カテゴリ:未分類( 26 )

四七日 

今日で28日たった。

子どもと朝から私の唯一知っている「般若心経」をあげ
何かとお供えものをして一日が始まる。

また銀行とのアポ。

その後
彼の好きそうなチーズと
ワインとビールを買った。

夕食のときにも
チーズやワインや
食事をお供えして
子どもと3人手を合わせ
てからみんなでご飯を食べた。



昨夜はものすごく疲れていたのにも
かかわらず、お風呂に入った後
友人の置いていったビールを
飲み始め
違う友達にもらった痛み止めを飲むと
また

泣けてしまい
泣きながら
彼には英語で
母には日本語で話しかけた。

缶ビール1本でかなりくるけど
ええい、と2本目をあけ
もちろん彼には供えていたけど

ぐじゃぐじゃになり
その夜はなんとか1時間ごとに目が覚めずに
5時間くらいは眠れた。

これからは痛み止めとアルコールや!
と友達に言ってみせる。


でも今朝は
ネットで
ホイットニー ヒューストンや
スティーブ ジョブスの死因を
調べて色々読みながら

また答えを見つけることが
ない
「どうして?」
の世界に入り込んでしまう。



昨日友達と二人
バンクーバーへ中古の畳を買いに行った。
Ikeaにも寄りなんやかんやと家庭用のものを買う。

それでも今朝は
彼にもほしいと言ってよく話していた畳が
あるのに、もうどうでもよくなっている。

今は目先のプランを立てそれをこなすことに
意味があり、実際のモノたちを得たことに対する
喜びは自分でも信じがたいほど薄い。

きっとお金を使いまくりいっぱい買ってくるだけ
買ってくることができるだろう。
でも得たことに対しての充実感が欠けている。

それは家のローンが生命保険によって
なくなるような空しさに似ている。

以前は例え小さなものでも
少しだけ高めのワインでも
おいしいチーズも
一緒に喜ぶ人がいた。
28日前には。

今は反応のない空気や写真に向かって
話しかけるだけ。


でも、

やってもやらなくても
空しさは同じなのなら
目先のプランを立てながら
一日一日をこなすことだけが
今の私にできることなんだろうと
思う。

子どもが眠って
ひとりで
泣くときには
いつもは絶対言わない

「なんで?」
を何度も何度も繰り返す。

こうやって話していると
泣いていると
どこからか

映画やドラマでよくあるように
彼も
でてきてくれるんじゃあないかと
窓ガラスを凝視してしまうときが
多々ある。

母が亡くなったときも彼女の
霊がでてきて
私に話しかけてくれないかと
こころから念じた。

彼女は私の夢にさえ
でてはくれない。

母が亡くなったとき
すぐには感じなかったけど
自分のなかの一部が
死んだ。

それはもうどんな人やものや
美しい景色や素晴らしい経験でも
生き返らせることはできない私の
一部として死に続けている。

彼が逝ってしまい
また
私の一部は死んでしまい

それを感じている子どもたちには
すまないのだけど
わたしのなかの死んだものも
パパと同じように生き返りは
しない。

こうやって毎日私たち生きるものは
着実に死に向かってすすんでいる。

それだけは
本当に
平等に与えられる。

今日ももうすぐ終わり
また一日死に近づいている。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2012-03-07 15:13

お金を集めることを通して

最近、自分では使いたくないことばやけど・・・・・いそがしい。

その理由のひとつに、私が関わっている人たちがお金を集めているのでそれを手伝っている
からだ。 日本への義援金集めのために子供が行っている日本語学校とか日系会とか
が合同でやってる募金のプロジェクトが一つ。広告を近所にくばったり、Tシャツを売ったり・・・。

子供の幼稚園のファンドレイジング。これって日本ではやらないんだろうなぁ。
学校のプレイグラウンドを新しくするためとかダンスのためとか。
こっちでは学校で、地域の人とかにこうやって助けてもらうんだよなぁ。
今日はヨガの先生集会が終わってから子供たちと近所を回りました。

