スピッツを聞きながら・・・

今朝のこと。

友達にもらった小さいウォークマンをつけて「スピッツ」を聞きながら
カイの散歩。 かなり普通の何気ない朝。

父が亡くなる前に妹二人とスカイプで話しをして私が「最近、スピッツとか覚えてん」
って言ったことを思い出した。今回日本へ行ったらカラオケにでも行こうか、
などなんとなく考えていた。妹たちのそのときの「スピッツ」をハミングするとき
の顔が浮かんできた。

そしてなぜか じ~ん・・・

母はもう10年以上前に亡くなり、父も1ヶ月前に死んだ。

でも彼らは私にたくさんのきょうだいを残してくれた。

そんな思いがふっと沸き起こり、涙がでてきて止まらなくなった。


いつもの林は緑が多い茂り人も少ないけど、たまに散歩している人に
顔を合わさないようにしながら涙をぬぐった。


そしてその涙は彼らがもう自分の住む世界にいなくなって寂しいので
なくて、ここに自分がいることや日本に戻ると待っててくれる人がいる
ことに感謝の気持ちがただあふれ出たのだと思う。

彼らがいなかったら私はいなかった。

やはり今回は日本へ戻って一度みんなに会うようになって
いたのかもしれない。そしてこの思いを感じて、みんなに会いたく
なった。特にたいした話しなんかしなくても一緒に短くてもいることが
大切なんだと思う。

ある意味での、記念として・・
わたしたちきょうだいのための・・・・
[PR]

by mi-chanlucalu | 2010-06-02 05:29 | 食べること