放射線医師と会う

もうすぐ11月も終わりだぁ~

世間一般、とくに子どもはクリスマスムード満々。
せめて子どものサンタさんからのプレゼントの手配だけはしないとなぁ~と思いつつ時間だけが無情にすぎていく。
私は今日ちょっとサプリメントを買いに言っただけで痛みと疲れがでてしまうので、人の多いところへ買い物は無理だろうなあと考えてしまう。オンラインに頼るしかないかな。

さて、昨日は主治医と放射線医に会ってきた。
主治医にあの癌専門医を代えて欲しいと要求、その他ソーシャルアシスタントのことを手配してもらうように話した。
こういう事務的手配のようなものも脳が朦朧としていたときは無理があったのでなんとかやっとできたって感じ。

放射線科のドクターに会う前には日本人医師で放射線の専門医である近藤誠さんの本を読んだりオンラインで放射線のことを再度勉強してから行ったので、彼女(ドクター)がプランしていた私のひびの入っている骨盤あたりだけを8グレイ1回でやってみるというのは通常治療である。近藤誠さんの「患者よ、がんと闘うな」のなかで放射線の長所短所を指摘しているなかで日本にいる放射線の治療はあまり放射線の知識のある医師が少ないので、悲惨なことが起こるそうだ。そこに照射の量をちゃんと説明してあるところがあり、放射線もしっかりした知識をもって使えばちゃんとした治療効果が得られるらしい。

からだ全身に照射すると6グレイで死亡するというのに部分だから8グレイでも大丈夫で、他の選択として2グレイを15回とか3グレイを10回とかというのもあるらしけど、効果はどれも同じだそうだ。何度もセンターに足を運ぶ面倒を思えば効果が同じならドクターのプランしている8グレイ一回でと私も思うのだが、実際即答は出来ず、
今だに考え中である。

放射線をあてようといわれている部分は左の骨盤、ソケイ部で実はそのあたりの足の付け根のリンパに数週間前からしこりができていることは針灸師しか知らない。なんとなく医師たちに言うのがおっくうなのだ。「ほら、ちゃんと(西洋医学で)治療しないから」とか思われるんだろうし、とにかくもう癌はあるのだから他にあってもまあ仕方ないからわざわざチェックしなくてもと言う気持ちが強い。鍼灸師はこれは癌じゃないよ。と言ってくれているし、とにかくくよくよ心配しないことが私のモットーなので今までよしとしてきた。 ただ放射線をあてればこれも無くなるかも?なんて最近考えたりしてこころは傾き始めているのは確かだ。

これを読んでいる人は「じゃあさっさとしなよ。骨折する前に」とか思ってしまうかもしれないけど、私が躊躇しているひとつの理由は怖いのだ。人間が放射線をあてられる全体量も決まっているし、原発のこともあるし、そいういう怖い治療しかないのだろうか?私はゾメタの副作用があったとはいえ、1回でやめたいとも言ってないのになぜかうまくコミュニケーションが不可能な私の癌医師は2度目を中止したので、とにかくもう一度やりたいと言ったのに次のアポの連絡もないままだ。次は多分12月になるのだろう。

最近やっと食欲もかなり普通に戻ったものの、大麻オイルをとらなければ夜はまだ眠れない。
ちょっと治療スランプ。他の計画はあるし、今までやっている温熱、サプリメントは続けているものの痛みをとってもっと歩きやすいからだに戻すことが先決だと思う。振り返ってみると何人もの人が治ったといわれる大麻オイルをとって「治そう」と気合が入りすぎていたのではと感じている。

最近いきあたったブログで「寛解」ということばを習った。がん細胞はだれのからだのなかにもある。でも常に免疫細胞がそれを殺している。だからそれが腫瘍になるかは人それぞれの環境やその他ストレス、食生活などもろもろの条件がそろわなくてはならない。そして転移した癌の完治は難しい。でもからだの中に検査で認められる癌があってもその癌があばれなくて普通に生活が可能な状態を保てること、つまり「共存」状態を寛解というらしい。
私は寛解に向かいたい。できれば手荒な治療は避けたい。10年後にその治療をしたために他の癌になりたくない。

癌細胞にたずねる。
あなたをつくってしまってごめんなさい。
あなたのおかげで本当にたくさんのこを学びました。
でも痛くて生活できないのは困るんです。
放射線をあててもいいですか?
[PR]

by mi-chanlucalu | 2012-11-28 07:47 | 乳がんをめぐる