そして私のヨガセンターが2年くらい続けて赤字なので、5月にオープンハウスをやって
人集めをするためのボランティアと広告などなど。その他、自分で教えているヨガのクラス
の代金を4月分は寄付すると決めたし、他の人がやっているファンドレイジングにもヘルプ
するので、なんだか週末がそういうことでうまってしまった。

ま、きっと今はそういうときなんだろうなぁって思う。

こういうことをして人の家回ってお金集めたり、募金の広告入れたりしていて、
いい人とそうでもないような人ってすごーくよく分かる。
ある意味において近所が分かってよいのかもしれない。
そして、そういう人たちを見て自分もこういう人間でいたい、とか見直せたりして
ありがたいよね。

そして・・・・と、だから

「貧乏暇なし」とはよくいったものだ。


そいでも今日もまたみんな元気で一日を幸せに終えましたことに感謝します。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2011-04-09 13:14

いつもクールな誕生日

日本時間で生まれたからもう誕生日はすぎているのだけど
一応こっちで18日の自分の誕生日だった。
友達の子供のベビーシッターしたり、ヨガの稽古したりと何もない一日が過ぎた。
夕飯も自分で作ったし、パパからの素晴らしいバラの花束と友人からの
素敵なケーキとスパイスと彼女の絵のプレゼント以外は自分の誕生日を
思わせるようなことはなく平和に一日が終わった。
昔から誕生日を特に祝ってもらった記憶がなく、買って欲しいものさえ
買ってもらえなかったので、自分のなかの人に対する期待というものが
ほぼ全くというほどないのである。

小学校のとき父親が「何か好きなもの買ってやる」とお店に連れて行ってくれた。
私はそのときふわふわの白い猫のぬいぐるみがほしかったのだけど父に却下
された。その後本屋に行って「これがいい」って言った本も「幼稚だから」と
買ってもらえず、結局父が「お前は絵を描くのが好きだから」と白い紙の自由帳を
買ったのだった。あのときとても欲しかった本を思い出してその絵を帳面に描いた
のを覚えている。だからってとくに親に対して「ったくぅ!!」とか思ったことが
なくてずっと「そんなものなんだ」と思っていた。

それはそれでいいんだろうと思う。だってパパからと友人のマリアから何かもらう
だけでとってもうれしいからね。おふたりさん、ありがとう!

10月生まれだから歳をとってから2ヶ月でその年が変わる。
そうなるといつも自分の歳を四捨五入して「今年で何歳・・・」と言い続けて
来たように思う。2ヶ月くらい前にいわゆる「満」で何歳となったのにすぐに
「数え」で何歳になってしまう。だから実際の「満何歳」でいるときが
ものすごく少ない。いつも「数え」で言うのはやめよう、やめようと思いながら
もう自分の意識がそうなってしまっていて、最近ではだんだん本当の自分の
歳が分からなくなってきつつある。怖い・・けど。
だから今年は1年多く数えてしまっていて、ちょっと得したような気がした
瞬間もあった。

ま、どうでもいんだけどね。

d0132493_12553385.jpg

パパからの花束


d0132493_12562338.jpg

マリアからの彼女の絵の縮小コピーを額に入れたもの

d0132493_12574354.jpg

最近の私(中央)と実羅(左)とるか(右) 実羅作

d0132493_12584546.jpg

ロボットとジャックランタン ルカ作 (ハロウィン用です)
[PR]

by mi-chanlucalu | 2010-10-18 12:33

K Y  私が読めない人

お盆の真っ只中の日本の夏はとても暑いらしい。

うちに54日間ステイする16歳の中国人カティが今日は彼女のお父さんの
お友達のアパートへ泊まりに行っている。
彼女はうちに来たすぐ次の日にその人のところへ行くと言っていながら
今日まで行くことはなかった。特に招待もされなかったわけである。

私にとって今までで一番ストレスフルなホームステイの生徒だった。
もちろん、学校側から彼女がどういう子だということを詳しく知らされて
いなかったということは大きいのだけど、実際彼女と暮らしてみて色々と
気づきながらもなんとかやってきた7月はきっとKatty(ニックネーム、
中国名はルイという)にサマースクールに行くという目的があって、それを
彼女がなんとか毎日こなしていたからだと思う。

