入院準備と井穴刺絡、子供たちのこと

佐賀の矢山クリニックHPの通りの場所で
普通の病院とは全く違ったリトリートといった方が合う
訪問者に安らぎのようなものを与えている所だ。
実際佐賀駅からは近くなく、その医院のそばには
緑が生い茂り、小さな小川が流れるほっとする場所に位置している。
建物自体も院長が風水に基づいて建てていて、確かに普通の
病院ではあり得ない居心地のよさがある。

私は25日に身体の検診、30日に歯の検診をしてもらった。
私が特に興味があったのは、そこでやっているバイオレゾナンス、
ゼロサーチという波動共鳴装置での検査。詳しくは矢山クリニックの
サイトを見て欲しい。
私の状態を結果からいうと、たくさんの金属や細菌に汚染されて
いるし、右の骨盤辺りの癌細胞がアクティブなので、これを
抑えとかないと癌性骨折する可能性があるとのこと、最低1ヶ月は
入院して、vitaminnC、アルファリポ点滴、温熱療法、食事療法をやり、
後は家で漢方とかで治してはどうかというのがというのが院長の提案
だった。もちろん、それを選ぶのは自分だけど。
そして予想通り歯に入っている金属も身体に影響を
与えている説明を聞いたり、Oリングテストでのアクティブな
癌細胞部分の反応、さらに歯の金属から放置されている電圧を
測ってもらい数値をみるととなり合う3本の違う金属からは
かなり高い電圧が測定された。
そこにはこのガルバニック電流とよばれる交感神経を
持続的に緊張させる電流を放電させる装置があり
確かにその後凝っていた肩がかなり楽になった。

歯の診察では、3種類の金属のうち、アルガマムという水銀の含まれる
歯は体に悪く、確かにゼロサーチでは身体に水銀がディテクトされて
されていた。その時私は大きな魚を食べていた影響くらいにい思っていた
けど。後で歯科助手だった叔母が昔はアルガマムが安く手に入り
それしかなかったらしい。確かにこの歯を治したのは遥か昔にのぼる。
金は大丈夫なのだけど、そこは神経を抜いているので、そういう場合に
神経に細菌が入っていることがあるそうだ。ここもゼロサーチで
調べた結果嬉しいことに、歯のしたの神経は汚染されてなかった。
もし感染されていたら手術というちょっと怖い話が出てたので
バンザーイと拍手してしまった。もう一つはパラジウム。これも
かなりよくない金属らしい。
これらを全て取り除き、神経の中に入っているホルマリンという
薬剤を洗浄し、セラミックに交換するのが歯の治療。
身体の反応をみながらの特別な治療なので保険は効かない。
でも考えていたより高い見積もりでなかったので少し
ほっとした。もちろん安いものではないけど、結婚式なんかに
お金を掛ける人もいるのだし、価値ある治療と信じられると
いう感じられた。

とにかくやれることはやっておきたい。
そのひとつにブログ友達であり、矢山クリニックへ行くきっかけ
となった方から紹介された井穴刺絡を往診で受け、自分で毎日
やっている。この治療をやってくれた方が上記のブロ友が行った
治療院の先生と繋がっていて九州に行くなら是非、その先生の
治療を受けてみて下さいと勧められた。

入院を決めてから、子供達が飽きないようにtoysrusでプールを
買ったりカナダにいる友人に私がAmazonでオーダーした学習
用のゲームをこちへ送ってもらうよう手配したり、中古自転車を
(ゴミ寸前の代物だったけど安かった)購入したり、妹の友人から
大量のおもちゃやスクーターを貰い受けたりしていると
もうここに住むんじゃないかという錯覚に見舞われて、後で2日で
6月いっぱいこどもと離れる事実が信じられなく、なんとも淋しい
気持ちになった。

驚いたことにクリニックから電話があり、子供たちをこちらの保育園に
いれて、一緒に入院していいとのオファーがあった。本当に色々な
角度から考えてくれているようで、全く有り難いのひとことにつきる。
妹も彼女の娘の習い事関係の送り向かいなど忙しいし、本当は子供たちを
側においておきたいけど、こっちに遊べるおもちゃも増え近所に遊べる
友達も出来てきたので、私なりにも真剣に考えて今回は丁寧にお断り
して置いた。するとクリニック側はいつでも子供を受け入れれるので
臨機応変にして行きましょうと、心から暖かくなる理想的な親身な
有り難い言葉をもらい、あぁここなら私は大丈夫、ここに決めて
良かったと心から思った。

全く甘える人のいない状態で彼らにしたら長い間どうなるかわからないので
いつでも子どもを受けいれてくれる体制にあるというのは、何と心強い
ものだろうか。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2012-06-03 09:02 | 乳がんをめぐる