<   2010年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

週末の過ごし方

今週末は特にこれと言った予定もなかったので
久々に子供たちを公営プールへ連れて行った。

これは去年まで冬によくやっていた。
乳がんが分かった春ごろからはあんまりそういう余裕がなかった。
そして手術と抗がん剤をしてからももちろん、考えられなかったことのひとつ。

いつも行くところが工事で1月中は閉まっているので
違うプールへ初めて行った。カナダにはこういう公共の施設が
とても充実していて色んなクラスも安くで習える。
プールもスケート場も大人は大体6ドル以下で入れて
子供も6歳未満はただ。そのうえ大人半額の日も週に何回かある。

さすがに坊主頭のお母さんはいなくて、人の視線をびしばし感じた。
小学校くらいの男の子になると遠慮なくじ~っとみる子もいた。
そんな視線を気にする暇もなく二人を追い掛け回さないといけない。
なんせ滑りやすいプールサイドは危ない。

二人ともとーっても楽しんだ。

プールは午後からだったのだけど午前中にパパとみらがカイの散歩を
雨の中行っていたで、ルカとかぼちゃ入りチョコレートケーキ(ベガン)
を焼いた。ベガンレシピでバターと卵、牛乳とかクリームなしで
代わりにアップルソースを使う。
るかは甘いものが大好きで大喜び。

d0132493_1545713.jpg


ただこれはプールから戻って夕飯の後のデザートという条件。
彼らはちゃんとこういうことにごねなくなった。
成長が毎日みられる。
プールでもはしゃぐけどよく言うことを聞いてくれるようになった。

ただこういうケーキを家族だけのために焼くことって殆どない。
ベーキングをするとしたらマフィンかクッキーくらいだ。
でも、ま、いっか。たまには。

d0132493_1553337.jpg


アイシングはかぼちゃと豆乳のヨーグルト。みらはあんまり好きじゃなくて取ろうとして
べちゃっとこぼしてしまう。

日曜には午後からヨガのためにセンターへ。
私の行っているヨガセンターはメンバーだったら日曜の午後3時間のうち
いつでもスタジオを使える。みんな勝手に来てそれぞれの練習をして
勝手に帰っていく。

そのあいだにパパと子供たちはヘルメットとひざパットとかのセットものを
買ったらしい。めちゃくちゃうれしそうだった。
家のまわりをぐるーっと一周したよ。

d0132493_1513278.jpg


子供たちと平和に過ごすことのできることに感謝。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2010-01-30 14:44 | Family

フィールドトリップはダンススタジオ

金曜日、プレスクールからのフィールドトリップで、行き先は
ダンススタジオ。
みらるかはとっても楽しんだみたい。

特にダンス大好きなみらは帰りに、帰りたくないとだだをこね、泣き出す始末。
2歳前くらいからダンス好きやし、習わしてあげようとずーっと思いつつ
もう数年がたってしまった。今回は3月から行動してみようかと思ってる。

ルカは・・・もちろん、双子っていつも一緒やし、きっとみらがするといつも
「ルカも!」そしてルカがすると「みらも!」が当然の毎日やからねぇ~。
そういうわけで習い事はなんとなく避けてきた。ま、ものはためしで
3月から週一でやらしてみようかな。

d0132493_15153955.jpg

[PR]

by mi-chanlucalu | 2010-01-29 15:06 | みらるか

カラオケしたり、料理したり、ヨガもして・・・

昨日の晩は久々のカラオケの集い。
なんと全員で9人の中年女性が集まりました。
すご~ぉ 笑って歌ったのはいいけど、いつもどんなに遅くても10時半
には寝ている今日この頃、最後の方ではかなり眠気が・・・・
ところが家に帰って真夜中でなかなか眠れなかった。

はぁ~

でも楽しかった。

カラオケが楽しい、というよりなんでも楽しい。

最近はやっといろいろ料理もせいがでだして、ヨガの方もスペシャルニーズの
クラスに入れてもらい、なんとこのクラスは無料!なんだわ。
本当にアイエンガーヨガのメンタリティーはありがたい。
いっぱいシニアティーチャーいるうえに、一人一人の病状や怪我、手術後とかに
あったポーズを提供してくださる。

本当にありがたいクラスです。
私はまだヘッドスタンドとかをあんまりやってはいけないと釘さされていて
「乳がんにはこういうポーズが効果的」みたいなのを教えてくれます。
このクラスは本当に学びが多くて、ティーチャートレイニングの
一貫としてもボランティアをしなくてはならない必須に入っているんだよね。

あ~ありがたい。私はそれを受けているのだからやっぱりありがたい。

毛は全然のびなくて、いまだに枕カバーにかなりの量の抜け毛がある状態
で、つめの黒さも全然そのままなのだけど・・・もちろん右胸はなかなか
膨らんでこないし・・・・(膨らむかもよ~)

