<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Translator(通訳者)としての一日

カナダ時間の9月27日の月曜日の午後。
友達から電話があって急な通訳をお願いできるかと頼まれた。
彼女も知人の通訳会社の人に頼まれたのだけどしごとで行けないので
多分1時間くらいらしいからということだし、費用もでるというのでOKして
家からかなり近くの警察署へ行った。

このとき私は事故か何かと思っていた。日本人がきっと目撃したけど
英語がうまく話せないとか、くらいに考えていた。

ところがどっこい!!!
なんと殺人事件! 殺人というより新生児殺しという英語でも
HomicideでなくてInfanticideという。
そして容疑者は20歳の日本人女性。私は7月末にカナダに来てまだ
2ヶ月もたっていないこの女の子の通訳として本来1時間くらいで
終わるだろうものが9時間くらいも(途中2時間半待たされる・・・)
かかってしまった。

もうすでに現地の新聞社のウェブサイトにもでていたのだけど
彼女は一人でホストファミリーの家の自室で2週間前に出産して
生まれた赤ちゃんをナイロン袋に入れて自分の部屋に放置していた。
ホストマザーが異臭に気づいたのが今日で、彼女はESLのプログラム
をとっているビクトリア大学で逮捕された。

いわゆる「尋問」の通訳をしながら気分は重く、ことばを日本語や英語に
変えながら、うつむいてあまり質問に答えない彼女の表情を見ていると
なんともいえないものがこみ上げるのを抑えながら、それでも冷静に
自分に与えられたことだけをこなした。

弁護士から黙秘権のことや警察から何を聞かれても「応えたくない」と
言いなさいと言われてから彼女は全くしゃべらないに等しかった。
「疲れている」と何度も言っていた。警察側も疲れているのを分かっていて
3時間以上にも及ぶ尋問を続けていた。

私は全く冷静だった。もちろんどこかに「もうどうにでもなれ」的な気持ちが
なかったとは言えないが、警察が「認証されている通訳だよね?」って
聞いたとき、すかさず「はい」と応えていた。友達の立場を考えてのことだった。

通訳をしながら、2時間半待たされながら色んなことを考えた。
あの何年か前にバンクーバー空港でRCMPにティザーで殺されてしまった
ポーランド人。彼のことを思い出した。彼はバンクーバーという大都市に
いながら通訳一人としてつけてもらうことがなかった。完全に無罪だった
英語のしゃべれなかったポーランドの青年はそのために誤まって殺された
犠牲者なのだ。

もし私が「いえ、私は正式な通訳者ではないです、ただ日本語と英語が
流暢に話せて書けて読めます」と言ったならどうしたのだろう。

どうしてあの青年に通訳者がつくことなくあんな悲惨な殺され方を
したんだろう。これも彼のカルマなんだろうか?

そしてこれはもう5年くらいも前になるんだろうか、カルガリーで
日本人女性が家に幼児二人を放置したまま彼とドラッグに溺れ
二人とも死んでしまった事件。これは思い出さずにいられない
出来事だ。今回の事件できっとかなり若い日本人女性の価値が
カナダ人から下がるんではないだろうか。(もうすでに下がっている
んだろうけど) どうして彼女たちは誰かに育ててもらうことを考え
なかったんだろう。

赤ちゃんが欲しい人は星の数ほどいるというに・・・・。

私は特に夕食も食べないまま、結局終わったのが9時半をまわっていた
と思う。一時は8時過ぎに終わったはすなのに、迎えに来てくれる友人が
ついたころまた呼び戻された。日本人の女の子が何か話し始めて
通訳者を求めているというのだ。

