<   2011年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

発芽発酵 その後

私の楽しい発芽発酵食を作る日々は続いている。

まず納豆は簡単だった。友達の言うとおりだった。
早く作ればと思った。これからは納豆は買わずに済むのでうれしい。
それも必ずオーガニック!

次に豆乳は発酵なしだけど簡単! おからもできて一石二鳥なんだけど
この成分無調整無農薬豆乳は日本に売っていたのと同じで飲みづらい。
豆腐を飲んでいるようだ。でも調理とか色々に使える。
週末に作ったおからパンにも豆乳を使った。子供たちはそれを今日の
ランチのサンドイッチに持っていった。


d0132493_137473.jpg


300gの乾燥大豆から2L弱の豆乳ができた。

そしてこれを使って豆乳ヨーグルトを作った。

d0132493_1392335.jpg


これはジャムを入れようがどうも子供には全く受けなかった。パパはマヨネーズの匂い
と一言。私は自画自賛のため、頭でこれらのものを食べているので気がつかなかった
のだけど、本当にマヨネーズそっくりな匂いだ。前回とぎ汁乳酸菌で作ったのはこんな
匂いでなかったけど、あれは調整された豆乳を使ったからかもしれない。
ただ、この意見を参考に二日後にポテトサラダを作ってみた。オリーブオイルと酢も
まぜて、これはパパにもおいしくいただいてもらった。実際おいしかったうえにこれは
卵なしのローカロリープラス乳酸菌がばっちり入っているのでいいことだらけ!

このスターターはこれ!
d0132493_1314682.jpg


発芽玄米ヨーグルト。これは酸味も味もいいのだけど、私のフードプロセッサーでは
いかんせん、玄米の細かく滑らかに砕けない!
d0132493_13345122.jpg


でもマンゴと一緒に食べたり、Museliを入れたりして毎朝ローフード玄米!
そこでとうとうこれがつぶせるだろうミキサー購入。こう後期待!

一番のお気に入りはやっぱりこれ!

d0132493_1333112.jpg

発芽発酵玄米!
もう保温ジャーにあっていつでも食べれて素敵!!!
それもおいしいし言うことなし!

そのほかに初挑戦中はぬか漬け。今はぬか床作り中。2週間くらいかかるので
毎日まぜまぜの日々。たのしみ~!!

ブロッコリーやアルファルファやマグビーンのスプラウトたちもすくすく育ってます。
玄米が水の中で息しているのとか見てると本当に「あ~この生きている命をいただいて
いるんだぁ~」とついつい玄米ちゃんとかよんで微笑んでしまう。

今度はちょっと濃い目の豆乳を作って豆腐を作る予定。発芽玄米ヨーグルト
のための玄米ちゃんは発芽中。

もっともっと作れるものは作ってみたい。今はこの色んな人のブログがあって
本当に便利。私とは違って一つ一つ写真で作り方を乗せている人たちに
感謝で~す!!
[PR]

by mi-chanlucalu | 2011-05-30 12:42 | 食べること

発芽発酵ライフ 2

思い立ったら行動せずにいられないので

今日、ビクトリアディーパレードに子供たちを連れて行って
戻ってきたら、もう早速、一晩浸けて置いた大豆で豆乳を作った。
豆乳を作るとおからもおみやげについてくるのがうれしい。

その前に二晩浸けの玄米を(発芽している)ヨーグルトにするため
フードプロセッサーにかけ、冷蔵庫の上に置いとく。ここはかなり暖かい
場所なのでこれまでに豆乳ヨーグルトも作ってきた。発酵場所には最適。
このヨーグルトの作り方は菊の助さんブログからがもともとなんだけど、実は
私は菊の助さんから学んだ人(たくさんいる)から適当に作ってしまったので
初回、うまくできていないような気がする。

麹が手に入るまで味噌は作れないので、今日は納豆を仕込めば
発酵食つくりはおしまい。

その間、昨日あくを抜いておいた蕗を炊いたのだけど、どうもいまいち。
今まで作ったことが無いので(ちなみにあんまり食したこともない)おいしいか
どうかさえもよく分からない。ま、いいか。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2011-05-23 08:05 | 食べること

発芽発酵ライフ

あぁ~! やっと太陽を浴びれる日々が3日間くらい続いたと思ったら昨日から
また天気がぁぁぁ~!! 曇り、雨、寒いのはもう懲りたよぁお~。いったい
カナダならずビクトリアが地球温暖化のバイプロダクツを背負っているのだろうか?
温暖してくれ~!!

