<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

もどっていく生活



日本滞在は結局まるまる7日間という短いものやった。
そのうえ激しい時差ぼけからくる睡眠不足に悩まされていたので
何をしたかという記憶も日がたつにつれ遠ざかっていくようだ。

でも、もちろん四十九日に参加することと、兄夫婦に自分の
感謝の気持ちを伝えることははっきりできたのだし、そのうえ
大好きなおばあちゃんや叔母ちゃんにも会えたし、行ったことには
とても意味があったと思う。

自分のこういった経験を子供たちにうまく伝えられるときがいつか
くることがあればいいのにと思う。

今日は私がこっちに戻ってきてからパパがしごとに戻った。
これで今までどおりの生活に戻りつつある。
ただ子供たちはいわゆる「夏休み」なので9月まで
スケジュールというものがない。私も自分の時差ぼけと疲れに
まかせて朝、いつもルカに起こされる日々が続いている。
(いつもだと朝ルカが一番寝坊なのに・・)

ビクトリアの天気は夏とは程遠い曇りや低温の毎日だし
私もできる最小限のことだけやって後は子供たちと適当に
やっているような感じである。

銀行の支払い関係は全部私のしごとなので、6月は家の税金や
保険、そのうえ今回は車の修理代、私の飛行機代などをどうやって
うまく払っていくかを考え始めたりするといやおうなく現実に引き戻される
のだけど、お金は回ってくるものだし、なんとかなると思っていると
いつもなんとかなっている。

いつからか、借金のひとつや二つはステイタスとは思わないけど
(そんなのは本当はないほうがいいのだけど)せこせこ貯めようとも
思わないので、まあなんとかやるや~の精神でいっている。

乳がんになり、そのことにまつわる知識を現実的にも精神的にも
学び、、「死」を本当に身近に感じ始めてからは、色んなことが
楽になってきている。なので今回荷物を一つなくしたときも
全然気にならなかった。戻らなくてもどうでもいいやと思った。
私が戻って子供を抱きしめられたことが大事だった。

自分のなかの色んな執着がはがれてきているような気がする。
だから「楽」なのかもしれない。
私のなかに「いつ死ぬかもしれない」という感情はもはや消えない
ので、それに対して「生きる」ことはどうしても素晴らしいこと
だから根本はそれだけでいいやん、なんにもいらんやん、って
なってしまう。

もちろん、「執着」はきっとまだまだあると思うけど・・・。

今日もまた楽しい日が始まる。
私を支えてくれるすべてに感謝します。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2010-06-28 01:19

時差との戦いと自分の家

現在カナダ時間の午後12時51分。

ね、眠い・・・・。

長いひとり旅を終えて昨日の夕方7時過ぎに家に戻れた。

結局荷物が一つ見つからず、それでもバンクーバー空港からタクシーで
フェリーまで行ったので、なんとか夜遅くに着くのだけは間逃れた。

10日ぶりのこどもたちとの再会は喜びと安心と色んな気持ちの
まざったハグとなんかその短い間に成長したような彼らの顔に
言いようもない感情に包まれた。

・・・・・・・・・と、いろんな気持ちはあるのだけど

とにかく眠い。

日本でも結局時差ぼけがすっきりしないままカナダに戻り
どれどれに疲れていたのに眠りが浅い!!

こんだけ時差に振り回されるとは・・・とほほ

日本滞在中のこととか色々書きたいのだけど
今は脳があんまりはっきりしていない。時差のために食べ物も
あんまり食べていなかったのでちょっとふらふらしていた。

ただやっぱり自分の家は落ち着く。
からだの力がどぉーっと抜ける感じはやっぱり心底から
くる安堵の気からではないだろうか。

こどもができて段々こっちに、いわゆる「住家」のようなものが
あって、これが私の戻る家となっているのを今回はしみじみと
味わったような思いだ。

さっきトーストと卵を食べ、この抜けるような青い空と真っ白い雲を
見ながら書いている。ここに住んでいることをありがたいと思う。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2010-06-24 04:50

パークスビル 2010

また今年もパークスビルへ行って来た。
これで4年目になる。
今回はリゾートとよばれるちょっといいとこが6月に半額で
でていたので予約して3泊。

天気はまあまあ。暑くはないけど文句は言えない。
私たちのスイートから見える海の眺めは最高だったし
子供たちも初めての浮き輪でプール三昧。

友達家族は2泊して子供は3人で毎晩おおはしゃぎ。
キッチンつきなので食べに行くこともなくリラックス。

2ベッドルームでオーシャンビューで一泊105ドルはきっと日本では
ありえない。

いつも行く大きなコミュニティパークはウォーターパークがお直しため
閉まっていたのがルカが残念そうだった。
でも大好きなヘリコプターとか飛行機に登って楽しく遊んでいた。