結局、せっかく来てくれた友人をひとりで帰すことになった。
そしてあらたに1時間弱の応答。
今回は女性の刑事。

女の子はトイレでひとりで出産し、へそのをを切ろうとしてはさみを
探しているときに胎盤が降りてきて、その後意識を失ったと言う。
いつ出産が始まったとか、どれくらい意識を失っていたとか、赤ちゃんの
泣き声を聞いたかとか、生まれたとき赤ちゃんは生きていたのかとか
赤ちゃんの肌はどんな色をしていたとかは覚えていないと言う。
意識が戻った後胎盤が赤ちゃんの顔の上に乗っていて、それを
取り除くと赤ちゃんは息をしていなかったそうだ。

女刑事は誰が出産後赤ちゃんを袋に入れたのか、どうするつもり
だったのかを何度も聞いたが答えを得ることなく終わった。

パトカーで家に送ってもらってから、食欲は全くなく家にあるビール1缶
ほんの少し残っていた白ワイン、豆乳&カルーアを少し、を飲みながら
パパとその件で延々と話す。結局自分が昨日焼いたジョニーケーキが
一かけ残っていたのでそれをトーストして食べた。

11時半くらいに寝ようとして、多分なんとか眠れたけれど
朝の4時くらいにルカがおしっこをちびったと言って起こされた
ときはお葬式の夢を見ていた。そして、それは誰のお葬式かは
分からないのだけど、自分がとても重たいピアスをはめようと
しては落ちて、それを探していたところだったと思う。
そのピアスは重い金か何かで大きく、私は実際そんなピアスは
持っていない。それをいつも入れない耳の穴に入れようとして
なかなか入らず何度も落とすのだ。なんとも重苦しい夢だった。

それからはなかなか寝付けず、朝方少しだけ眠りがやってきたころ
にはもう起きなければならなかった。頭ははっきりしていた。
実羅やるかが横で寝ていることにこころから感謝をした。起きた実羅の
ぬくもりを感じ頬をすりすりしたら「まま、だいすき」と言ってくれた。
るかもみらもいつもいつも「まま、すきだよ」と言ってくれる。

死んだ赤ちゃんはそんなぬくもりを一度も味わうことなく
この世を去ったのである。これが赤ちゃんのカルマだったと
あっさりと片付けるには重すぎることではないんだろうか。

彼女の親は?友達は?彼氏は?どうして妊娠しているのに
留学なんてできたんだろう?どうして誰にも相談しなかったのか?
母親は彼女の妊娠に気がつかなかったのだろうか?
大学の先生は? これはなんかただ彼女だけの責任だけでは
ない。犯罪というのはある意味では色んな人たちの責任なのだ。
どうしてナイロン袋に赤ちゃんを入れたまま2週間も、その部屋で
過ごせたんだろう?そしてそのままにして学校へ行けたんだろう?

私は今日久しぶりに太陽が輝いて、平和な一日をおくれた。
カイの散歩へ行き、洗濯物を外に干せたし、ヨガをする時間も
もてた。睡眠不足もこれでかなり楽になった。子供たちの水泳の
クラスのときにはスチームルームに入って汗をかくこともできた。

死は誰にでも公平に用意されている。だから自分に与えられた
ことをなるだけ楽しく満たされるように生きていきたい。
明日死ぬかもしれないのにどうして無駄にできようか。

亡くなった小さな子たちはその権利さえ与えられなかったのだ。

私たちはそれから学ばなくてはならない。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2010-09-28 12:26 | 生きること

波にのること

今日はヨガワークショップの日。
見学者として(先生とその見習いは見学することができる)の参加は初めてで
はっきり結論は、それでも疲れた!
生徒たちと一緒にポーズやってる方が楽なような気がする。

どう教えるかとかポイントをメモしたりしていくのだけど、やっぱり40年くらい
先生をしている、もうすぐ79歳の先生はすごい!

かなりの情報だった。
5時に終わったときには、なんかあんまりなんもする気なくて
迎えに来てくれた家族とレストランへ行った。久々に食べたいと思った
のでパスタ専門のところへ行って、シンプルなサラダにワイン、
ガーリックのきいたトマトソースはかなりピリ辛だったけどぺネと合って
いておいしかった。パンもフレッシュだったし、久々に高めのレストラン
だったけど満足。食べに行って癒されたのは久しぶり!子供のメニューも
ちょっと高めだけどクオリティーはよいので文句なし!!

