2013年 03月 30日 ( 1 )

世界で一番難しい仕事

イースターの休日はいい天気が続いている。

昨夜はるかが始めて一人で友達家にお泊り。聞いたところによると友達のFくんのパジャマを着たがらずにパンツもはかずに風呂からあがると下半身裸のままうろうろ。これは彼なりのこだわりなので驚かない。
それでも一夜あけて今のところ電話もないし無事に眠れたみたいだ。

私はみらと二人で時間を・・・と思っていたけど、みらはみらで見たいもの(映画)がはっきりしていたし、私はオイルががんがんに効いていてもう眠らないと頭がかなりふらふら状態だった。そんな感じで私ららしく適当なご飯を済ませて、さっさと二人でお風呂に入り眠った。

子どもでも一人いないだけでかなり喪失感がある。二人いっぺんのお泊りは止めておこう。確かにカイが欠けた日もなんか足りないような気分だった。誰かが欠けることにセンシティブになっている。



木曜にたまたま子どもの担任に挨拶に行ったら、以前指摘されたルカの授業中の集中力のなさについての話しになった。担任はストレスっぽいものが溜まっていたらしい。1月にルカの件でEメールが来たときは、とくに話しが必要とは思わなかった。というのも、彼女はるかは一度医者にチェックしてもらったらというところにひっかかり、私的にはちゃんと食べているし寝ているから大丈夫と思いそのときはスルーした。

ぼーっとしていることが多いとの指摘も、私的にはそういうスペースアウトができることがいいところだと思ったりもするので「ええやんか、べつに」と思っていた。でも一旦担任がルカのことを話し出すと延々だった。

話しをしてから何人かのママ友に話し、意見を求め、自分なりに考えた。木曜の放課後からは私の頭のなかはるかのことしか考えられなくなった。先生のことばを引っ張り出して吟味し、自分なりに整理していった。

当日にルカにちらっとくらいの感じで「るか、先生がるかがあんまり聞いてないって言ってたけど」と話すと、ルカはすぐに「るかは聞いているんだよぉ。でもMathが・・」との発言。つまり彼は周りに起こっていることははっきりわかっている。彼はインテリジェントだと先生も分かっている。実際4,5歳から本読みも算数もルカの方がみらよりも理解していてそれは今も変わらない。

るかのような子どもは先生は扱いにくい。だから医者に診断してもらいなんらかのレベルをしてもらいたいのかもしれない。母親にしても彼はよく分からないところが一杯あるのだ。でも私はそこが好きなのだ。

先生的には、私が「だから彼はホームスクールしていたんです」と言うと、「休みのときは率先して遊んでる」と言った時の言い方が、いわゆる昔のお母さん、お父さん、先生の口調だ。「遊びはするけど、勉強は全然」というんだ。勉強と遊びに線を引く。遊びのなかにどれだけ習うことがあるか、それがどれだけ子どもにとって大事なのかという点には必ずといっていいほど、クレジットをくれない。

担任はかなりフェアな人だと思う。でも州の文部省からのガイドラインがある。彼女はしごとをしているだけだ。だからルカに対する態度もとくにきついわけじゃないと思う。彼女の授業の持っていきかたがルカにはおもしろくないのだ。だから聞く気になれない。そうは考えないのだろう。23人の生徒のほとんどが聞いていたら聞いていない数人はどうしても非難される。彼女にはそういう権力があるのだ。

そして、多分、そういう理解のなさ(生徒が集中できないのは生徒のせい)が誰にも分からないうちに小さい心を傷つけるのだ。大げさだろうか?

私は今でも母親が「ちゃんとみんなとおんなじことして先生のいうこときいといたらえんや」みたいなことを言われたことがあるのを覚えている。そして、それは違うとも思っていた。小学校はそんなに深く考えなかったとしても、中学校に入ってつくづく学校がいやだった。だから高校へは行きたくないと母を困らした。

学校体制にはある程度の無理がある。だいたいあれだけのたくさんの子どもが全く同じことを個人のレベルに関係なく詰め込まれる。それに1年間のうちに生まれた月にかなりの差がある。大きな差では1年くらいにまでなるのだ。10月生まれの彼らは損なのだ。

もんもんと考えた夜があけて、金曜の朝にみらより早く起きたルカが私のところに来て、朝一の発言が「まま、るかはPay Attentionしてないんじゃないんだよぉ」と言った。

気にしている。

彼には回りががみがみと言うのは聞こえているんだ。非難の声も聞こえている。


そしてその朝、まだみらが起きていないときに、「まま」 とるか。

「ママ」(2度よぶ、ちゃんと聞いて欲しいから、目をまっすぐに見る)

「今からVery important thingを言うよ」

「まま、だいすき」と言いながら不器用に手を私の首に回し彼なりのハグをくれた。


至福のとき、だ。母親として。



彼はきのうから私が彼のことを必死で考えていたことをこころで知っているんだと思った。






母親行は世界で一番難しいしごとだ、と亡き夫が言ってくれたことがある。


そうなんだ。


これから彼らを育てていくことは大変なことなんだ。今が彼らの将来を左右するのだ。
私が彼らの人生に影響を与えるのだ。


でも、だから世界で一番意味のあるしごとでもある。





さて今日は山に登ろう。小さな達成感を得るために。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2013-03-30 00:52 | 子育て