<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ヨガ ワークショップを終えて

イースターの連休にヨガのワークショップに参加するのは今回で
4年連続になった。いつも外国から先生がやってくるので、ほとんどのヨガの先生と
私たちのような見習いは参加しているようだ。

ヨガ自体はひとつなのに、仏教やキリスト教の宗派のように、いろいろ何々ヨガと
分かれている。フィットネスだけを目的にしたようなものもあるし、リラックスだけを
通しているようなものもある。値段もピンきりである。
そのうえそれぞれのヨガの中でも色々な先生がいて教え方も全く違う。

今回のワークショップの先生のことは、私たちのセンターから毎年フランスへ
行っている先生がいて、その先生が師事している先生の奥さんなので
だいたいどういう感じかが想像できた。

そして、私の予想は的中した。

Corineは私の1年半前の手術のことに対しては、あまり容赦なかった。
ひとことでいうなら「厳しい」
もし、普通の西洋人なら理解できないんじゃないかと思う。
ポーズをしていて、ちゃんと筋肉が働いていない部分をぴしゃっとたたく。
実は私も2度ほどたたかれた。

とてもIyengar的な教えた方だ。Iyengarさんのことを何度も何度も
聞かされてビデオでも見てきたのであんまりおどろかなかった。

そして3日目の日には、私はもう腕が痛くても肩が痛くても
どんどんポーズをやった。というのは2日目にOver Workしないように
みんながやっているポーズをしなかったら「大丈夫だからしなさい」と
いうことになったからだ。私は手術してから今までセンターの私の先生
からはOver Workして身体を痛めないようにと言われてきた。
無理にやろう、やろうとするのはエゴで、ときにはBack Upしないと
いけないと。

驚いたのは次の日、腕も脇も痛くないのだ。
避けていたポーズも今まで以上のストレッチも体はダメージを受けて
いないようだった。そして終わった日も元気だったし、次の日も
予定していたヘアカットのしごとへ行って7人散髪しても
思ったほど疲れていなかったし腕は痛くも重くもならなかった。

「Go beyond the limit」がIyengarさんの教えである。それは彼の
オリジナルではないのだろう。彼が彼の先生から受け継がれ、今回
Corineという先生にも確かに受け継がれていた。
私はそれをからだで試した。まともな身体でなく、右の胸に大きな傷のある
リンパをごそっととられた傷のある身体でた。

そして何かを克服したような気がする。

さなぎのときに何回も何回もからを脱ぎすてていくせみのように、また一枚
からを脱いだような気がする。

そこへ導いてくれたCorine Biriaに心から感謝をする。そして今回丸4日間
ほとんど時間を過ごさなかった私の家族にも。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2011-04-26 02:13 | ヨガ

このごろは・・・

今年の4月はとにかく寒い。
もう半ばも過ぎたのに、気分は春といえる日はあんまり、というかほとんどなくて
人々のこころもなんとなく閉ざされたままのような日々が延々と続いている。
もちろん、日本の地震や原発の影響も、ここビクトリアの日本人の気持ちには
多く影響している。

昨日日本人会などによる3度目のファンドレイジングがあった。
私たち家族も午後はほとんどそこで時間を過ごした。
みらとるかは寄付によるガレージセールで気に入ったおもちゃを見つけた
ようで、家に帰ってもずーっとその古新しいおもちゃで遊んでいた。

私は午前中に行った鍼灸の治療のせいもあって、一日中ずーっとだるかった。
最近忙しかったせいもあるだろうし、ヨガでの無理もあってか、手術した方のわき、腕
胸がずっと痛かったのを治療してもらい、トランポリンで無理して痛めた腰もかなり
いらったので、疲れがでて家に戻ると速攻横になってしまった。

今日はそのだるさはとれたし、またボランティアのヨガクラスへ行ってきた。
最近、自分の訓練の時間があまりもてなくなるほど、教えたり、クラスをとったり
しているので疲れはでている。

現在パパが子供とかいを外へ連れて行ってくれて、一人でヨガのペーパーワークを
していた。この静けさがあるうちにヨガ時間をとろうと思う。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2011-04-17 06:51 | 生きること

お金を集めることを通して

最近、自分では使いたくないことばやけど・・・・・いそがしい。

その理由のひとつに、私が関わっている人たちがお金を集めているのでそれを手伝っている
からだ。 日本への義援金集めのために子供が行っている日本語学校とか日系会とか
が合同でやってる募金のプロジェクトが一つ。広告を近所にくばったり、Tシャツを売ったり・・・。

子供の幼稚園のファンドレイジング。これって日本ではやらないんだろうなぁ。
学校のプレイグラウンドを新しくするためとかダンスのためとか。
こっちでは学校で、地域の人とかにこうやって助けてもらうんだよなぁ。
今日はヨガの先生集会が終わってから子供たちと近所を回りました。

そして私のヨガセンターが2年くらい続けて赤字なので、5月にオープンハウスをやって
人集めをするためのボランティアと広告などなど。その他、自分で教えているヨガのクラス
の代金を4月分は寄付すると決めたし、他の人がやっているファンドレイジングにもヘルプ
するので、なんだか週末がそういうことでうまってしまった。

ま、きっと今はそういうときなんだろうなぁって思う。

こういうことをして人の家回ってお金集めたり、募金の広告入れたりしていて、
いい人とそうでもないような人ってすごーくよく分かる。
ある意味において近所が分かってよいのかもしれない。
そして、そういう人たちを見て自分もこういう人間でいたい、とか見直せたりして
ありがたいよね。

そして・・・・と、だから

「貧乏暇なし」とはよくいったものだ。


そいでも今日もまたみんな元気で一日を幸せに終えましたことに感謝します。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2011-04-09 13:14

春休み最後の週末に

春休みは全然暖かくならなかった。
みらは、春休みと聞いただけで 「はる?いえ~い!あたたかい?」
といっていたけど・・・。

そして、とくにみんなでどこに行くわけでなく(寒いし、雨だし)
私もヨガのクラスが色々詰まっていたし、なんかあっというまに
2週間がすぎてしまった。

とくに計画してやったのは日本語で親子ヨガのクラスをしたことくらい。
でも、これが実に楽しかったのでまたやりたい。

春休みの最後の土曜日の朝、まだ寒いので家のなかで「ぬりえでもしたら?」
と言ったら、ふたりとも真剣にやりだした。

d0132493_13413839.jpg


もちろん、みらはちゃんと着替えて机の上で、そしてるかはもうすぐお昼でも
パジャマで寝そべってなんだけど。

もう夕食も間近になって、みらにせがまれたパパはトランポリンの組み立て。

d0132493_13432798.jpg


でもみらもるかもちゃんと手伝ったよ。

d0132493_13441859.jpg


d0132493_13445718.jpg



なんか見てると、去年よりトランポリンが一回り小さくなった?気がした。
双子はひとまわり大きくなったんだなぁ。

d0132493_13461388.jpg

[PR]

by mi-chanlucalu | 2011-04-02 13:36 | みらるか