断食を終えて2日目

今朝はかなりつからった。からだがしんどくて起き上がりたくなく7時半くらいまでずるずると子どもとベッドでごろごろ。今日は先生がランチにホットドッグとジュースというサービスがあるのでランチは作らなくてもいいというのがわかってはいるものの横でルカが「まま、まま、お腹すいた」とはやし立てるのでなんとか階下に下りて苦し紛れにご飯と味噌汁を温める。

彼らのうれしそうに食べる顔を見るためにとにかく自分がどんなに匂いたくなくとも、食べたくないものでも作るのがかなりつらい。でもこれだけしんどくて苦しくて立っていられないくらいしんどいんだけど、それだけはやろうとして身体は動く。

洗濯とか洗い物を全てほったらかしていたので今日いつもヘルプに来てくれる友達のしごとは多かったと思う。本当にありがたい。

昨日も「あること」があって大泣きし、今朝も大泣きしながら歌を歌いかなりまた浄化されたと思う。来てくれた友人と話したりしていると気がまぎれて、また元気になれる。

友人の一人に頼んでいた梅干があれば玄米粥がなんとか食べれた。昨日は梅干を切らしていたのでなんか全然食べれなかったのだ。それでもう少し元気になる。そのうえ彼女が持ってきてたグレープフルーツを少しもらってジュースだけ吸うとその新鮮な味に癒されたのでまたエナジーアップ。本とは生は食べるのはよくないけど、ちょっとだけだからよしとしよう。

浣腸をしたら少しだけ便がでた。そしてなんか朝に比べたら全然違うまでになった。人間ってすごい。

昨日はうまく回復食が食べられなくてかなり弱っていたので(梅干がないだけでおかゆがうまくのどをとおらない)みらとルカにかなり働いてもらった。薪をみらが家に運んでくれたり、今朝は二人にリサイクルを表に出してもらった。母が弱いと子どもは自然と強くなるものだ。

今日来てくれた友人のひとりは看護師なので聴診器をもってきてくれて、肺の音を聞いてくれた。彼女いわく思ったほどひどくない。ちゃんと空気も入っているしにごり音もそんなにないらしい。こういうの聞くとうれしい。

あああ、私は守られているんだなぁと思う。

断食は定期的にやろうと思う。かなりいい治療になった。肝臓や上腹の突っ張った感じが今はない。食欲もある。これがちょっと困る。子どもたちが食べているものが食べたくなる。今日のおやつはラーメン。でもだいじょうぶ。なんとかやり過ごせた。

やっと金曜日。子どもも私も学校から開放される。ゆっくりしよう。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2013-04-12 07:32 | 生きること