今度は北へ

佐賀から戻り、一度だけの神戸でビタミンCの点滴を受けた。この時はものすごく点滴の後しんどくなってしまった。乾クリニックの医者にはゾメタの点滴を勧められた。骨粗しょう症のひとのための薬剤で、癌性骨折を防ぐためらしい。結局それに行くのをためらったまま保留にし、今は長野は安曇野にある妹家族のログハウスにいる。

ここはやっぱり涼しく過ごしやすい。山に囲まれ木が多いとこんなにも気分がほっとする。名古屋からの特急で見える景色は佐賀へ行く時のような工場地帯もなく私はただぼーっと景色を眺めたり子供と名古屋で買ったおにぎりを食べたりして旅行気分を満喫していた。

雨は降っているものの湿気の少なさがありがたい。関西エリアでは何度かあまりの空気の重さに脳さえうまく動かず、物事がちゃんと考えられなかった時が何度かあった。例えばどれだけパッキングしてどこへ何日行こうとかの計画を立てようとしても上手くいかない。

それでも一夜眠れば何とかなり新幹線と特急を乗り継いで安曇野に来たのは間違いでなかった。妹の家には温泉を引いてるお風呂があるので汗出しディトックスをしているし、子供たちは歳の近いいとこと延々と遊ぶのでこちらも嬉しくなる。 三年前ここへ四人で来た時はそれぞれに子供たちは小さく上手く遊べる歳じゃなかったけど今はとてもいい感じなのでご機嫌なのである。

おたまじゃくしや色んなな虫に子供たちは大はしゃぎだし、みらはいつもカエルを捕まえては逃がしたり、昨日は歩いていける足湯を三人で楽しんだ。

今朝は昨日から降り続けている雨が止まないままの終末。さてみんなで何をしようか…


もし日本に住むならこの辺りだったら住んでもいいと思える。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2012-07-07 07:03 | 乳がんをめぐる