7月も終わりのころ、ある自閉症に詳しい友人にKattyのことを話していると
「そのこ、アスペルがーじゃない??」と言われた。

そのとき私はアスペルがー症候群がどんなものであるかということを
全く知らなかったけど、友人がある程度のことを話してくれた。

そしてすぐに予定していたキャンプへ行き、そのキャンプ中に確かに
そう思えば色々今までの行動やコミュニケーションに対して説明がつく
と思い出した。パパともキャンプ中にその話しをして、お互い納得。

さらに家に戻って、Googleで検索。アスペルがー症候群は軽度の自閉症で
知的障害がない。特徴として、「社会性」「コミュニケーション」「想像力」に欠ける
ということを学ぶ。「想像力」というのは、つまり話をしていて、相手のことばの
裏が読めないのである。それまで言われたら言われたことだけをしていたのも
こういうことからなのだと思う。友達がひとりもいないのも特色のひとつで
これは大きいのではないかと思える。

そのとき私の直感はもうこれしかないと思えた。

ただ、一般に知られている自閉症ひとつとってもものすごく幅が広いのに
そのうちのひとつであって、その他の特徴が書いてあるのを読んでいて
全て一つ残らず彼女にあてはまるわけでない。これは多分どの自閉症でも
そうなんだろうけど、本当にファインラインなのだ。

専門的な診断はされていないと学校側が言う。

でも友人にアスペルがーと言われるまでにも、私はコーディネーターに電話
して「彼女はなんか問題があるのでは?」と尋ねたことがある。
ただ結局診断がされてないので詳しいことは私に告げられなかったのである。
もしぶちまけたら私が断るとでも思ったのだろうか。
今回の件で、学校側の責任のなさにあきれたコーディネーターはその
ポジションを降りたそうだ。
「だいたいこういう子をホームステイさせるのが間違っているのよね」
だそうだ。


++++++++++++++


今日45日ぶりに家族だけになってみて感じる開放感は格別のものだった。

とくに8月になってからは、学校もなく、ひとりの友達もいない16歳は、毎日
怒っているとしか思えない表情を崩さずに過ごしていて、私たちにいつもおも~い
空気をまきちらしている。ただそれだけで、本当に引きこもってくれるのなら
理解もできるのだけど、いつも絶妙なタイミングで現れ、さらに小さな迷惑を
引き起こし続ける。そして、それだけならまだ我慢もできるけど、いちいち
注意しないとすまないこともしてくれて、注意をすると、それがたとえどんなに
下手にでて話しをしても、すごい目でにらまれる。はぁ~~~~~~~・・・

こんなことを彼女がいない時間に延々と書きたくないし、それぞれのママ友に
話してきたので小さな毎日起こるエピソードは省くことにする。

もちろん!彼女の存在によって学んだことは大きい。でも今回は
それよりもストレスの方がかなり上回っていたように思う。

ただそれでもなんとかやっていけたのは(またまたなのだけど)
ヨガがあったからだと思う。開き直って、とにかく朝早く起きれる日は
子供が寝ているうちにPranayamaをした。これはサンスクリットの
プラナ=気=Life forceをからだに送るための呼吸法で、一般的に
知られている「からだがやわらかいやん、ヨガって」の方はアサナと
いってポーズです。アサナを練習しているとPranayamaがやりやすい
体になってくる。これを殆ど毎朝8月になってからはやっていたので
精神的にも肉体的にもどーっとくることはなかったと思う。

9月からは真面目にヨガのインストラクターのトレーニングに戻れること
がうれしい。過去一年で乳がんになってからもからだのことについて
学んだことは多いので、そういう経験も生かせたらと思っている。

