<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Tooth Fairy

木曜の朝、みらの2本目の歯が抜けた。水曜の晩からもう
ひっぱればすぐ取れるくらいになっていたのに、みらが怖がって
そのままにしておいたのを朝になってやっと私が引っぱることに
なった。本当にそれは引っ張るというより、ちょんって感じで取れた。
夜のうちに血はいっぱいでていたのでほとんど出血もなかった。

みらは大喜びで幼稚園でみんなに見せるというので指輪の入れ物に
入れて大事そうにずっと手で持って行った。

さて、こちらの国では子供の歯が抜けるとTooth Fairyがやってきて
子供が寝ている間に枕の下に置いた歯を持っていく。そしてそれと
交換にお金を置いて行くのだ。いわばサンタクロースの逸話のような
もので、小さいうちは信じているけど、大きくなるとそれは自分の
親だということがわかるので、ほかの人の話によると手紙を書いて
「もっとお金を置いて行ってほしい」という子もいるそうだ。

私は最近までこの「歯の妖精」のことを詳しく知らなかったので
絵本を借りたりしてみた。コインがすきなみらには、たまたまあった
ぴかぴかのLoonie(1ドルコイン、Looneという鳥がついているで
そうよばれている)を置いておいた。

朝の3時くらいに眠りが浅くなる彼女は家族みんなを起こして大騒ぎ。
そのうえ子供二人はなかなか眠らない。
やれやれ・・・・
このTooth Fairyもなぁ~って感じ。

子供部屋を12月の末ころ作っても、今まで朝まで自分の部屋で眠った
のは1度だけというみら。夜中のおしっこなりおねしょなり、まだまだ
親として朝まで通しで眠れる日は遠いのかもしれない。

しかし・・・・
みらの歯が抜けて彼女だけお金をくれるTooth Fairyが来てもルカは
ほとんど無反応だ。うらやましそうにさえせず、兄弟がいるところは
やっぱり下の子が自分の歯を抜こうと触りまくるという話も聞いたけど
彼はまったく何にも言わない。そういう競争心のないところが彼の
すばらしいところだと思う。
かたや、一言誰かをほめると自分も褒めてほしいみらの歯がもし
後で抜けるようなことがなくて本当によかった。きっと大泣き
どころの話ではなかったのかも・・・・。

みらの歯たちは今のところTooth Fairyがちゃんと袋に入れてしまって
ある。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2011-01-30 04:43 | カナダライフ

子供は何でも知っている??

のんびりした日曜日。
友達のおうちへ手作りのバナナチョコチップケーキをもって遊びに行った
帰りの車のなかで、明日からはもう朝7時からベビーシッターがないと
思うとやっぱり開放感があって、ひとり「I am free~!!」と喜んでいた。
後ろの席のるかが、すかさず!
「まま、そんなこというんなら、るか、がっこういかないよ」と言った。

爆笑~!!!!

だって私本当に何にも言ってなくて明日は自由の身だぁとえいごで
言っただけなのに、まるで何もかも知ってるようなひとこと。

つくづく、こどもって大人が考えているより、色々考えてて
何でも知っているんだろうなぁ~と感心してしまった。

じゃあ、学校やすんでいいよって言ったら、みらがいやだぁ~と
いうので、結局いつも学校へは行くことになるんだな。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2011-01-23 15:36 | 子育て

子供を育てることにおいて

グリムスの「よりちゃん」がやっと成長して木になったので
こんどは「やっちゃん」を1本の木になるまでブログをぼちぼち続けようかと思う。
これが木になるころにはもうブログを止めるかも・・・・。

ってくらい最近何も書けないでいた。
1月にはいってからも風邪がはっきり治らず、そのうえ友達の子供の
ベビーシッターをしているので何かと忙しくもう1月も3週間を過ぎてしまった。

今日でその3週間続いたベビーシッターの最後の日。
これからはまあもちっと時間がもてるだろうからヨガの方も
専念できるような気がする。

この他人を子供を世話することで自分自身学ぶことは多い。
自分の内にある気持ちに気づきながら自分が嫌になることもあるの
だけど、そういう自分とどう付き合っていくのかも「学び」のひとつなんだろうなぁ。

しかし、やはり「子育て」というのは、難行である。
もちろん物事には両面があり、楽しいものでもあるのだけど。
他人の子でも自分の子でも彼らを知ることを通じて自分を知るのだから
知らなかった方が楽だったようなことも知らされるときはやっぱり
しんどい。でも上記したように、それでも乗り越えやっていくことが
大事なんだろうと思っている。

