大使館、滞在期間、おばちゃん来る

カナダ大使館よりまた連絡が来た。
今度はEmailだった。
また書類の不備。

なんで一度目でこれこれが足りないってはっきり言ってくれないのか!
パパさんはもうかんかんでメールの返事をした後、すぐに電話番号を調べ
長いメッセージを残した。 これですぐに電話が帰ってきたのは驚いたのだけど
電話で話した人は「特にできることはない、話は伝えておく」とのこと。

今回、足りないといわれたのは
まず
私の古いパスポート「過去の旅行の記録が残っているもの」
パパのカナダの職業の証明、日本での滞在理由(つまり彼のパスポートのコピーと
職場のIDとか、)
私が一人で子供と旅していいということをパパが書いた手紙

だいたい、
カナダでのドキュメントチェックリストの書き方もはっきりしなかったのに
そのうえ一度目でいってくれればいいものを、考えられないやり方やと思う。

私一人が再入国するくらいでこんなに色んな証明とかいって時間かける暇あったら
もっとすること他にあるやろ~ちゅうねん!!としか思えん。

このトラベルドキュメントに関しては初めからあんまりいい予感はしてなかったけど

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とりあえず自分の家の鍵を持ってる友人にメールしてパスポートを見つけて
スキャンしてメールしてくれるように頼んだ。カナダ時間が夜中だったので
電話は明日する事にした。

最悪ドキュメントができなくても帰るつもりや。
PR カードなくても再入国できた人もいるらしいので
このさい小さい子を二人連れてるんやし、しゃあないで。

この件に関してはほんまにうんざりしたので絶対PRカードを常に作っておくか、
カナダの市民権をとってしまうかや、と思い知らされたよ。

さてさて、
結局滞在期間はのばせなかった。
差額と手数料を払って日にちを変えるくらいなら
片道を新たに買った方が安いとまでいわれた。

これはもちろん自分の予定日まで毎日電話し続けてラッキーなことに
キャンセルがでれて、帰りたい日にちを取れれば別であるか・・・・
あまりそういうことは起きるとは思えないし、そうなっているなら
逆らわない、というのが私のやり方なので今回は合計3回治療をうけて
とりあえずはカナダに戻ることにする。

自分のなかで計画がどういう風になっていこうがそんなに不安はないから
これもきっと必然なんやと思って、もがかずに流れにまかせようと思う。
ちゅうわけでカナダのみんな、予定通り戻ります。


昨日から叔母ちゃんが来てくれている。
こども4人に囲まれても楽しくやってるこころの若い人で
私は若いとき面倒みてもらったことのある人だ。
彼女には男女の双子の子供がいて孫は4人。自分の母と若いとき同じ職場だった。
根が明るい人なので一緒にいても楽しい。
妹の軽のバンを人数オーバーで乗り回して楽しい一日だった。

カナダ大使館のけんも腹は立つけどやはり
自業自得。でもきっとなんとかなると思う。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2009-06-11 21:44 | 乳がんをめぐる