<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

クリスマスの日

朝からこどもたちはプレゼントをあけておおはしゃぎ。
ルカには木のトレインのセットがテーブル付きで昨日の夜にセットアップして
彼はそれを見るなり「おおぉ~」と大喜び。
実羅にはもちろんプリンセスのドレス。これも前の晩に手直しを入れてちくちくするゴムを
とって裏地用に下着を縫い込んだりした。

その他日本へ帰った友達から買ってきてもらった本とかパジャマとか、後この日に招待しているお友達からのプレゼントなどあけて、もう興奮状態。

d0132493_10193693.jpg
d0132493_10201587.jpg
d0132493_10204168.jpg

d0132493_1034339.jpg


ほんとにクリスマスはこどものための行事だわ・・・。

そして今年は

フリーランの冷凍じゃないターキーをオーダーしてみた。

d0132493_10224187.jpg


なんかこれ赤ちゃんみたいや・・

んでこれは?

d0132493_10231452.jpg


ほぎゃぁ~ ほぎゃぁ~!! お母さん! 男の子ですよ!!

・・・・・・・・

ま、だいたいターキーをつくるのはパパのしごと、っていうかママもできるけど
あえてあんまり手伝わない。ターキーのなかに入れるつめもんはけっこう口だしするが・・
今回はパインナッツとかピーカンナッツとかもいれてみた。

d0132493_102647.jpg


こどもたちにも見せて「とり たべるぅ~」とおおはしゃぎ。

d0132493_10264182.jpg


15パウンドのターキー(約7kg)
5時間オーブンで焼き続けます。その間、みんなで公園へ行ったり
トレインテーブルで遊んだり、本読んだり・・・

そして3時ごろにはお友達家族到着。
プレゼント交換したりお茶したり・・・・

5時半ごろやっと焼けた!!

d0132493_1029123.jpg


この後の写真がないのは、おしゃべりしたり食ったり飲んだりで忙しいからね、
すっかりディナー風景とかも「撮る」の忘れてた。
まめさに欠ける私。


でも楽しく過ごせたよ。ターキーもめちゃおいしかったしね。

これでメインイベントは終わり。ちょっとほっとした・・・。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2008-12-27 10:34 | カナダライフ

キャビンフィーバー

おとついもまた夜に雪が降り積もり
0度くらいにはなったものの解けない雪たち。

その夜から調子の悪くなったみら。
寒気がするらしく「さむい、さむい」
「げーする、げーする」と言いながらなんとか朝までもちこたえ
昨日の朝には水だけを吐いた。熱も一日中ありほとんどその日は何も食べなかった。
そして一日中ごろごろしていた。

ひょえ~~またノロ?
と心配したんだけど、多分ジムに行ったときになんかウィルスをもらってきたみたい。
他のお友達も熱がでたそうだ。

おとついも雪遊び以外はあまりの雪にどこへも行けず、昨日はさらにこもりっきりだった。
アクティブな私としてはつらい。
それに雪かきさえできないのはみらが常にママとぴったりいたいからだった。

雪を見ながらあの映画を思い出した。スティーブン キングの名作のひとつ
「シャイニング」が映画になってジャック ニコルソンが名演技をしたやつ。
こわいんだけど、あれは彼の演技と雪とディレクテリングがとてもよかった。

雪が深くてどこにもでれなくて頭がおかしくなるおっちゃんの話なんだけど
確かにどこにもでれないってつらいよね。

監獄の人たちが少しでも身体を動かして運動する気持ちはよく分かる。

子供がこういう状態になるとヨガもできない。やっていても中断。
ふたりいるから寝るのも時差があったりしてまとまった時間が取れない。

もちろんこういうときに辛抱強く、かつ工夫してなんとか楽しく暮らすのがヨガであるのだけど
昨日の晩はかなり遅かったけど寝る前に1時間ほどPranayamaだけはしたよ。
二人が昼ねしてるときになんとかHead StandとShoulder Standはできたので
ま、よしとする。