明日も4時間ほどあるのだけどまたがんばれそうだ。

最近やっと終わらせたヨガ哲学のエッセイとかも、今メキシコにいる先生に
メールで昨日送ったらすぐ「読んだ」とのメールがすぐ帰ってきてすごーくうれしかった。
ペーバーワークのなかでも一番難しいエッセイで、書いては直しをしていたやつ
なのでいい感想をもらってほっとした。精神的なことを直で英語で書いているので
どれだけうまく表現できているのかって思うんだけど、なんか伝わったようだ。

先週でキンダーフルタイムも日本語学校も週一の子供の水泳クラスも
自分のヨガのクラスの参加も2週目なんだjけどなんとかうまくこなしている。
なんとか波にのってきたようにさえ思える。だから「やる気」もついてくるようだ。
忙しいようで忙しすぎない今この新しい生活に感謝です。これからも
なんとか波にのって気楽にやっていけますように・・・
[PR]

by mi-chanlucalu | 2010-09-25 11:31 | ヨガ

始まったこと 加わったもの

フルデーキンダーが始まって4日目。
子供たちもなんとか少し慣れてきた様子。
毎日、それも一日中幼稚園にいることにはもちろんまだ疲れて
いるのだろうけど、新しいこと、楽しいことがきっといっぱいなはず。

d0132493_1381617.jpg


わたしら新米ママさんたちも誰もこっちで普通の義務教育を経験
していないので、ちょっとずつ慣れていくしかない。みんなそれぞれ
出発した感じがする。もちろん幼稚園は義務教育じゃあないにしろ
プレスクールのように費用がかからないので子供が好きならこんなに
ありがたいことはない。

d0132493_1384120.jpg

大き目のバックパックに入ってるのはランチボックスだけ

去年までは半日だったキンダーが今年から「子供にもっと学ばせるために」
「もう東部では実行されている」などの意見によって今年から約半分の市の
幼稚園がフルタイムになった。そのうちに私たちの校区の幼稚園も入って
いたので驚き。いよいよ始まったわけだけど今のところ特に波立ったことは
なくこなしている。しいて言えば2日目にルカがおちんちんを触りすぎと
指摘されたことくらいかな。

私もなれないランチ作りに毎日格闘することなく、適当にサンドイッチと
おにぎりを交代で持たせている感じ。今日はお弁当っぽいものを作って
ウィンナとか卵とかブロッコリーなども入れプチトマトで色鮮やかだった
のに、彼らはおにぎりを殆ど食べておらず、家に帰ってからおやつとして
食べさせた。そのうち文句を言うのだろうけど、今のところ言うことを素直
に聞いてくれてありがたい。

そしてこれも初の日本語学校も週一回金曜の4時から始まった。
1時間半の授業で宿題がでる。これはボランティアによる学校なので
ママたちも何か役をしなければならないこととちょっと遠いこと、
時間的にラッシュアワーなどの理由で去年は行かなかったし、
今年もあんまり行く気なかったのだけど、みらが夏ごろから
「ママ、キンダーはえいご?」
「そう」
「え~! じゃあにほんごわすれちゃう。にほんごがっこういかなきゃあ」
と言い出した。
これをことあるごとに思い出して言うので、ちょっとさすがの私も考えた。

行かせないと、後で言われる??

と、言うことで始まったことはもう子供だけでもふたつ。

私の方のヨガのインストラクタートレーニングも1年ぶりに復活。
そしてスペシャルニーズクラスから普通のクラスに戻ったのだけど
ここ何日か少し無理あってワキの下とか傷後が痛む。
やっぱりまだまだだ。今日のクラスではかなりひかえめに参加。
手術とはなんと長く体にダメージを与え続けるのだろうと思った。
またまた気づきである。

さて新しく加わったものは

d0132493_1325556.jpg

じゃあ~ん!! ちゃぶ台!!

