<   2008年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

うわぁ~~~~~~~!!

ただいま29日の夜7時半。
8日ぶりに双子は二人で遊んでいる!!!

それもテレビなしで!!

うわぁ~~~~~!!!

疲れた・・・・・

じゃ 明日は早朝いってきまあ~~~~~~す!!
[PR]

by mi-chanlucalu | 2008-04-29 11:47 | みらるか

食欲旺盛のルカと実羅のウィルス

昨日はアップデートできなかった。

昨日のみらはおとといより状況が悪化した。
おしっこが4時の時点でまだ一回だけだったしお昼ごはんを全部もどしたので
やっぱり病院へ。吐いた後あんまり飲まないしぐったりしていたので
私の出発の日もすぐそこだし、やっぱり診てもらうことにした。

6時ごろに入った緊急の待合室で今度は2時間半くらい待たされた。
待っているあいだにナースがElectrolyteを持ってきて5分おきに飲ませる
ようにと言った。今回のは味ありで紫色をしていた。ブドウ味だったのかな?
これを5MLを5分おきで待合室のテレビを見せながら辛抱強く水分補給。
実羅はのども渇いているしこの初めての味は悪くないようでちゃんと飲んでくれる。

飲むにつれてなんか彼女がだんだん元気になってきたような気がしてきた。
ルカのようにぐったりして眠ってしまったり、ってことがない。
そのうえあんまり長いことまっているので 帰ろうかな~なんて思った。

母の直感。みらは多分今夜帰れるだろう。

結局ドクターに診てもらったのだけど、多分軽い脱水症状はあるけど
大丈夫だろう、とのこと。こんな小さな子にできれば針をさしたくない。
それに実羅は口から水分をとれる。

やっぱり。母の直感あたり。

でもSafer than sorryなので診てもらってはんこもらうとほっとした。
しかしこんなに吐いて下痢してるのにあのウィルスはまだ全部でてないのだろうか?
私が心配したのはみらはもう6日目なのだ。わたしなら一晩吐いて下痢して終わり
なのにそれがえんえんと続いてる。ウィルスめ~!!

それにひきかえルカの牛のような食欲はどうだろう。
まるで一日中でも食べれるかのように自分が食べても私の食べてるものを
食べたがる。病気以前よりの食欲で、なくした分をからだがとりもどそうとして
いるのかもしれない。まだやりすぎがこわいのでこれも調整しながらで
私のナースとしてのしごとは続いている。

この1週間DVDとビデオの繰り返しで多分いつも見る量の3ヶ月分くらいは
観ているんじゃないだろうか。でも何ヶ月、何年とか病院にいたりする子のことを
考えればこんなの短いもんだ。そしてふたりとも元気になるんだから
ありがたく思わなきゃ。

今朝みらがどうしてもピーナッツバタートーストを食べたがったので
吐き止めの座薬を初めて使用。水分補給とBio kを混ぜたヨーグルトを
食べたらあげる、と条件つきで作ってやる。
彼女は小さいトーストをぺろりと平らげた。
横で大きなヨーグルトシリアルバナナミックスを食べてしまったルカも
これを欲しがる。このルカの食欲。
ふたりともまだ欲しがったけど、またDVDにお世話になり気をそらす。

明日は朝早い出発。
長かった8日間。これも与えられたものと考えればそんなにつらくない。
ただ毎日吐くのや下痢を見ていたら自分の食欲がかなり落ちてこの間に
まともな食事をしたのは2回くらいで後はパンとかシリアルとかとにかく
ちょっと食べてたらなんとかなる程度くらいしか食べなかった。

明日の朝早くの出発。
こどものことが心配?
いや~大丈夫。なんとかやれるでしょう。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2008-04-29 01:53 | みらるか

ルカの回復と実羅の吐き気

今朝は今ターム最後のクラスだった。そして何とか行けた。
久々のAsanaはからだの血をきれいにしてくれたので気分すっきり。
実はヨガに行く車のなかでほ~~~~っと一息。つかのまの開放感があって
すごく新鮮な気分になれた。
パパさんも明日からしごと行く方がかなり楽だろうってこぼしていた。

さて私がクラスのあいだルカは帽子をかぶって外へ出たがったらしい。
昨日は歩くのもふらふらだったのにこどもの回復力ってすごい。
今日はもうDVDやテレビに飽きて体力もついてきておもちゃのトーマスで
ひたすら遊び歌い(ひとりで)トーマスごっこをしていた。

うれぴぃ~~~~!!