でも楽しくて、ありがたくてしょうがない毎日。

以前以上にわくわくの日々を送っております。
何故そうなのかを書くと多分恐ろしく長くなりそうなので割愛しときますわ。

ブログのアップがあまりされてないとある方から言われ、ちょっと書いてみました。

元気ですよ~! 連絡してくれてありがとうね!
[PR]

by mi-chanlucalu | 2010-01-24 11:42 | 生きること

ウルトラマン 勝手な解釈で・・

こないだのはなし

友達の一人が日本から帰ってきて、超ウルトラ8兄弟という映画をコピーした
のをくれた。最近ウルトラマンとかが大好きなルカのために、なんかウルトラマン
のDVDをと頼んでいたのである。

いつもは子供がなんかを観てる時間が私の時間。でもこれは一緒に観てしまった。

懐かしい俳優たちもでていて、芸のくささとかもわざとあの当時のようにしたのか
なんか目が離せない。にくいやつや・・・。

でも最近、ウルトラマンの筋書きって自分がそう思うだけなのかもしれないけど
どうも神わざというか、ウルトラマンたちはウルトラの星から来ていて、
それは光の惑星で、光線をだして怪獣をやっつける。怪獣たちもちがう惑星から
来ているのだけど・・・

何がいいたいかというと、
私の解釈は 実はウルトラマンって神さまで怪獣っていうのは人間のこころに
宿る悪がそういう形になった、というか・・・。
でもウルトラマンは人間が変身するからやっぱり神は人間のなかにもいる。
つまり、人間のなかに神も悪もいるわけで、それが対決して、神がいつも
勝ってしまうっていう話しなんじゃないかと。それを観るとみんな安心。

とくに今回、この新しく作られた映画は光とかが綺麗にでていて、最後に
人間のフォームのウルトラマンたちがみんなウルトラの星へ行くところとか
悪が横浜の街(本当は日本全体から)からいっぱい出てくるところなんかも
どうしても、そういう風に解釈してしまうんだよね。

実際40年くらい前のウルトラマンたちの人間フォームはおじさんになってる
のにウルトラマンに変身するとおじさんのウルトラマンじゃない。つまり
人間のかたちだから年取るわけやね。

子供、特に男の子が共鳴するのは果たして、そのマッチョさだけなのかと
考えたね。ある部分ではそうかもしれない。でも子供たちって大人より
特に私らみたいな中年より魂のレベルって絶対あちらの世界に近いから
なんか実はその辺のことを、よう知ってるんやないかと思う。
んでそんな子供たちが好きなもんを作る人たちはやっぱりそういうレベルで
ものを見れるんやないか、と。

・・・
「ぼくがウルトラマンガイアで」
「ぼくがウルトラマンダイナ」


あたしもウルトラの星へ行ってみたいよ。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2010-01-15 15:23

子供との笑い

子供たちを風呂に入れて、彼らのからだを洗ってるとき
ふとアンパンマンの歌をうたいながら替え歌してしまった。

「そうだ、おそれないでみーんなのために
ち**ん、おしりはくさいのさ~」

これが二人にばかうけ!!!

もう二人からリクエストばんばんで3人で笑い転げ、
 「つぎ、みらのばん」「つぎ、るか」 とやるのだけど
ママのがおもしろくて何度も「ママうたって」とねだる。

もうだんだん私も歌詞もだんだん色々と気合が入ってきた。

3人で笑いまくった楽しいお風呂でした~。

(どんな親やねん)

いやぁ~
こうやって子供といるときは一緒になるのが一番楽しいよね。
(からだが大きすぎるからカウチはジャンプできへんけどさ)

笑わしてやろうとか、遊んでやるんじゃなくて、自分が子供と楽しんでしまう。

彼らといると子供のころ、本当に「今」しかなくて、それをいつも思い切り楽しんでいた
ことを思い出す。

ありがたい。

大人になると過去を反省しながら未来を心配することが多すぎるんじゃないか?

「今」に生きよう。 子供でも大人でも対面しているのは「今」しかないのだから。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2010-01-11 14:31 | 生きること

やっと・・・

これは1月1日カナダ西時間での日の出・・・
っていうか、家の窓から見えた、曇りで雨が降ってるのに顔をだしてくれた
お日様です。みんなで一生懸命浴びました。

d0132493_13433669.jpg
d0132493_13434738.jpg
d0132493_1344332.jpg

d0132493_13442243.jpg


あ、さいごのは私。

みなさ~ん、明けましておめでとう~!!!

さてさて、正月あたりくらいからやっと「やる気」のようなものがでてきて、
子供を連れて家族でミニ水族館へ行ったり、IMAXとか博物館へ行ったりできました。

こういうことできるの本当にうれしい。うきうきです。もちろん帰ってきたらかなり
疲れて、椅子の上で眠ってしまうのだけど、それができることも素晴らしい。

とにかく全てが楽しいのです。 全てにありがとうです。

今年も笑いましょう。そして楽しく幸せに暮らしましょう~!
[PR]

by mi-chanlucalu | 2010-01-05 13:40