これは私お得意のユーズドビクトリアというサイトで見つけて値切って買った
オークの木のコーヒーテーブルだったものをパパさんのしごとばのウッド
ショップの職人さんに綺麗に10cmづつ切ってもらって日本のちゃぶ台の
高さにしたもの。もともと1920年代くらいのダイニングテーブルがコーヒー
テーブルになっていたものらしい。実は足を10cm切った方がよくなった。
ここでご飯食べながら日本のテレビつけてるとなんか落ち着く。

ずーっと前からこの高さの台がほしかったのだけど、色々他のことが
先立って忘れていた。なんかやっと何年かぶりに手に入ったって感じ
でうれしくて仕方ない。あんまりテレビ見たり、リビングルームを使わな
買った私も最近は気分が落ち着くのでまったり。ひとりランチで~す。


d0132493_13201549.jpg

ちなみにめにゅーは玄米に黒ゴマ、梅干と豆腐のソーセージともやしと
友達にもらったチャードの野菜炒め。チャンプルー風。えりんぎと長ネギ
の味噌汁。たくわんでした~。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2010-09-18 12:50 | カナダライフ

今年の収穫

今年の収穫の一部です。
夏が変な天気だったのでいまいちだったとはいえ友人にあげるだけの
ものはいっぱいあったのでありがたい恵みです。

d0132493_821421.jpg

とりあえずは私のだいすきないんげん。ペンティクトンのヘルスストアで買った
アフリカ産のバスケットに入れてみました。ちょっとわざとらしい写真。


d0132493_833613.jpg

かぼちゃは勝手にコンポストから芽が出たのを植えたので色んな種類があって
海波農園の日本のおいしいのもできたのだけど(写真前)、去年パンプキンを
カーヴィングしたときの種も入っていたのでオレンジになる、あのハロウィンのも(写真後)
できてしもうた。まあそれは食べれないのでうまくオレンジになればまたハロウィン用に
使うことにしよう。

d0132493_864190.jpg

トマトはパパがいつもと違うプチトマトを植えたので色が茶色っぽくてなぜかこれを
ルカが食べない。実は私もどっちかっていうと普通の方が好きかも・・
写真では赤く見えるんだけど、実際名前がチョコレート何とかという種類で
ちょっと茶がかった赤。


d0132493_88663.jpg

もちろんレタスは一番早く食べれたので今年はサラダをよく食べた。ドレッシングも
何度も作ったし、友達にもいっぱい分けた。人参は大きくなる前にいっぱい引き抜いた。
まだまだあるけど、もちっと待ってみようと思う。


その他何種類かのハーブや青ねぎ、ラディッシュ、えんどう豆は殆ど一度で収穫して
キャンプでおやつ代わりに全部食べた。水道代もかなりしたけど、やっぱり収穫する
のは楽しいしおいしい。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2010-09-12 08:00 | 食べること

キャンプ オカナガン!!

8月23日に出発して30日に戻ってきたキャンプは7泊8日。
子供つれでは初めてのオカナガン。子供が生まれる前は毎年
通り過ぎていたところに1週間もキャンプをした。

始まりは満月の暖かい夜。

d0132493_12101278.jpg


私の体調は実はとても絶好調とは程遠く、満月のごとく生理が始まり、風邪をひいて
咳と鼻水は戻った今でも引きずっているし、多分夏のストレスでからだももちろん
疲れていた。

にも、かかわらず、レイクで泳ぐこと毎日。

ある朝にはただカイを連れてドッグビーチへ行っただけなのに
誰もいない暖かい朝だったので裸で泳ぐことしにした。
水着を持っていなかったうえに条件があまりにも揃いすぎだった。

今思い出しても気持ちよかったのだけど、やっぱり体調が100%でなかっただけに
満喫した気分は味わえなかったと思う。それはちょっとだけ残念だけど
そういうときもあることを経験することも大事だと思う。