さて相棒のみらは朝から少量の水で吐き気をもよおしたり
私が帰ってきてから大吐きが一回。(せっかくのBioKを~)
でもその他はとにかく吐きそうになったら「ふぇぇぇ~ん」と言うので
そのたびに背中とお腹に手をあててハンドヒーリング。これを今日は
何度かして吐かずにすんだ。強い子。吐き気をのみこむんだからね。
私も小さいころ西洋医学を全く使わなかった母に高熱がでてもハンドヒーリング
してもらって下がった記憶がある。とくに母から子への力は強いのかも
しれない。

ルカは夕飯に納豆ご飯をパクパク食べみらも少しだけ食べ(その後また吐き気に
襲われたけど)ルカは全くお昼ねをしなかったし、実羅はちょっとしか寝れなかったので
ご飯の後疲れから変にハイになってしまった二人。少しのあいだだけだったけど
笑いもでて久々にほっとすることができた。そして一週間ぶりにお風呂に入った。
お風呂は体力消耗するので少しだけ。でも二人ともなかなかあがりたくなくて苦労した。
疲れがでてきてぐずるのである。おまけに実羅はあがった後また吐き気。でも
今日は吐き気があるたびにハンドヒーリングで止められたので彼女も回復に
向かっているようだ。

今回のことで2人とパパとの親密感が深まったし二人の回復が雲が開けるように
見えてきたので心置きなく2日後のConferenceへ行けるような気がする。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2008-04-28 12:31 | みらるか

遅い回復とBio K

一日に2度も書くことなんてないんだけど
多分誰かにきいてほしいのかもしれないからまた書きたくなった。

双子の回復は遅い。
今日もまた二人とも吐いた。下痢ももちろん続いてる。
この歳のこどもに吐かれるのはんとに大変。用意したものに入れてくれない。
前触れなく吐くので服の汚れ方がはんぱじゃあない。そのたびにいろいろと
掃除がまた大変。もちろん洗濯もめちゃ増える。
ちゃんと閉じ込めといてよ~。食べたのにぃ~。
実羅は多分水を早く飲みすぎたこと。その後にあられを一つ食べただけなのに吐いた。
ルカも夕飯のうどんの前の水のがぶ飲みは
ちょっと胃の刺激だったと思う。ただいつも吐いた後は食べたがらないのに
すぐに「ちゅるちゅる~たべる~」と言ったので食欲はあるみたい。

ビデオを借りようと(ぐったりしているのでビデオを見るくらいしかしない)友達に
電話したら彼女の子供ちゃんもStomach fluにかかっていたとのこと。
「吐いたり下痢したらいい菌もいっぱいなくなるからね~」

そうだ~!!!そうなのだ。すっかり忘れていた。菌ちゃんたちを補給してあげなく
てはならん!彼女も菌のいっぱいはいってるヨーグルトをあげたら少し収まったと
言っていた。そこで思い出したのがBio Kの存在。
これには何ビリオンっていっぱいいい菌が入っていて免疫抗体の快活にも
大活躍なのだ。お値段は普通のヨーグルトよりもかなり高いけど菌ちゃんも
何倍も入っているのでこれをすぐパパに買ってきてもらう。
ただこれだけではすっぱいのでバナナをつぶし少しだけ普通のヨーグルトと
混ぜてたべさせた。
ルカは久々のヨーグルトに大興奮でちょっとこれをうどんの前に食べ過ぎた
っていうのもあるのかもしれない。
うどんの後みらはすぐに効果がでたのかうんちにちょっと形がでてきた。

とにかくこの菌ちゃんたちをいっぱい買って来たので明日からいっぱい食べて
もらわにゃあ~。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2008-04-26 13:17 | 健康

ヨガ つながるもの

ヨガというとかなりの人はフレキシブルな人がやるポーズを思うんだろう。
でももともとの意味はjoining,union,junction,combination,application,use,means,result,
deep meditation,concentration,contemplation of the Supreme Spirit
(light on the yoga sutras of Patanjali by BKS Iyengar )
なのである。

月曜の夜ルカが吐いてから私は全くasana(一般に知られているヨガのポーズ)や
Pranayama(呼吸法)をやっていない。全くその時間がなくなった。
でもそれでヨガをしてないわけではない。

BKS Iyengarが書いたある記事で24時間ずっと原子のことだけを考えている
科学者もヨガなのである、というのを読んでから誰もの生活にヨガあると学んだ。

子供が生まれてから最初の10ヶ月まったくasanaの練習はおろかヨガのクラスへ
も行っていなかった。でもそのころは母乳にまつわる双子育児のことを本当に24時間
考えていたと思う。だからヨガしていたのだ。

