ物がない)
大豆をフードプロセッサーにかけるのが6回にもなったけど
最後にすべてをまぜて丸めたのをぽんぽん入れて全部入れたのを
ぎゅうぎゅう押し込んだときはうれしかった。

ペンキの方も変な黄色の壁にしみのような薄い黄色の天井から
おさらばできてすごーくうれしい。天井は白で壁はちょっと変わった色
にした。小豆のような色なんだけど、実は茶色ベースで赤が入っている。
ピンクにも見えるかなと思ったけど、光によって感じが変わる。
なかなかお気に入り。外の景色まで違って見える。

ってなわけでかなり忙しい夏至の日だったけど、満足。
達成感はたっぷり。味噌を仕込んだ日が覚えやすくていい。
ペンキが終わったら5年間眠っているかなり前に買った私らにしては
かなり高級のベッドフレームを組み立ててベッドルームらしくする予定。

忙しくても何かこうやってプロジェクトをこなしていくのは楽しい。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2011-06-21 10:38 | カナダライフ

6月

久しぶりにゆったりした日曜日。

こういう日が大切だ。そしてのんびりするのが大好き。

もう1週間以上風邪がはっきり治らないのに、2日前から生理になって
なんかどん底にしんどい昨日はファンドレイザーのための親子ヨガを
教えないといけなかった。

週末前に、来週の裁判ではもう証言しなくていいことになったのを聞いて
喜んでいたのもつかの間、(私を小突いてもきっとなんも判決に役立つ
ような情報は得られなかったんだ)なんか休みたくてもはずせない予定と
いうものをこなしていかないといけない。
先週は風邪の咳と鼻水と倦怠感を背負って週2回ヨガを教えたし
昨日もなんとか無事にクラスを終えることができた。

ヨガの先生というのは、体力勝負だし、代わりがそうそういないので
(特に今はプライベートで教えているため)しんどいので休むというわけ
にはそうそういかない厳しい世界なのだと痛感している今日は本当に
なんにもなくてこころからほっとしている。

思えば6月は通訳のしごとが2つも入ったり、証人という重たい役目を
こなしたりとちょっとストレスの多い月だったようだ。子供の風邪や自分の
風邪など考えると浄化の月だったのかもしれない。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2011-06-19 04:57 | カナダライフ

証人としての日 1週目 火曜日の午後

いったい誰から始まったのか、とにかく
るか、みら、るか。 か、みら、るか、みら、るか くらいの順で
ずっとなんやかんやとウィルス関係の(まあ、はやい話しが風邪系のウィルス)熱やら
中耳炎やら熱と咳き込みプラス嘔吐の連続で、過去3週間以上はどっちかが調子が
悪く、いったんそれにかかりそうになった私もなんとかメガビタミンCとかでクリアした
と思いきや風邪をまたまたひいてしまった。

んなわけでブログもご無沙汰。

そして今日はタイトルのごとく証人として裁判所へ。

あ~ぁ

あのとき通訳なんてひきうけたばっかりに、こんな嫌な役目を命じられてしまった。
案の定、私の訳のミスを被告人の弁護士につつかれた。彼は日本語を理解すると
聞いていたので、多分こういうケースは考えていたけどそれにしても
裁判所というなんか緊張する場所で、おまけに完全に治っていないウィルスに犯された
頭を抱えて、あっちやこっちの弁護人からあーだ、こうだと質問攻めには
ほとほと疲れた。
そしてまた来週もう一度陪審員の前でも裁判があり、そのときにも証人として
発言しないといけないと思うと今夜の赤ワインも夕食もあんまり味がなかった
ような気もする。

警察とか尋問とか裁判とか、とにかくああいうところこそ現実から離れたところで
独特の雰囲気があり、変なエネルギーが飛び交い、私のような一般人は
もうそこにいるだけで疲れてしまう。ああいうことを仕事にしている人は
いったいからだにこびり付いたオーラとかエネルギーのようなものを
どうやって処理しているんだろうとふっと思ったりもした。 

で・・・

いろいろ質問攻めにあい、訳の正確さを指摘されたりと小突かれた後の
家路に着く車のなかで

「これも与えられたこと、自分が選んだこと、経験をまたつめたことに
感謝しよう~」

と思うように思った。つらいがそうなのである。もう全く後の祭りなのだが
「何でも引き受けるものではない」 私の大きな人生の教訓になった。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2011-06-14 12:35 | カナダライフ

お魚情報 共存

6月が始まってしまいました~!

さてUpしよう、しようと思いながらなかなかできなかったこと。

あの小さいさくらとクローバーはいったいどうなったのでしょう?


じゃじゃぁ~ん!!!

d0132493_13314219.jpg



見えるでしょうか? 真ん中に2匹とも元気に大きなタンクで泳いでいます。



そして・・・・


d0132493_13342446.jpg



な、なんと、こういう大きい子たちもついてきました!!

タンクとかフィルターとかエサとかこの3歳くらいになる子たちもひっくるめて
10ドル! この魚たちを飼っていた女の子は引越しのために売ったそうです。

始めは大きいのが小さいのをこづいたりするんじゃあないか、とか思ったので
すが大丈夫でした。魚たちは同じような種類だし、うまく共存しているようです。

黒の出目金をルカが「どろんこくん」と名づけました。
オレンジの方は「ひまわりちゃん」になりましたが、これはみらと私で選びました。

パパも金魚の飼い方などを検索しておりました。

これでまた家族が増えたわけです。

私は油断するとぼーっと魚を見て時間がただただ過ぎるので、なるべくタンクの
前に落ち着かないようにしようと心がけている毎日です。

フィルターから流れる水の音も快く、水がある風景っていいなぁと贅沢な
気分をほどほどにですが味わってます。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2011-06-01 13:24 | カナダライフ