これは人によっての受け取りの違いなんだろうけど、私にとって
子育てすることはやはり深いところの自分の発見にあるような気がする。
色んな性格の子供たちに、どう対応していくかとか、言うことを聞かない
自分の子供にどう言えば、うまく感情的にならずにものごとがすすむか
とか、ある意味において、試行錯誤はまだまだ続く。
授乳中の試行錯誤とはまた別のもののようで、本当は考えている内容が
違うだけで、何かやはり続いている、つながっているものがある。

子育てというのは「試行錯誤と「創意工夫」の繰り返しによって培われる
ものではなかろうか?それは自分の子供に対してだけでなく、
こうやって与えられた機会に他人の子供を観察することでもよく分かる。

子供でいることもまた難儀である。とにかく色んなものに対する執着が
すごい。おもちゃに対する執着。好きな食べ物対する執着。女の子なら
洋服に対する執着・・・などなどあげているときりがない。
実際歳をとると大抵の人は執着がなくなる。ある程度のこだわりはあるの
だろうけど、私自身もともと「物」の与えられない家庭で育ったので
物に対する執着があまりなかった。歳をとることは楽である。どんどん
そういった執着心がなくなってくるからであるが、多分誰もがそうでない
のだろうから戦争があるんだろうなぁ。

自分がそうだといって、こどもに「執着をなくせ!」とは説けないのだから
これまた難儀である。試行錯誤して創意工夫でうまくまるまるようにことを
運んでいくのが母親業なんだろうかと思う。

明日は週末、おもいっきりだらだらしよう!
[PR]

by mi-chanlucalu | 2011-01-21 04:51 | 子育て

あけましておめでとうございます!!

みなさん、明けましておめでとうございます!
近くの人も遠くの人も今年もよろしくお願いいたします。

今朝は8時くらいに起きて、またまたぴかぴかの太陽が
でそうな天気。霜が降りていて寒いのだけど暖炉に火を入れて
なんちゃっておせちを作る。

昨日、黒豆と思って煮たのだけど、種類が日本のと違う黒豆で
結局あずきみたいにして蒸しパンを作った。
その残りの黒豆煮となます、ごまめとだしまき、そしてお雑煮。

d0132493_8461616.jpg


こどもたちにしてはお初のお雑煮だったのだけど、もちが好きになった
彼らはなんとかお雑煮を上手に箸で食べた。

d0132493_8474094.jpg


るかは黒豆とごまめ、卵がお気に入り。いつも食べ物はしぶいものが好きなみらは
初のなますをばくばく食べたのでびっくり。明日も食べると言い残してごちそうさま。

d0132493_8493246.jpg


日本酒がなかったのでちびっとだけのブランデーで乾杯。雰囲気だけはお正月。
9時くらいになると朝日がいっぱい入るので、しばしその日の暖かさをあびて
お昼前にみんなでまた!山登り!

昨日登ったときに、今度は頂上まで登ると約束したので今日は家族みんなで
挑戦!!私の好きな坂のとてもきつい方から登ったのだけどこどもたちは
文句言わずに、かえって登るのを楽しんでた。

d0132493_853108.jpg


頂上には人がいっぱい。車でも上がれる山だし、新年だし、天気も最高なので
みんな考えることは同じなのかもね。

d0132493_854256.jpg


日の出じゃあないけど、カナダ時間元旦のお日様です。照らしてくれてありがとう!!

頂上で黒豆まんじゅうをみんなで食べているときに、グラグラする歯が痛いからと
あんまりまんじゅうを食べれなかった実羅。

その後、スターバックスでホットチョコレートを待っているあいだに歯が抜けた!!!!
うわ~~~~~~~~~~~~~~~~!!!
すごい!!1月1日に初めての歯が抜けるなんて!!
なんか、すごくない??
みらは血だらけの口でめちゃめちゃ笑顔。そして見せる、見せる。
家に着いたころにはるかは
「もう!見たから!!」と怒り出すほど。

人でごった返してたスターバックスを後にして家に着いてから早速記念撮影!!

d0132493_858051.jpg


しかし、まだ5歳ちょっとなのに早いなぁ~!みらはものすごくうれしがっていたけど
次の歯が抜けるのはきっとまだまだなんじゃないか?
まあ、負けず嫌いのみらが先でよかった。実際4ヶ月で歯が生えたるかは実羅の
歯が先に抜けても別に悔しがらないけど、きっとこれが反対の立場だったら
みらはうるさいだろうなぁ~。とにかくルカに対して特に同じかそれ以上じゃないと
気がすまないんだかねぇ~。まあ、うまくできてるってことなのかね。

とにかく、今日はいっぱい太陽を浴びて、初、みらの歯もめでたく抜けて家族で
楽しく一日を過ごせました。これからパパがわざわざ買ってきてくれて日本酒でも
いただいて本格おとその乾杯です!!
[PR]

by mi-chanlucalu | 2011-01-01 08:41 | みらるか