今回も彼らの看病には忍耐が要る。彼らの回復はとてもスローだ。
何度もかわるがわる寝かしつけをして少しずつ
水分や食事を与えるためにほとんどつきっきりなのだ。夜中にオムツを替えたのは
(下痢をしていたので)新生児以来だ。昨夜は歯も磨かすなかなか眠れない実羅
を寝かしつけながら眠ってしまった。そして消耗しきってるしあまり食べてないので
うまく歩けないのでずっと抱っこする。これで私がこの子達をほって
asanaをしたいと思ったらそこまでするのはもうヨガではなくなってしまう。

実はもう後4日で大きなConferenceへ行くのだ。でも何故か行けるだろうし
そこでまた私はいっぱい学ぶんだっていう自身みたいなのがある。

今二人は眠っている。今日は天気がいいのでストローラーで森にでたのはちょっと
早すぎたみたいだ。二人ともとても疲れてしまって泣き出した。ストローラーにのって
いても消耗するのだ。もしかしたら森の木々たちが彼らを浄化したせいもあるのかも
しれない。
眠れ。みらるか。眠りが君たちを元気にしてくれるから。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2008-04-26 07:35 | ヨガ

眠ることと石の力

実羅は緊急に行かずにすみそうだ。
やっぱり彼女は強い。
昨晩は何度も水分補給のためおきてその度に私は少しずつElectrolyteと
ジンジャーエールを混ぜたのをやる。ほんとはストレートで飲んでほしいの
だけどこうやって甘いソーダと混ぜると飲めるようなのでしかたない。
昨日一日中どうやっても吐いていた子が夜は一度も吐かずに水分だけを
とってくれた。おまけにおしっこもでたようなのでほっとした。
病院のドクターはおしっこがでないこと、泣いても涙がでないことを注意するように
言っていたのでそのへんのモニターをしていた。

実羅は朝になりお腹がすいて起きたいるかに起こされて少しだけ水分をとってまた
眠る。ルカも食べたいので食べすぎで(納豆ご飯は早すぎた)食べたとたん
戻す。その後すこししてまた食べたがったのでシリアルを少しだけあげて
彼も睡眠へ。

霊能者の江原啓介さんは「ひとは眠っているときその魂は霊界に帰ってる」
つまり魂の休憩のために眠るのだそう。このへんの潜在意識の話は長く
なるのでつっこまないけど「寝る子は育つ」とか「風邪は寝て治せ」とか
よく言われるように眠ることはやはりヒーリングの一つだと思う。
朝寝た二人は昼からもテレビを見ていて眠くなりまた睡眠。経過はまあまあ。
午前中からこの昼ねまでずっとDVDをつけてちょこちょこと飲食させる。
これも重要。一揆に飲食するとまた戻すのでテレビで気をそらせながらだと
ゆっくり咀嚼してくれる。でも実はこの間に庭でカイを遊んでいたアビーが失踪して
一時はどうなるかと思ったが、彼女はうちのすぐ横で人に見つけられてその人は
迷子犬だと思って首輪の電話番号に電話したらしい。なんとかこれをパパが
見つけてくれて留守のオーナーにメッセージを残しておく。

後私がやったのは昨日実羅が寝る前に最近購入した水晶の石を持たせた。
彼女はいつもこれを欲しがったのでそのころには熱もあがっていたし
冷たい石が気に入ったようで持って眠った。まだ石のパワーについては
詳しくは知らないけど水晶は石の王様らしいし霊力を高め邪気をはらって
くれるし肉体、精神の浄化をしてくれるとある石の本にあったのでとにかく
素人ながらも石さんにエネルギーをもらおうと頑張ってみた。
みらが昨夜吐かなかったのはそのおかげもあるような気がする。
ルカの二晩めに吐かなかったのもそのとき水晶をルカの横においといたの
だけどちょっとパワーを授かったのかもしれない。

今日は実羅がいつも持ちたがったローズクォーツを持たせてやっている。
これは実羅の好きなピンクでハートの形をしていて彼女はこっちの方が
好きみたいだ。ちなみにルカは今水晶と寝ている。

なんとかよい方向へ向かっている。
私も今夜はちょっとましな睡眠がとれそうな気がする。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2008-04-25 08:13 | 健康

健康であることに感謝

結局
ルカの脱水症状がひどく点滴を一晩中するため入院した。
そこにたどりつくまでには長いみちのりだったがしんどいので省く。
ただ母の勘と以前の経験から次の朝のるかの様子をみて手遅れになる前に
いかにゃ~って思った。
一人で二人を連れて行くのはやっぱり大変だった。パパの仕事場に
メッセージを残してとにかく緊急の待合室で待ってるあいだもぐったりしてるルカを抱いて
ちょろちょろ動き回る実羅を気にしながらなんとかパパが昼からこっちに来てくれる
ことを祈った。