あ~!!んとにあと1週間が待ち遠しいよん~!!!!
[PR]

by mi-chanlucalu | 2010-08-13 14:18

K Y

このことばを習ったのはかなり最近だと思う。
でも、
実際本当にそうな人と一緒に住むことになるとは・・。

こないだ書いたチャイニーズの女の子16歳。英語名Katty。
かなり毎日のように話題を提供してくれる彼女。

いったいどういう人とどういう暮らしをしてきたのだろうか。

いままでで一番すごかったこと。

ある日子供たちを遊ばせて外から戻ってきた。
そしたら彼女は「明日4時からベビーシッターにいくの。Tressaから
電話があって、彼女が迎えに来てくれるから。」

じゃあ何時までと聞くとそれは知らない、ご飯はいるのかも分からんし、
彼女がどこに住んでいるかも知らない。

パバが心配するし、私もKattyを雇う人がいるとは信じられないので
電話のIDを見てその人にかけてみた。ただIDにはTressaはではなく
Ingridとなっていた。
まあ、一緒に住んでるんやろう、とあんまり気にせずかけると・・・・

なんと!!!

それは本当にIngridで、Kattyの学校のカウンセラーだった。
そして実際向かえにくるのはIngridで彼女は中国人のカウンセラーに
会うというものだったわけ。

つまり・・・

Tressa、ベビーシッターというのはKattyの信じられない勘違い。

でも、

どう考えても普通の人にはできない勘違いの大間違いや。
だいたい電話で話しているときに、名前も聞くし、内容も聞くのに
それを聞きながら全然別に聞こえたってことかぁ??


その他、いろんな共同生活において、全く気が利かない。
まあ、そのへんは16歳なんだろうけど、全然学ばない。
うちはガスストーブなのでやっぱりいないときに料理されるとこわい。
声が異常に大きいし、みんなが寝静まってもかなり大声で
電話していたりもする。そのへんは16歳だからなんだろうか?

学習能力に欠けるから、2年いても英語の発音は悪いし、
ボキャブラリーに乏しい。

その他数え切れないエピソードが毎日ある。はっきり言って
彼女を寮まで向かえに行った日からなのだ。

腹立つとかストレスどうこうなんてなくて、おもしろすぎる。
できればもっと極めてほしい。他人にこうあってほしいと望む
人は疲れるかもしれない。でもなんのこたぁない16歳の小娘やん。


とにかく家が火事にだけならなければもうけものと思って気長に
注意して共生していくのみ。

なむあみだぁ~
[PR]

by mi-chanlucalu | 2010-07-11 13:14

もどっていく生活



日本滞在は結局まるまる7日間という短いものやった。
そのうえ激しい時差ぼけからくる睡眠不足に悩まされていたので
何をしたかという記憶も日がたつにつれ遠ざかっていくようだ。

でも、もちろん四十九日に参加することと、兄夫婦に自分の
感謝の気持ちを伝えることははっきりできたのだし、そのうえ
大好きなおばあちゃんや叔母ちゃんにも会えたし、行ったことには
とても意味があったと思う。

自分のこういった経験を子供たちにうまく伝えられるときがいつか
くることがあればいいのにと思う。

今日は私がこっちに戻ってきてからパパがしごとに戻った。
これで今までどおりの生活に戻りつつある。
ただ子供たちはいわゆる「夏休み」なので9月まで
スケジュールというものがない。私も自分の時差ぼけと疲れに
まかせて朝、いつもルカに起こされる日々が続いている。
(いつもだと朝ルカが一番寝坊なのに・・)

ビクトリアの天気は夏とは程遠い曇りや低温の毎日だし
私もできる最小限のことだけやって後は子供たちと適当に
やっているような感じである。

銀行の支払い関係は全部私のしごとなので、6月は家の税金や
保険、そのうえ今回は車の修理代、私の飛行機代などをどうやって
うまく払っていくかを考え始めたりするといやおうなく現実に引き戻される
のだけど、お金は回ってくるものだし、なんとかなると思っていると
いつもなんとかなっている。

いつからか、借金のひとつや二つはステイタスとは思わないけど
(そんなのは本当はないほうがいいのだけど)せこせこ貯めようとも
思わないので、まあなんとかやるや~の精神でいっている。

乳がんになり、そのことにまつわる知識を現実的にも精神的にも
学び、、「死」を本当に身近に感じ始めてからは、色んなことが
楽になってきている。なので今回荷物を一つなくしたときも
全然気にならなかった。戻らなくてもどうでもいいやと思った。
私が戻って子供を抱きしめられたことが大事だった。

