Teacher Training

何年もヨガをやっていて、何年も考えて
やっと出したTeacher Training のApplicationの結果が
あっというまの4日間でAcceptされてメールがきた。

でも、これは始まり。
来年の1月からいよいよ、でもぼちぼちだけどかたちはTraineeとなって
3年で終わるように一生懸命がんばるわけだ。

おまけに3日前に11月のワークショップのスカラシップもいただいたので
(今年2回目!!なんてラッキー)なんか影でいろんな人が応援してくれている
ようなあったかい気持ちになる。

実際ヴィクトリアのアイエンガーヨガセンターはそういう人たちで成り立っているので
こんなに長いこと続いているのだと思う。そしてその背景には誰でも彼でも先生には
なれない厳しいトレーニングがあるのだと思う。

さて、3歳児の双子がいると自分の時間をいっぱいはとれない。このトレーニングは
学校のように毎日通わなくてもいいのだけど、今週一でクラスをとっているよりは
自分の時間が必要になる。

今日はどうやってやりくりしていくかを考えたんだけど、多分なんとかなるだろうと
楽観的である。

There is a will, there is a way

それにしても・・・・

今日もこどもたちは手ごわかった。
パパがオンタリオへ出張しているので全く逃げ場がない。
毎日格闘してるような気もする。猿を2匹飼っている人の気持ちがよく分かる。
でも猿はオリへ入れられるけどこどもはそうはいかない。
まあそのうち人間になってくれるとダーウィンは言っているし・・(進化論)

それではPranayamaをしてエナジー補給して眠ることにしよう。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2008-10-29 15:09 | ヨガ