私がルカと病院で寝ることになり実羅は1週間後の練習のようにパパと寝ることに
なった。そうなることを実羅に言い聞かせると彼女なりに納得したようだった。
次の日は私に「ぱぱとねんねしたの」と何度か報告してくれた。かわいいやつだ。
そしてありがたい。

久久の病院はるかもつらかったし私もうまく眠れなかった。

今日実羅が朝病院へ来る前吐いた。
それからまたちょっと大変なことになった。
親子4人で病室で退院の許可がでるまで実羅は何度もはいた。
吐いてもその後ダンスしたり話したり動きまわるのでよけい吐くのだ。
おまけに下痢も。そしてルカも吐くことがメインだったのに下痢が始まった。
つまり吐き1プラス下痢2である。パパがミラの服が嘔吐でべちょべちょに
なってしまったので家にとりに帰ってるあいだかなりしんどかった。

やれやれ・・・
これだからふたごって・・
いやいや二人以上こどもいる人だってもっと大変なんだし・・。

言い忘れたけど今週はドッグシッターもしていて家に運動しなきゃならん
ボーダーが2匹もいるんだ。これはパパのお父さんに散歩を頼んだ。

みらは嘔吐と下痢の繰り返しだった。
なかに入った水分よりからだから出て行ったほうがはるかに多い。
緊急に連れて行こうか悩んだがとりあえず今晩の様子を見ることにした。
こっちの緊急はとにかく待ちが長いし、ほんとは行くことを考えただけでも
ため息がでるのだ。でも他には全くチョイスがないのだ。
信じられる?病院を選べないんだよ。ううう、これを書くと長くなるので
省く。

今10時半、みらもルカもなんとか眠り私も休もうと思う。

教訓:健康が一番。自分が健康であることに感謝。いくら病院を選べない
緊急があんまり緊急でない扱いをされても遠いほかの国のもっと苦しい思いを
してるこどもや親たちもいることを考えるとBC Medicalがあってルカの入院も
検査も点滴もすべてカバーされていることはやはり感謝しなければ。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2008-04-24 14:45 | 健康

吐くことについて (ちょっと長い)

小さいころはほんとに乗り物酔いをするやつだった。
そしてバス旅行とかあると絶対吐いていた。それも行きも帰りも。
自分が覚えているのは小学校1年の歓迎遠足(バスで行くのだ)の潮干狩りで吐いた。
その後毎年バス旅行で吐かないでバスを降りたことはなかった。
修学旅行でのバス移動はかなり悲惨だったし(自分の写真の顔は全部画用紙のように真っ白)、中学校では歌いながら吐いてまた歌ったり(マイクで)よくよくよく吐いたな~と思う。もちろんうちの父の運転でも妹と一緒に途中下車で吐いた。
でもいつからかは覚えてないんだけど乗り物酔いがぴたっと止まった。
成長の関係もあるのだろうけど、全く酔わなくなったし吐かなくなった。

何年もたち双子を妊娠してまた”吐く”という二文字と仲良くなることになった。
どんどんやせていく私は水も飲めなくなりとっても小さなピルに頼ることになった。
これをとにかく飲んでいればなんとか少量の食事をとれる毎日が何ヶ月か続いた。
でももう大丈夫だろうと飲まないと絶対吐いた。まるであの小さなピルがふたをしている
ように、それを飲まないとすべてが流れ出た。

でも双子を妊娠する前の年に初めてノロウィルスに遭遇したのだ。日本で。
甥というか兄の家族はみんななってしまうほどだったから、もちろん自分も感染した。
あんな激しい"吐き”をこんな大人になって経験するとは・・・。
「お代官様~もう許しておくんなせ~!!」
「えええい!!はけ!はけ!すべて残らずはくのじゃあ~!!」
「ひぇええええ~」
とにかく、何もなくなって胃液もはいてもまだ体ははこうとするあの感じはいまだに
ありありとからだに再現することができる。

そのノロさんにはその後も何度も電話もなにもなく勝手にやってきて
「ええい!はけ! はけ!」としごく。
最近では今年の2月。これが私の"嘔吐”との歴史である。


ルカが昨日の晩から吐いた。

その吐きで実羅を起こし、かなりひどい状態になった。
小さい子供が二人以上いるとこういうときちょっとしんどい状態になる。
私がふたりをみているあいだにパパがシーツを全部交換した。
でも寝たい実羅は私がルカのはきそうなときに動くとわめくのだ。
そういうのが何時間か続きやっと二人とも寝たのが何時だったのだろう。
でも彼は夜中じゅう吐いた。

