Surgeonに会う 

予想通りルカの「吐き」はあの夜だけのもので一杯眠った次の朝は
けろっとしていた。大好きなコーンフレークスをいっぱい食べて
元気に遊んでいた。

自分がこころに正直に誠意をもって行動していると
ものごとがとてもスムーズにいくものだ。

今日は日本出発前ぎりぎりとなり、自分のSurgeon(手術するドクター)に会った。
これはどういった手術をしたいかを話すためであり、私は日本行きの目的も話した。
あまり詳しいいきさつは言わずに「ヒーラーに会うので3週間行く」ということ、
そして念のため帰ってきてからはもう一度超音波の検査をしてほしいこと。
手術になるとしたら癌のある胸だけをとり、同時再建はしないこと。

あっというまのアポだった。
ドクターはとくに顔色を変えることなく、私の計画を承諾してくれた。
もう一度ウルトラサウンドをしてほしい、と言ったときは
「I don't think it's gonna change」とは言ったものの
帰ったら至急そうするように手配はしておくとメモしてくれた。

気持ちよくドクターと別れて

子供たちのパスポートを取りに行く。
これもすぐダウンタウンにパーキングを見つけられたし
待つこともなくすぐ受け取りができた。

空は晴れ渡り、やっと、ほんとにやっと夏を感じれるくらい暖かくなってきた。
毎日気持ちいい晴れが続いている。私のすっきりした気持ちを表すように・・・

今があのグレーな冬だったら、もっと気持ちが違うんだろうか。
季節というのは人の気持ちまで変えられることができるから

周りの人に「もうパックしたの?」と聞かれる。
でもあまり持っていくものがない。
子供たちの夏服はあまりになさすぎで、詰めてしまうと今着る服がない。
日本で買うことにする。

遠い昔一人でインドへ行ったときはデイパック一つで4週間行ったのだ。
何をパッキングするものがあるんだろう。初夏の日本は暑いだろうし
だいたい服事態をあまり所有していない。

これから自分の将来がどういう風になろうと受け止めれる自分がいる。
今一瞬一瞬を生きているとかなり実感している。
すっきりするということはシンプルになるということや。
シンプルに生きることはとても気持ちがいい。

乳がんと分かってから、自分としてはその両面性の(悪と善の)いい方を
歩き続けている。もちろん守られながら・・・

もうじき日本です。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2009-05-29 06:17 | 乳がんをめぐる