自分のなかの色んな執着がはがれてきているような気がする。
だから「楽」なのかもしれない。
私のなかに「いつ死ぬかもしれない」という感情はもはや消えない
ので、それに対して「生きる」ことはどうしても素晴らしいこと
だから根本はそれだけでいいやん、なんにもいらんやん、って
なってしまう。

もちろん、「執着」はきっとまだまだあると思うけど・・・。

今日もまた楽しい日が始まる。
私を支えてくれるすべてに感謝します。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2010-06-28 01:19

時差との戦いと自分の家

現在カナダ時間の午後12時51分。

ね、眠い・・・・。

長いひとり旅を終えて昨日の夕方7時過ぎに家に戻れた。

結局荷物が一つ見つからず、それでもバンクーバー空港からタクシーで
フェリーまで行ったので、なんとか夜遅くに着くのだけは間逃れた。

10日ぶりのこどもたちとの再会は喜びと安心と色んな気持ちの
まざったハグとなんかその短い間に成長したような彼らの顔に
言いようもない感情に包まれた。

・・・・・・・・・と、いろんな気持ちはあるのだけど

とにかく眠い。

日本でも結局時差ぼけがすっきりしないままカナダに戻り
どれどれに疲れていたのに眠りが浅い!!

こんだけ時差に振り回されるとは・・・とほほ

日本滞在中のこととか色々書きたいのだけど
今は脳があんまりはっきりしていない。時差のために食べ物も
あんまり食べていなかったのでちょっとふらふらしていた。

ただやっぱり自分の家は落ち着く。
からだの力がどぉーっと抜ける感じはやっぱり心底から
くる安堵の気からではないだろうか。

こどもができて段々こっちに、いわゆる「住家」のようなものが
あって、これが私の戻る家となっているのを今回はしみじみと
味わったような思いだ。

さっきトーストと卵を食べ、この抜けるような青い空と真っ白い雲を
見ながら書いている。ここに住んでいることをありがたいと思う。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2010-06-24 04:50

じっさい・・・

もう1ヶ月以上もなんも書いてなかった。
とにかく・・・なんやかんやとやることがある。
ただの専業主婦やのに、なんやけどね~。

つけようと思って撮った写真もコードが見つからんとアップもできなくて
そのままずるずると日々がすぎる、過ぎるで・・・。

日々の子供の世話や家事のほかには本も読むのがいっぱいあって
自分のなかで気になっていることをとことん考えてやろうというのも
あったり、これからの生き方みたいなものをどうふるか、みたいなことに
おける意識的なものをもんもんと考えてたり、でも、実際、こどもたちと
だらだら、げらげら、ぼーっとしてるときもありって感じなんで
なんか書いてない分、うまくまとめれない。

3月は久々に2週間韓国の女の子がホームステイしていたり、
4月のはじめにやたらと友達のベビーシッターするのが続いたり
そういや、ヨガの先生からトレーニングにぼちぼちと戻っていいので
ペーバーを終わらせるようにとか言われて、それにも時間をとっていたり

そうこうやっているうちに手術の傷のまわりがやたらと痛くなって
筋肉も硬くなっていた。なんとか鍼灸のアポに入れてもらって楽になった
ものの、からだを大事にしなきゃ~という気持ちがまた芽生えて
最近かなり免疫力が落ちていたので、それをアップできるような食事とか
ヨガポーズしたりして、楽に楽にしている今日このごろ、かな。

暖冬だった分、春がなかなか寒くてなんとなく落ち着かない日も続き
まあそれでもいつものことやし、文句は言えんと、淡々とやってる。

これからもまめに書けるかどうか分からない。
「よりちゃん」を成長させたいので今こうやってわけの分からんことを
ぶつぶつと書いてるだけで、本当は続けられへんのでは?とも思ってる。

んで、そのときはそれでええかな。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2010-04-17 11:46

