痛みが教えてくれることと私の治療

ルカがボブマーリーの「Legend」をかなり気に入っていて
日曜の朝なんだけど、またそれがかかっている。パパが好きな音楽
で、私も好きだし、とにかく子どもたちとそのときの状況に応じていつも
音楽をかけておきたいと思うので、歓迎。
みらは私の好きなモーツアルトも気に入っていてこれもよくかかってる。

子どもたちも学校に慣れてきていて、とくにみらは「ちゃんとする」のが
好きみたいなのでことはスムースにいっている。

いろんな意味でかなり世界観が変わってしまった私にとって彼らが
アカデミックなことができようが、できまいがとにかく嫌な思いをして
いなければ学校であろうが、家で勉強しようがどっちでもいい。

「痛み」はもうながいこと全身にあって、医療大麻は痛み止めでなく
毎日ヘンプオイルをとっていても「痛み」を感じずに暮らすことが
できていないのが現状だ。

もうこれが私だから「身体障害者用」の車につけるプレートでもとって
色々この今の私に合うように生活していかないとつらくなるばかり
なんじゃないかと思うときもある。

首、背中、腰、骨盤、手術の後などあげだしたらかなりきりがないほど
の部分がそれぞれに痛いのは、痛みを支えようとするほかの部分に
影響して筋肉が硬くなり、痛みが増える。
こんないだは右の腰が異常なまでに痛み、歩くのが困難だった。
杖が要るなぁ・・・と思っていた。

でも他の人のようにモルヒネや強い痛み止めをとろうとは思っていない。

痛みの質や、度合いを観察することが私にとってのある意味での
治療である。よっぽどからだがひどくなると持っている痛み止めを
使うのだけど、ほとんど全身を楽にしてくれるのはない。

最近、中古で遠赤外線のドームサウナを買った。2000ドル以上する
ものなのに、うまく600ドルで購入できたのでよかった。
温熱で痛みがどれだけ軽減するかを調べている。
汗が30分はいっているとかなりでて気持ちいい。

週一回の鍼灸治療と家で自分でやるびわの葉温灸や内鍼治療はもちろん
煎じて作るEssiacやFloessenceも欠かさないようにして
いる。

こないだビタミンCの点滴に行ったら、Naturopathのドクター自ら点滴
してくれようとして3回針を入れて失敗に終わり、結局2時間も無駄にして
何もせずに帰ってきた。とほほだよ。この治療には縁がないのかなぁと
思い始めてる。

大麻オイルの方は昼にとる量を加減しないと、かなり意識の世界を旅
することになるので調整している。夜寝る2時間くらい前にとる量は
増えてきてるのに朝なんとか起きられるのでこれはありがたい。

痛みが全然なかったころがほんの1年くらい前なのに、もう長いこと
痛みだらけで暮らしているようだ。
人が腰を曲げる姿をみただけで痛くないのかと思うほどに腰の方の
痛みは激しくて、私にできることは「できないことをしないこと」である
分、できることが少ない生活のなかではかなり静かな日々が続いている。

「治す」ことと「子どものとの時間」のほかにあまり興味があるものが
なく、朝起きてベッドにふちに座り「今朝も寝ているあいだに死なずに生きて
起きた。さて、痛みはどんな具合だろう。歩けるかな?」と始まる。

月曜から金曜は子どものランチを作り朝食を食べさせ学校へ送る。
子どもより早く歩けなくなったので本当は早めに家をでるべきなのに
いつも遅刻。でも気にしない。参加しているからそれに意味がある。

学校へ行くひとつのメリットは朝否が応でも外へでてフレッシュな空気に
ふれれること。家にいると分かっていてもすぐに寒い外へはでない。
新しい朝の空気はやっぱり気持ちいい。

痛みが全くなくなるときがくる。それは「死」かもしれない。
でも、どうしてもそれより先になくなるんじゃないか思ってしまう。
以前のように重いものを腰を使って持ち上げたり、子どもとトランポリン
を飛んだり、出来る日がきっとくると信じる。
でも、それまで痛みは私にありとあらゆることを教えてくれている。

どこの筋肉を使うと痛いとかは当たり前のことなんだけど、こうしたから
ここが痛いとか、だからこれはがんの痛みからじゃなくてとか
痛いから「がんがある意識」もあるから治療に熱も入るわけだし。

すべては授けられているからありがたいと思って学びを得ていく。
もっともっとひどい状況の人だってたくさんいるんだ。
痛いけど、笑えるし食べれるし。

水曜にはがん専門医に会いに行く。
ちょっと他の治療が増えるかもしれない。
がんセンターに行ったら、掃除とか犬の散歩のヘルプもでるし
使えるものはありがたく使わせてもらおう。

がんになったことで本当に深いところまで知ることになる。
周りの人の反応で、その人たちがどういう人なのかも
ものすごく分かる。本当にものすごく。
あの人はヘルプしてくれるからよい人というような単純な
ことでなく、もっと深いところでなんだけど、何を考えて
どんな風に過ごしているかっていうようなことなんだけどね。

ま、とにかく私は今のところなんとか生きてる。
がんがあろうが、痛かろうが。

d0132493_2574928.jpg

佐賀のある夕暮れ

d0132493_2582421.jpg

佐賀のある朝日

d0132493_2584562.jpg

姫路でのお寺から見えた月
[PR]

by mi-chanlucalu | 2012-09-23 01:43 | 乳がんをめぐる