ヘンプワールドとこれからの生活

1週間前にヘンプオイルをもらった。
これがRick Simpsonとまったく同じかどうかがは定かではない。
でもヘンプというものに慣れるためにものすごく少量をとっている。

これをとるととにかく眠い。

夜に主にとるんだけど、朝まで全くトイレにさえ起きることなく眠れる。
昼まにとると、かなり頭がアルファ波なので運転などは危ないような気がする。
潜在意識がからだに必要な眠りをとろうと指示しているかのごとく昼間でも
寝ようと思えばすぐ眠れる。

先週からとにかくたくさんの人に会った。
友達の友達の友達のヘンプ、マリファナ、大麻となんでもいいんだけど
その植物にものすごく詳しい人に彼女(ヘンプ)のことをしゃべらせると止まらないようだった。

亡き彼のステップブラザーからは、いったいこの植物にまつわる人たちっていうのは
どうなっているのか、みたいな事実とかも聞いたり、もちろん自分でもネットで調べたり
10日くらいのうちにかなり詳しく(まだまだなんだけど)なったような気がする。

実際、人体実験をしていて眠いだけでない体験もある。
アンドリューワイルの本には、LSDは全くみんな同じところに意識がいくのだけど
マリファナは人それぞれ違うというのを読んでいたし、そう聞いてもいたので
いったい自分の意識はどこにいきたいのか、みたいなのを経過観察中なのだ。

私がやっている治療は全く多分一日中なんだろうけど、
からだにとるサプリメントは数々あるうちのひとつに自然のもので
アンズの種がある。これはネットでオーダーしたオーガニックの生の種で
とにかく苦い。アミダグリン、またはLaetrileががん細胞にはよくない。
正常細胞には全く危害を加えない代物だ。

100年位前にこのLaetrile治療をしていた医者がこの成分はFDA認可していない
という、でもがん患者が治っているからというひと悶着があった。
結局、この件は書類がやみに葬られたまま、とくに今だに効用ながん治療として
日の目をみていない。一握りの大金持ちのために大きな製薬会社が薬にできない
自然のものを認めない、またはマリファナのようにがんをCureするものは寛大されない。

大金持ちの人たちは人々が無料ものを手に入れられては困るのだ。
とにかく医学会だけをとれば、癌は世界的に大きなビジネスなので人々を洗脳し続け
なければならない。手術、抗がん剤、放射線をやらないと治らないと思わせ続け
なければ、自然療法ごときで治っては困るのだ。

ヘンプワールドにも、とくに医療的にヘンプを使って人を助けようとする人を
私はあまり知らない。だからRick Simpsonのような「人を信じないで自分で治せ」と
いうメッセージを送り続け、どうやってそのオイルを作るのをネットで紹介しているから
こそ、私は彼を信じ、このオイルを作る予定だ。

日本のたびから戻り1ヶ月以上たち、からだの痛みは消えていないけど、最近は
「活力」のようなもの、やる気が少しでてきている。
痛くても諦めないで、とにかく何かできることがしたいと思えるようになってきた。

一日一日をやりこなしている毎日は変わらないけど、将来の目標もかなりはっきり
してきた。もし私に将来というものが与えられているのなら。



      **************


8月最後の日。
なかなか決心ができず、どうしようかと頭の隅で考えていたことがかたちをとったのは
子どもたちを前の学校へ戻すこと。

何日か前のある日、どうしてそんなにエネルギーがあったのか、エネルギーというより
何かに動かされていたのだろうとは思うのだけど、3人の校長に会った。
そしてその後人と話しをしたり、子どもにどうしたいのかを最終的として尋ねたり
自分も静かに考えをまとめてみたりしているうちに、それが今はベストなんだろうと
思えた。

ある意味において、こういう教育がいいとか、あっちの先生がいいとか色々めぐっていた
のだけど、やっぱりすべては子どもの中にあるような気がする。
この件においては、みらとるかのパパもきっとそれがいいと言っているのがわかるし、
(実際言っていたし)自分の中にあるこだわりとかエゴを手放せば楽になれる
ことはいっぱいあって、これがそのひとつなんだろうなあと思った。

人によると、この学校はがらが悪いみたいな理由で違う学校へ入れたりもするんだけど
結局、そういう人たちからどう影響を受けるかも学びなのだ。もしちょっと好きになれない
先生にあたっても、個人個人がそれでどう成長していくかをちゃんと私たち親が見守って
いれば、そして無償の愛を与え続けていればなんら大変なことにはならないものなのだ。

私にとって彼らがちゃんと読み書きを学ぶのは重要ではない。でもサマーキャンプに
参加して、全く知らない子たちのなかで楽しみを見つけながらちゃんと行っていた彼らを
見て、子供たちのなかで学ぶのはきっと「自然」なことで、彼らもそれを欲していると
感じた。そして、朝ちょっと早めに起きるのは今の私には大変でも、何とかランチを
つくり彼らを送りだせたので、まあ、なんとかなるだろうと思えた。

彼らの存在と成長をみることが今の私のほとんど全てを支えていると言っても過言で
ないくらいだ。だから強くがんを治したいと思う。

学校へ戻す理由はこまごまといろいろある。人間は複雑体なのだ。
彼らが行っているあいだに自分の治療に集中できるのもそのひとつだ。

どこかへ向かって流れている。
私たち3人に新しい9月がもうすぐ始まる。
d0132493_3322082.jpg

[PR]

by mi-chanlucalu | 2012-08-31 02:39 | 乳がんをめぐる