3月3日は・・・

いつもその日が終わった後に今日がひな祭りの日だったと気づく。
かろうじて今朝「もうすぐひな祭りや」と思い小さな雛人形こけし的な
置物を出してみた。

今思えばみらの大好きなカレーせんべいをあげたし
よし、としようか。

さて夕食は・・

d0132493_1515434.jpg


 かぼちゃスープココナッツミルク仕立て
 キンワのサラダ
 ナットローフ
 バゲットのガーリックトースト

でした。

ちょっぴり洋風。
ちなみにお皿にはみでてるのはディジョンマスタードとスウィートグリーンチリ
(をナットローフにつけて食べた)
しかし、バゲット一口食べてから「あ、写真とろっかな~」やから
なんやこれ的な写りや・・。

ナッツたっぷりローフは頭の予定にはなかったけどちょうどの量そうな
玄米の残りものがあったし、胡桃、アーモンド、パンプキン、サンフラワーの種も
入れて(レシピのナッツはピーカンだったが)ついでに作ったらパパさんにも
受けた。(ってえかあの人何でも食べるけど)

みらるかはこのかりかりのバゲットをスープにつけながら
もりもり食べてた。

キンワサラダには今回はレモン2個をぜいたくにしぼってみた。
レモン汁とオリーブオイルだけでおいしく食べれるから好き。
それに入れる野菜も気分で・・・・(ってかあるもんを適当に)

ほんまに最近作るの好き。
もともと好きやけど、いっときの「料理の達人」を見た後状態が
続いてるような感じかな。


++++++++++++++++++++

今朝子供たちをがっこうへ送っていく車の中で
みらがサッカーグラウンドを見て
 
 「しろってるぅ~!!!」

芝生の朝露が太陽光線で白く見えたのだと思う。

これには大うけ!!
朝一に笑わせてもらってハッピー!
ありがとう 娘よ~


 
[PR]

by mi-chanlucalu | 2010-03-03 15:10

ウルトラマン 勝手な解釈で・・

こないだのはなし

友達の一人が日本から帰ってきて、超ウルトラ8兄弟という映画をコピーした
のをくれた。最近ウルトラマンとかが大好きなルカのために、なんかウルトラマン
のDVDをと頼んでいたのである。

いつもは子供がなんかを観てる時間が私の時間。でもこれは一緒に観てしまった。

懐かしい俳優たちもでていて、芸のくささとかもわざとあの当時のようにしたのか
なんか目が離せない。にくいやつや・・・。

でも最近、ウルトラマンの筋書きって自分がそう思うだけなのかもしれないけど
どうも神わざというか、ウルトラマンたちはウルトラの星から来ていて、
それは光の惑星で、光線をだして怪獣をやっつける。怪獣たちもちがう惑星から
来ているのだけど・・・

何がいいたいかというと、
私の解釈は 実はウルトラマンって神さまで怪獣っていうのは人間のこころに
宿る悪がそういう形になった、というか・・・。
でもウルトラマンは人間が変身するからやっぱり神は人間のなかにもいる。
つまり、人間のなかに神も悪もいるわけで、それが対決して、神がいつも
勝ってしまうっていう話しなんじゃないかと。それを観るとみんな安心。

とくに今回、この新しく作られた映画は光とかが綺麗にでていて、最後に
人間のフォームのウルトラマンたちがみんなウルトラの星へ行くところとか
悪が横浜の街(本当は日本全体から)からいっぱい出てくるところなんかも
どうしても、そういう風に解釈してしまうんだよね。

実際40年くらい前のウルトラマンたちの人間フォームはおじさんになってる
のにウルトラマンに変身するとおじさんのウルトラマンじゃない。つまり
人間のかたちだから年取るわけやね。

子供、特に男の子が共鳴するのは果たして、そのマッチョさだけなのかと
考えたね。ある部分ではそうかもしれない。でも子供たちって大人より
特に私らみたいな中年より魂のレベルって絶対あちらの世界に近いから
なんか実はその辺のことを、よう知ってるんやないかと思う。
んでそんな子供たちが好きなもんを作る人たちはやっぱりそういうレベルで
ものを見れるんやないか、と。

・・・
「ぼくがウルトラマンガイアで」
「ぼくがウルトラマンダイナ」


あたしもウルトラの星へ行ってみたいよ。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2010-01-15 15:23