でも少しでも日が差した日々にお花を植えて、野菜の種まきができたのでよし
としなくては。そして最近諦めている自分がいてけっこう家のなかでなんやかんや
している。

そのひとつに、発芽発酵食を作ること。これは以前の米のとぎ汁プラス豆乳ヨーグルト
から始まって、今は検索からいきあたって、ローフード関係の方はもうばんばん
作っているらしい玄米ヨーグルトをつくってみよと企んでいる。まずは玄米を発芽させ
ようと玄米を水に浸している。

こないだの金魚を買ってしまったところでお花や種も買ったけど、そのときスプラウター
も購入して、長いことやっていなかったスプラウティングもやっている。ひとつはブロッコ
リーなんだけど、これは癌の予防にとてもよい。「アメリカのジョンズ・ホプキンズ医学
大学のポール・タラレー博士がブロッコリーに含まれるスルファらフォンががんに有効
であることを発見した。」これを読んでから、ブロッコリースプラウトや他のものもよく
発芽させていただいていたのだけど、手軽に買えるのでいつしか買っていた。
ちなみにこのスルファらフォンはブロッコリー1Kgを1週間に食べないといけない
のだけど(がん予防には)スプラウトだと50gで足りるだ。

でもその前にやってみたのが発芽発酵玄米
これも何年前から食べている人は多いのだけど、私はなんか長岡式というのを知って
これは色々特別な圧力釜とか保温ジャーとか塩とかがいるんだと思っていただけど
そうじゃなくてもできるとネット検索で知ってさっそく先週作った。

一応塩と小豆は特別に買ってみた。玄米はいつも食べている無農薬のやつ。
んで本当は発酵されて3日目からがおいしいらしいのに作った後から食べ続けて
(もちろん炊き立てでもおいしい)3日目には、もうお茶碗1杯くらいになって
しまった! 子供も小豆さえ食べてくれるのでやはり普通に炊くよりおいしい
んだろうし、そうなれば子供用に買っていた白米や健やか玄米も買わなくて
玄米でやっていける!これはうれしい。
それにいつも玄米を炊いて、その残りは冷凍していたのだけど保温ジャーに
あるのでいつでも食べれるのがうれしい。

また癌話しに戻るが、Essiac Teaもまた作って飲んでいる。これは癌が診断
されたときから飲んでいたけど、これも作るのが大変だし、まあ色々あって
遠ざかっていた。こないだこのお茶にもう少しハーブを加えたFlor essence
がセールされてそれを買って飲んだのだけど、味がほとんどEssiacと変わらない
のが判明したうえ、こっちはもう作ってあるんだけど、かなり値段がはるので
手間がかかってもEssiacにしようと、これもこないだ仕込んだのを一日二回
飲むようにしている。

しかし、こうやって発芽するのを見ていると食べるものに愛情がわく。
もちろん自分たちで育てた野菜もだけど、こうやって身近にあるとじーっと
見てしまって玄米なんかでもちょっと芽がでてるのを見てるだけで
うれしい。あぁ~ 命をいただいているのだなぁと感謝の気持ちでいっぱい
になる。

味噌とか納豆とかも作ってみたい。麹が手に入れば味噌はなんとかなる
だろうし、納豆はもっと簡単そうだ。豆乳もつくってみよう。

さて窓から外を見ると曇は空一面をこれでもかっと覆っている。
今日はどんな日になるんだろう。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2011-05-22 01:39 | 食べること