彼は"吐く”ことでは定評があるのだ。っていうか"吐き”やすい体質なのだ。
だからひと10倍は吐くだろう。
だからもちろん私のように一晩吐いたら治るはずもなく
今日も一日中吐いた。


1年半前に日本の病院からもらった吐き止めの座薬も効かず
パパが買ってきた吐き止めシロップは吐くし、水は吐くしでも
脱水状態になるのを恐れ、氷を割って小さくして少しずつあげるのが一番いい。
(塩分をとらさねばならないので)スプーンで水やらElectrolyte(塩分と糖分が入ってる水)やら味噌汁やらとにかく水分を取らさねばで、飲んでは吐き、飲んでは吐きだった。それで一日が終わった。彼はとにかく水をがぶ飲みしたくて何度も「みず!みず!」と叫ぶ。
仕方ないのでスプーンでなく小さなコップで少しづつやる。

しかし最後は嘔吐で終わった。それも寝る前に食べた少量のシリアルと
水を多分全部出したと思う。大量に。それも寝ようとして仰向けに寝転んで1分と
たたないうちに。パジャマも髪もゲロだらけ・・・。

「無念!!」

はぁ~・・・・・・・

自分が吐くことのしんどさを知ってるだけに彼の小さなからだではもっともっと
しんどいのだ。1日で小さくしぼんでしまったルカ。くそぉ~!!ノロめ~!
また侵入しやがって~!!どっかいけぇ~~~~~~~~~~!!!

明日はもちっとましな日になりますように・・・・・
[PR]

by mi-chanlucalu | 2008-04-23 13:59 | 健康

チャンスの前髪をつかめ!

と、こーゆータイトルの本を昔読んだことがある。
チャンスには後ろ髪がないので前髪をつかんどかないと逃してしまう、っていうこと。
確か、まだ20になるかならぬかのころ海外青年協力隊に申し込もうとして
誰かから紹介された本。結局協力隊には行かなかったけど。

5月に私のやってるヨガの創始者Iyengarさんの娘GeetaがPentictonへやってくる。
これは1月くらいから知っていたし自分は行かないと思っていた。
2月からの申し込みで、私はそのころ3月末に来るItalianの先生のワークショップへ
いくことに決めていたので 「まあ、1年に大きなワークショップふたつはな~」と
あきらめていた。

Gabriellaのワークショップの後、本当に色々学んだ実感があった。
きわめている先生とじっくりやるってことはちがうもんだと思った。
だからもちろんGeetaのも今回行きたかったけど(前回Geetaがバンクーバーに
来た年くらいに私はヨガを始めたので)金銭面とか子供をおいていくこととか
ずーっと考えていた。4泊も泊まりということにだんなも渋っていたし。それでも
行ってみたい気持ちは消えなかった。

こないだの日曜にあることが起こった。
3月30日で締め切りのはずの申し込みなのに空きがまだあると
うちのヨガセンターのレセプションをやってた人(彼女も先生でこれに行く)
から聞いたのである。そして彼女はさらに「申し込んでみたら?こういうことって
そうそうないわよ。」と言った。
多分この一言だけで私の気持ちが決心できるほど行きたかったんだと思う。

家に帰り早速レジストレーションの係りにEmailをした。
メールはその日に帰ってきて空きがあるとのこと。

「うわ~!!!!」

それからの3日間は私はそのための事務的なことに追われた。
申請書をプリントして書いて自分の先生のサインをもらったり
それをスキャンしてまた送り返し、飛行機の予約をとる。レンタカーとか
いろいろ考えたけど結局WestjetがこのConferenceに行く人は 
10%の割引をしてくれるし時間的にもなんとかいけそうなので
これに決める。 
その他、Propを持参しないと行けないんだけど現地の人に調達を
頼むメール、飛行機はVictoriaからKelownaまでしか飛ばないので
それからのBusをアレンジしてくれる人にメール。
あ、そうそう、
いちばんはじめにしたのがPentictonに住んでいる友達の友達
(彼女とは不思議な縁で友達の友達として出会い、何年後かにまた別の友達の
友達として再会した)に連絡した。なんと彼女の家がConference Center
へ歩いていける距離だったのだ!! これはとっても重要だった。
一人で泊まるのには最低でも60ドルくらいは出さないといけないし、それが4泊
となるとやっぱり安くはない。
彼女は大歓迎だった。ヨガにも興味があるらしく色々話を聞きたいとのこと。
もう行くしかない!!!

と、いうことで今回は前髪をうまくつかむことができました。
あと3週間。とっても楽しみです。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2008-04-11 07:14 | ヨガ