昨日はぴかぴかのいいお天気だった。カイは庭かけまわり、さんざん掘った後
雪の上にねそべっていた。犬の体温は計り知れない。だいたいカイのお腹って
毛は薄いのに・・・

d0132493_6234748.jpg


それにしてもあの雪だるま、雪が積もってちょっと怖くなった。

d0132493_6245853.jpg


みらは今朝またピーナツバタートーストを3口ほど食べた後ほどなくして
吐いた。・・・のだけれどまたちょっとましてからおなかがすいたと言うので
リンゴを半分とゆかりをかけたご飯を海苔巻きにしたらペロリと食べた。

それからは何もなかったように元気に遊びだした。
子供ってすごいね。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2008-12-24 06:30 | カナダライフ

週末は・・・

昨日の土曜は友達のフィン君の4歳の誕生日。
パーティはうちから歩いて5分で行けるジムで行われた。

借りてる時間は1時間45分で始めの1時間はインストラクターのおねえさんが
いろいろジムのやり方を教えてくれる。

でも・・・・プレスクールも習い事にも行ってないうちの双子は全然別の方向へ行っていた。

そいでも楽しいことをしてるのは分かるので、だんだんついていって

d0132493_744434.jpg



d0132493_7164639.jpg


ブロウアップの滑り台を何度か楽しんでた。

d0132493_753163.jpg


これちょっとママも入りたかったような・・何人かのぱぱさんは入ってたね。

トランポリンとか、とにかく身体をうごかすこといっぱいしたね。

その後45分はスナックとケーキタイム。これはかなりばたばたしたね。

d0132493_771426.jpg


d0132493_774057.jpg


みらはフィンくんが大好きだそう。なんども「みら フィンくんすき」と言ってた。

その後フィンくんファミリーを家に招いて夕食しました。
こどもたちも3人でいつも楽しく遊ぶのでよかったけど、かなり疲れたようでした。

日曜になって

また雪。

っていうか、昨日の夜から降り始め積もったよ。かなり深く・・・・

d0132493_7101259.jpg


そしてまたみんなで雪かき。

d0132493_7104239.jpg


そして庭でママは雪だるまを作りました。
今回は雪がそれほどパウダーでなかったのでできた!!
こどもたちは雪だるまに話しかけたり、手をつないだりして
とても気に入ってた様子。

d0132493_7122288.jpg



でもこれみらのリクエストで「わらう」雪だるまにしなきゃならなかったのよ。
炭一本だとおこってるらしく、2本でなんとかできました。

この後ふたりともお腹はすいて疲れてるのでみんなでお昼。
そしてその後も雪は降り続け、今日はどっこもいかないだろうと思います。

クリスマスまであと5日・・・・。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2008-12-22 07:26 | カナダライフ

雪が降ること

日曜日に
雪が積もった。
待ちに待ってたこどもたちはおおはしゃぎ。

でも外はマイナス気温なのでいっぱい服を着せて
庭で雪遊び。

最初にでたのはカイ

d0132493_443134.jpg


今回の雪は粉雪の積もったのだったので雪だるまは作れなかった。
でもこどもたちはパパの雪かきのお手伝い。

d0132493_4465265.jpg


とくにルカはシャベルがお気に入りでした。

d0132493_4452618.jpg


でもドライブウェイがきれいになると・・・・

d0132493_4462293.jpg


三輪車かい!

その後

昨日買ってきたクリスマスツリーの飾りつけ。

d0132493_4475754.jpg


去年はみらが興味あっていっぱい手伝ってくれたんだけど・・・・

d0132493_4484927.jpg


今年はママ一人で飾りつけた。ので出来上がりの写真

d0132493_449377.jpg


雪もツリーも子供たちにとってはエキサイティングなイベントなのでこっちも楽しくなるね。

d0132493_4503558.jpg


もうすぐクリスマス・・・・
[PR]

by mi-chanlucalu | 2008-12-16 04:52 | カナダライフ

理不尽な出来事

ヨガを勉強しているので
「感情のコントロール」は常々とても気をつけている、というか
努力している毎日である。
ヨガときくと、一般的にポーズだけをおもいうかべてしまうのだけど実はライフワークなんだよね。

今日、とてもいやな出来事があり、気持ちのコントロールをつけるためにどうしようか、誰かに電話してきいてもらおうか、とも考えたんだけど(きっと以前だったらそうしたけど)
じっくり自分の内にはいってみることにした。