さくらとクローバー

昨日の土曜に畑に植える苗とか種とか肥料を買いにに近くのnurseryへ家族
で行った。かなり広いところで植木やお花や魚など「育てる」ものはいっぱい。
そして、毎年のお決まりのようにパパが色々物色しているときに走り回る子供たち
を見張る私。

そこには「鯉」が沢山いて、大きなものから小さなものまで見てるだけで楽しいみたい
だった。もうあの二人がとにかくちょろちょろ、というより新幹線のごとく走り回り
挙句の果てには叫びまわり、それを追いかけ注意するためにそこにいるような気に
さえなるのだけど、せっかくの週末にぐたぐた言いたくないし、楽しいし、最小限の
人々に迷惑のかからない程度に注意しながらいた。走り回っては鯉を見るの繰り返し。

んで、子供がねだるわけでもないのに、一番小さい鯉(金魚)を買ってしまった。
それも2匹。子供に1匹ずつね。んでペット大好きのみらが早速名前をつけたのが
さくらちゃんとクローバーくん。

d0132493_6263221.jpg


白いほうがさくらちゃんでオレンジと黒のがくろーばー。

d0132493_6271823.jpg

クローバーくん。目がおもしろくなってしまった。

d0132493_628832.jpg

たくさんのオレンジの金魚のなかから白いのがいいとみらが選んだ。

実はこれって本当に衝動買い。
こどものときによく行った姫路の浴衣祭りで金魚すくいをして、そのまま持ち帰った
金魚を思い出して、すぐに死ぬかも、と思いながら買ったのだった。(実際、子供の
ころの金魚はすぐに死んだ)

でも、家に帰って水槽も金魚蜂もなく花瓶に入れられた2匹を見ていると、ものすごく
罪悪感が沸いてきた。とくにさくらちゃんは環境が変わってパニッくっていてばたばた
泳ぎ回っている。クローバーくんはなんとか落ち着いて受け入れているようだった。
これも飼い主、さくらちゃん=みら クローバーくん=るか に似ているような気もして
親近感さえわいてしまう。

ああ、私のような自分といるのが好きな人は生き物なんて飼うべきじゃあないんだと
常々思うのだけど、きっと何かの理由があってここにやってきたのだろうと思うと
今度は責任感のようなものさえ感じ始め、ネットで真剣に調べ始めタンクを買うこと
を決心。「how to take care your goldfish」では、金魚蜂よりタンクをお勧め
するとあって昨夜はセカンドハンドのお店に行ってみる。

あんまりラックがなかったので今度はネットでビクトリアの大きなUsed siteを検索。
そしたら$10で金魚2匹付いて、13ガロンのタンクが付属品全て付いてSaleを
していた。早速今朝電話をしたら、Dadがいないから、彼が帰ってきたら電話
します、とのこと。 お父さんはしごとなのだろうか。私は今まだDadからの連絡待ち
なのである。

今日は昨日の夜からしつこく雨が降り続いている。たまたま運よく友達から本を借りて
いたので没頭する。本を読むには絶好の日だ。その間、子供たちのおやつに大福を
作ったり、バナナチョコレートチップブレッドを焼いたりして「雨の日」らしい一日を過ごす。

免疫学の阿保徹さんの本のどれかに「曇りや雨だと副交感神経が働くのでリラックスする」というようなことがあったのを思う。
だから雨の日はゆっくりするのがいいんだ。だいたいカメハメハの国では雨が降る
と学校は休みだもんねぇ。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2011-05-15 06:17 | カナダライフ

乳酸菌を作る

また雨じゃないかぁ~!!

