整形外科に会う  ルカの調子

今日はやたらと忙しい日になった。
もちろん、全てを難なくこなしたけれど、
夕飯の時間になってルカがすごーくぐずり出した。

昼寝をしてないし、朝は早く起きてたし、午前中はプレスクールだったうえに
午後からも3時くらいまで公園で遊んだからなぁ~
と思っていたら、

泣き方が・・・母の勘。

すばやくパパにボールもってきて~
・・・・・・・・・・・
やはり、ルカ吐いたよ。

まあ、しゃあないわな。

考えてたんだよなぁ~
このまま、子供たちも私たちも元気で日本へいけるかなぁ~って

でもね、彼は明日はけろっとしてると思う。

んで、
今日なんで子供たちが公園で3時までいたかというと、
私が整形外科とのアポがあったので友達に子供を預けていた。
彼女がまたママ友を呼んでみんなで近くの公園へ行っていたらしい。

整形外科とは私の手術する予定になっているドクターがアレンジして
もし、手術するときに乳房再建するなら一緒にすることができるので
一度この整形外科に会ってから私が決めるっていうことだった。
いわゆる前に書いたたくさんの選択をこれで決めなきゃいけないってことや。

色々迷ったけど、だいたいこの選択自体が難しくて迷っていたので
とにかく会ってみる事にしたのだ。

過去の人たちの写真を見せてもらったり、手術がどうなるのか
っていうのはだいたい読み、聞き、ネット検索で知っていた。
ので驚くことはなかった。
プラスだったのは自分の癌細胞の今の時点で分かる種類が
聞けたことだ。

「浸潤がん」これは乳がんの80%の割合という一般的なものだ。
もちろん、このなかにもまだ種類があるんだけど、それは切らないと
分からない。ま、もっと恐ろしい種類だった、と言う可能性だって
あったのだから、(まあそうならきっとドクターもなんか言っただろうけど)
これはこれでよしとする。

んで、問題の乳房再建について
他のそうした人の話しを聞いたり、本も読んだし、ブログとかも読んだけど
やっぱり、もし 手術することになっても
すぐに再建はしないことにした。

切腹して肉とってまでしても左右同じのおっぱいになられへんのやし、
そうするために色々する価値がどうも考えられへんし
だからって両方とってしまうのもいややね。

乳がんって分かったころに「わたしの乳房再建」っていう本を偶然見つけて
読んだときとか、乳がんで片方全摘して再建した人2人の話しも聞いたときは
私もそうするんだろうな、とか思ったこともあったけど
そうしない人もいることや、自問自答してきながら
私はこうだ、って今日はっきり思えた。迷わないってことはなんて
気持ちがいいのだろうか。

すっきり。

夕方にルカがやっと吐きたいだけ全部吐けた後に
泣いてすごい顔なんやけど

「すっきりしたあぁぁ~」って言ったよ。
これって「もうでーへんからボウルをさげてくれー」って意味
なんやろうけどね。

お互いすっきりやね、ルカ。 眠れ~ 眠れぇ~ 
して明日にはもっとすっきりして元気になれぇ~
[PR]

by mi-chanlucalu | 2009-05-27 13:11 | 乳がんをめぐる