カイを散歩していて、子供たちもなかなか帰りたがらなくて、でもかなり時間たったろうな~っていう矢先、中年のカップルとリーシュに繋がれたロッドワイラー系のちょっと怖そうな犬がやってきた。カイは誰にでも犬流挨拶に行くのだけど・・・・
リーシュをもってたおっちゃんが「No!」と言うのと殆ど同じ瞬間、近づいてくるカイの頭を蹴った。

唖然・・・・

でもわれにかえって「蹴らんでもええだろうが!!」と叫んでしまった。
するとおっちゃんは「噛みちぎられてもええのか!!」と返す。
「Noっていえばいいやん」
「言ったけど来たから、だいたいリーシュするべきや」
「犬の挨拶しただけやろうが! カイはなんもしてないやん」
「だからかまれてもええのか!リーシュするべきや」
「そんな怖い犬外に連れ出すなよ」

・・・・・・と、いうような言い合いになった。殆どはおばちゃんとだけど。
おっちゃんはさっさと行ってしまった。自分たちの犬をリーシュにつなげてるから
といってリーシュにつなげてることのみを主張してただ近寄ってきた犬を蹴っても
いいのだろうか?


子供もいたし、他の人もいたけど怒りがとまらなかった。
暴力をふるうオーナーに噛む犬がいて、なんにもしていない犬が蹴られ、そのオーナーが
怒鳴られるなんて・・・あんまりだ。

かなり前に似たようなことがあった。
自分の犬がトレーニングされてないのでカイもリーシュにつなげるべきという
世界は自分のルールで成り立っている論である。

ずーっと前は言い返すことはしなかった。
今はだまっていてはいけない、とどこかで思ってしまってすぐ行動に移してしまう。


・・・・果たして、私のしたことは正しかったのだろうか。
言い返したところで、あの人たちが変わるわけでもないし、あの犬が噛まなくなるわけでも
ないのである。私は怒って大声をだしたことで(その人たちが遠かったので)
怒りが激しくなったような気もする。かといって、何も言わずにいたとしてもやっぱり
ふつふつと煙から火になっていた経験があるだけに爆発してしまったのだろうか。

・・・・・・・・

いっぱい遊んで歩いた子供たちはさすがに疲れて
(散歩2時間以上!)
久々に昼ねをしてくれた。
そのあいだにヨガのAsanaをした。

そしてヨガの8つの規律の始めのふたつであるYama Niyamaを考えた。
Yama(Ethical Discipline)      Niyama(Individual Discipline)
-非暴力                -清浄
-真実                 -満足
-盗まない                -熱意
-自制                  -自己を学ぶ
-切望しない                -神へ奉献


そして今朝はパパがいなくて4日目だし、家事は休んで
さっさとカイの散歩行って、なんか違うことして楽しもうと思っていたのに洗濯たたんで
いたので結局出るのが遅くなってしまったこともその人たちと遭遇してしまった原因なので
やっぱり私が招いた出来事なのである。

ものごとが起きるのはそれぞれの学びのためと私は思っているので
これを機に、今後こういうことがあったら一体どう対処するべきなのかを
Yama,Niyamaをもとに考えるきっかけになったのはよかった、と思う。

やっぱりそういう人は無視して、かつふつふつとした煙が火にならない自分をつくるべき
なんだ、と思う。

ヨガストラのひとつにとってもいい教えがあったのを思い出した。それは人や自分にどう
対応していくかの5つのなかのひとつにこういう言っても変わらないような人は相手にしない
こと、である。もちろん、こういうことって頭のなかでは当たり前のことで分かってること
なのに、落ち着いて対応できない場合がある。

幸い、こどもたちは私にもそのおばちゃんにも怯えなかったし、私もその後家に着いてから
まだ走り回る実羅がこけて大泣きして、なかなか止まらないときも、静かに対処できたので
自分にCompassionをおくり、じゃあなにを自分にしてあげようか、とこどもたちが寝た後
思ったけどやっぱりYogasanaであった。

そして気持ちの整理として今こうやって書いてみると、もっと気持ちが落ち着き
怒りももう去り、これからまた楽しくやっていこうと思う。

でも当分あの道は避けるけどね。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2008-12-01 10:00