今日の午後はそれでも友達と蕨採りに行く予定。

それはさておき、
毎日のようにチェックしているブログのなかに飯山一郎さんがいてその方がお奨めしてもう何百人の人がやっている
米のとぎ汁で乳酸菌を作るのをやってみた。
無農薬の玄米をいつもよりおもいっきり研いで1週間寝かせる。
飯山さんは牛乳を混ぜるとあったけど、うちは豆乳。どうなるかなと思っていたら2日めに
その豆乳が固まっている。

彼のつながりである人がTiwtterでつぶやいていたのは豆乳3でとぎ汁1でやったら
豆乳が固まったので食べれるかっていう質問があった。ジャムを混ぜて食べましょうと
答えていたのを読んで、昨晩食べてみた。
匂いが酸っぱくなく、味も酸っぱくない。
これで菌があるんだろうかと思うのだけど、固まっている事実は何かの変化を物語っている
ので自己満足で十分菌はあると思いながらありがたくおいしく頂いた。自分ミックスのMuseli
とキウイを入れて臭みもないので食べやすい。

んで昨日の時点では豆乳が少なかったので昨夜大目に豆乳を3:1で入れたら今朝
もっとできた。これも冷やして後でいただこう。ふふふ。これで実はヨーグルト要らず
ってことかい?

今朝できたのはこんな感じ。

d0132493_412578.jpg


横から見るとふつふつと気泡が!しかしこの豆乳にはいろいろと混じり物があるのに
かなりしっとりとできてうれしい。

d0132493_423330.jpg


日本とちと違ってこっちで売られている豆乳は種類が多いし、味つけも色々。
バニラ味、チョコレート味などなどデザートのように甘いのもある。私はなるべく
丸ごとオーガニックの豆が一番初めの材料に使われているで甘味料の入ってない
のを買っている。

そんなわけで豆乳を買いに行かなくてはならない。もうすぐ蕨採りの約束の時間も
せまっているので今日はこのへんで~!
[PR]

by mi-chanlucalu | 2011-05-11 03:51 | 食べること

アマゾーン

乳がんの診断、告知から2年、手術から1年7ヶ月が経過した。


最近ネットをサーフィンしていてギリシャ神話のアマゾンという狩猟民族が
女の人だけで構成されていて、馬にのり弓矢で狩をするために邪魔になる右乳房
を切り取っていたという話しを知った。ウィキペディアにはA=否定、mazos=乳(乳房)
とあって、もちろんこの民族の人全てが乳房を切り取っていたわけではないので、
この言葉はそこからとはいえないそうだが、これをを読んだときにサンスクリットの
Ahimsaの意味も非暴力でつまり、A=否定、himsa=暴力であったのを思い出した。
ことばっておもしろい。どっちも古いのでどっちが先かは分からないけどつながってる。

それはさておき、私も右の乳房を全摘出したのでなんかこの神話に共鳴してしまった。
もしかしたら私はアマゾンの生まれ変わりなんじゃないか、とか勝手に思って楽しんで
いたりもする。だってそれなら納得するじゃなか!とかね。そういえば一番最初に自分の
傷跡を見たとき、「うわ~!かっこいい。戦士みたい」と思ったのを思い出した。


松井真知子さんという作家が書いた本に「アメリカで乳がんと生きる」という本の表紙に
使われているの写真がアメリカの作家ディーナ・メッツガーさん。彼女も右乳房を全摘
しているのだけどその傷跡にブドウの木の刺青をいれていて、その人が裸で両手を広げ
ている。私はこれを見てう~ん、Tattooもいいなぁと考えた。いつか・・・。
ディーナさんの写真はここから


最近、まったくブラをしなくなった。胸を作るのも面倒くさくなった。
ないならないでいいではないか。
大体、双子の授乳が終わってから見るも無残にしぼんだ左の乳房との差も
そんなにないのだし、いくらヨガでいつもTシャツだからって気にしなくなってしまった。
乳房の無くなった右の胸は骨がすぐ触れる皮膚だけなのだけど、彼らなりになんとか
やっているのがとても愛おしくなるときがある。

アマゾン民族はとても強い女性たちだったそうだ。
アマといえば尼、これもつながっているような気もする。
女は強いのである。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2011-05-02 10:40 | 乳がんをめぐる