彼らと毎年この公園へ来ていて思うのは本当に毎年できることが増えて
いって成長したなってこと。

みらのお気に入りはジップライド。ぶら下がってロープをシューといくやつ。
これを何度も何度も繰り返していた。今年これが初めてできた。

でも二人のいちばんのお気に入りはプールだったみたい。
今日もプールへ行くと言っていたし・・・。

ビーチを散歩してサンドダラーとか貝を拾ったり、車で近くの大きな滝を
見に行ってピクニックしたり、最後の日は雨だったけど、野生の動物が
怪我をしてるのを助けて保護しているセンターを見学に行ったりと
かなり満喫した4日間だった。

そいで帰ってきてからもあんまり自分が疲れてなかった。

数日後に日本一人旅が控えているので気がはってるのかもしれない。
でも
それだけよりも今はこどもたちとの時間一瞬一瞬が楽しく愛しい。

3日目の夕方、こどもが眠ってからひとりで海を眺めながら
ひとりで日本へ行くことに対してもう彼らに会えない淋しさを感じていた。

今はまた雨。
今年の春は今までで一番雨の多い年ではなかろうか。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2010-06-10 06:46 | カナダライフ

スピッツを聞きながら・・・

今朝のこと。

友達にもらった小さいウォークマンをつけて「スピッツ」を聞きながら
カイの散歩。 かなり普通の何気ない朝。

父が亡くなる前に妹二人とスカイプで話しをして私が「最近、スピッツとか覚えてん」
って言ったことを思い出した。今回日本へ行ったらカラオケにでも行こうか、
などなんとなく考えていた。妹たちのそのときの「スピッツ」をハミングするとき
の顔が浮かんできた。

そしてなぜか じ~ん・・・

母はもう10年以上前に亡くなり、父も1ヶ月前に死んだ。

でも彼らは私にたくさんのきょうだいを残してくれた。

そんな思いがふっと沸き起こり、涙がでてきて止まらなくなった。


いつもの林は緑が多い茂り人も少ないけど、たまに散歩している人に
顔を合わさないようにしながら涙をぬぐった。


そしてその涙は彼らがもう自分の住む世界にいなくなって寂しいので
なくて、ここに自分がいることや日本に戻ると待っててくれる人がいる
ことに感謝の気持ちがただあふれ出たのだと思う。

彼らがいなかったら私はいなかった。

やはり今回は日本へ戻って一度みんなに会うようになって
いたのかもしれない。そしてこの思いを感じて、みんなに会いたく
なった。特にたいした話しなんかしなくても一緒に短くてもいることが
大切なんだと思う。

ある意味での、記念として・・
わたしたちきょうだいのための・・・・
[PR]

by mi-chanlucalu | 2010-06-02 05:29 | 食べること

日本語と英語

最近のみらとるかは
5重マルをあげたいほど仲良く何時間でも遊んでいる。

ヨガの時間を1時間くらいならDVDなしでもじゃまが入らずに
できるようにまでなった。

すごい成長を感じ、とてもあたたかいものを感じる。

じ~ん、ここまできたんや・・・。


今日は9月から始まるキンダーのオリエンテーションみたいのがあった。
着いたとたん、子どもはキンダーの先生と、親は図書室に行って簡単な
説明会。週に1回来るスペシャリストの人たちの紹介。
スピーチセラピストやフィジオ、オキュペーショナルセラピストなど
先生以外にこういう人がいるということをお知らせする。

その後は各子供たちを親がどんな子かを書く時間。
こういうのにいつも時間がかかるのはもちろん双子だから。
最後に部屋をでるときに校長がきょうだいは一緒にクラスにして
ほしいかと聞かれた。

子供と再会して帰る前にキンダーの先生にも同じ質問をされた。
そして親の希望どおりにしてくれるのがこっちのやり方。
みらるかはもちろん今のところ一緒がいい。

さて9月から一応フルタイムといわれるキンダー。
英語力がどんどん制覇していくのが心配なのだけど
今のところ彼らは家でふたりなら殆ど日本語で遊んでいる。
たまに英語になってしまうときもあるけど、だいたい二人なら日本語。
これはとてもうれしい。

これをどうやってキープしていくかが今後の親の課題みたいなもん
やけど、絵本を買ったり、DVDを日本語で見せ続けるのもひとつの
方法。嫌がられて押し付けることはないかと思うけど、今のところ
綺麗に使い分けているのでこのまま続けて欲しい。

母国語びいきだけじゃなくて日本語の響きというのはいい。
「Hey, You guys!」 より 「みんなぁ~ちょっとぉ」の方が
絶対かわいいよねぇ~。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2010-06-01 11:12 | みらるか