手術から1年たって・・・

もう1ヶ月以上前の9月21日で乳がんのための右の乳房全摘手術から
1年がたった。最近寒くなってきたからなのか、9月からのめまぐるしい
生活の変化およびそのためのストレスのせいなのか、ヨガのポーズの
無理もあったのも重なっているからなのか、どうも右うで、わきの下を
含む全体の筋肉が痛いうえに傷跡も痛むときがでてきた。

9月からはヨガのトレーニングに戻るので経済的に鍼灸治療に通うのを
減らしたのだけど、かなり右肩が痛くなって、腕があがらなくなっては
困るとまた2週間に1回通ってみることにした。

ただ自分的には毎日が楽しくてめりはりがあり、忙しいけど学べる喜び
は大きいものがあるので「ストレス」というのは多分暇でも「ストレス」に
なるものなので、うまく付き合っていくことが大切なんだろうと思っている。

家事の手抜きは仕方ないと思うので、「できない」ことに対してイライラする
ことはないのだけど、天候上、もう洗濯物が外に干しても乾かない季節に
突入したのは寂しい。 乾燥機にいれて服たちを乾かすことは私にとって
なんとなく嫌なんだけどその分できることが増えるのでありがたく使う
ことにしている。

最近ある友人が「これよかったら・・・」と本を一冊もって来てくれた。
外科医の書いた食事療法の本で内容は殆ど知っているものだけど
「見直し」ができたように思う。最近ちょっと自分の食事にまた乳製品が
入り始めてきていたのをきっぱり断つ決心を新たにした。ワインなんかも
以前は全く止めていたけど、またちょこちょこ飲んでいたのも控えられる
程度に控えたい。家族みんなが10月生まれでそれを理由にめでたく
飲んでいたような気がする。夏は夏で生徒のストレスから飲んでたし。

ただ色々規制をしすぎるのも「ストレス」になるので気持ちの「改め」の
意識をもって食生活をしたい。ありがたいことにお肉類はどうしてか
食べたいとは思わない。それより最近は豆ばかり食べている。
今日も大豆が食べたくなって煮豆を作った。

西洋医学とは現在きっぱり手を切っているので、定期検査にも行かないし
術後治療など以前に書いたとおり全くする気はない。

一度は考えた乳房再建も今では全く興味がない。体に対して執着心が
ないので、毎日殆どノーブラ生活だし・・・。幸い左の胸もやせたのも
あってかなり小さいのでその差の心配はなくぴちっとした服さえ着なければ
ただの胸のない人にしか見えない。

髪の毛はやっとのびてきたけどくるくるしているままで、このままのばしたら
ゴージャスなロングの巻き毛になるかなぁ~なんて楽しみにしている。
ただ今は変なアジアン系の人のようにも見える。カナダのここビクトリアなんか
に住んでいると外見を気にしなくてもやっていけるので私のように眉毛を
描かなくて髪が左側べちゃんこでも子供の送り迎えができる。それも
ヨガパンツで・・・。もっとひどい人もいる。もちろん朝の8時半に会って
ちゃんとお化粧をしている人もいろ。なんでもありなのだ。

私にとって癌であるということは「忘れている時間」をたくさん作りながら
決して忘れないことでもある。それは全ての生き物が必ず死ぬという
ことを知っていながらでもそれだけを考えずに生きているということでは
ないだろうか。

人はいつ「死」がやってくるかわからない。だから今一瞬一瞬を大切に
生きている奇跡に感謝して生きていくことが「生」を持つものの在り方
なんじゃないのだろうか。
そういう私はまだまだで、本当に毎日がチャレンジである。だから
おもしろいのだけどね。日々学んでます。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2010-10-27 12:48 | 乳がんをめぐる