最初の3日くらいはとにかく暑かったし、ビーチにいることが多かったし
私も泳いだのであんまり写真がない。

お、写真を撮ろうと思って撮ったときにはもう少し気温が下がってきた日。

d0132493_113273.jpg



みらるかも連日の外生活で少し疲れてるようなときもあったけどやっぱり
楽しい毎日。

d0132493_125552.jpg


ペンティクトンに住んでいる友達家族のお宅へ2度お邪魔しました。
そこは女の子2人で、もう実羅は今までの人生でこんなに楽しい家は
ないってくらい楽しんだようで、2度とも帰るときに大泣き。
私も友達とのおしゃべりを楽しみました。

d0132493_154819.jpg


2度目にはランチにも招待してくれて、果樹園のあいだのトレイルをみんなで
散歩したり、そのあいだにあるおじいちゃんのアイスクリーム屋さんで子供たちは
アイスクリームを満喫して、とても素敵な時間を過ごせたと思う。

d0132493_175521.jpg


そのときの空!!

d0132493_182630.jpg




パパは本当は一日早く日曜には戻りたかったみたいだけど
結局(ぱぱいわくいつも私が延ばしたがるらしい)もう一日いて
桃を採りに行った。それはあっというまに終わったけど、私たちがいた
サマーランドの街には驚くように安いセカンドハンドの店があってそこで
少しだけ服を買ったりしたり(実際全てが1ドルか2ドルだった!)
またまたアイスクリームを食べたりと子供にもサービス。

d0132493_117610.jpg




d0132493_1121339.jpg


私は本当に何をしていても疲れがとれなくて毎日からだがどよ~んとしていたのだけど
何か頭の方はすきっとしてリセットされた感じはあったと思う。

d0132493_1145467.jpg

パンケーキの朝食。ふたりとも外生活だと本当によく食べる。

d0132493_1125186.jpg

カイにご飯をあげる二人。カイは二人からの指示なのでどうしていいのか・・・

帰る日の前の日。
d0132493_1194657.jpg


気温が上がらず、雲りの日だったけど最後なのでレイクへ。
私もパパも泳いだけど、私はなかなか自分の体温が戻らず長いこと
寒かったよ~。でも気持ちよかった。

このオカナガンレイクのキャンプサイトは州のものだけど一番高い1泊30ドル。
水洗トイレもシャワーもあるし、パークレンジャーがかなりいつもパトロールとか
しているからかもしれないけど、キッズフレンドリーな安全性は高い。
わたし的には少々物足りなく、それでも私たちはドライブインサイトでなくて
ウォークインサイトで静かな方にいたのでシャワーとか水洗トイレに行くときは
街のキャンプサイトへ行く気分で歩いてちょっとのところへ行く。
私たちのそばにあるのはピットトイレで、そこには蝿がこれでもかってくらいいた。
るかもみらもそれでもそこで用を足していて、文句も言わなかったけど。

ちょっと前に行ったKitty Colemanのキャンプサイトが1泊16だったのと比べると
かなりの差なのだけど設備が整っているのは小さい子供がいるときはありがたい
かもね。ただ家に戻ってきてもあんまり水がありがたいとかっていう感動は
少なかったな~、今回。

レイクでのんびりと自然に囲まれて泳げるのには感謝だった。
お友達家族やオカナガンの天候にも感謝。本当にありがとう!!
オカナガン地方は砂漠気候なのでバンクーバー島よりも気温が
5度以上暖かいときが多い。だから今回フェリー代もかかるけど
思い切って行ったんだよね~。

楽しかった。私は戻ってからもどーっとしんどくて殆ど寝込む状態
に近かったけど2日たってなんとか正常になりつつあるかな。

でも、でもキャンプ大好き!また行きたい!!
[PR]

by mi-chanlucalu | 2010-09-02 00:52 | Family