祝福

今日は色々と人と会う日だった。

朝にヘアカットをして、その後犬の散歩をしたいという人が
やってきてカイの説明をしたりした。
一緒に散歩へ行きたかったのだけど、子供をつれてだと時間がかかるので
パパに連れていってもらう。
彼はママ友を通じての日本人の男子生徒なのだけど、犬が好きなんだけど
犬を飼ったことのないらしいのだけど、まあありがたい申し出、である。

人と会う最後は私の長年の鍼灸の先生の案で希望者を集めて
みんなで瞑想をすること。これは今日が初めてで、なんと私のために
光=エネルギーを送る瞑想だった。

輪になった人の真ん中に私は座って、約30分くらいだったのだけど
とても安らかな気持ちのいい瞑想ができ、すごーく癒された。
愛が私を通し地球に送られていくビジョンのようなものがあった。

おかげで今も元気。あんまり疲れを感じない。

あああ、本当にありがたい。

右胸を全摘し、今は髪の毛さえなくなったけれど、こころのなかは祝福された
幸せいっぱいの私がいる。

手術して、さらに抗がん剤をして、フィジカルなものを喪失して、本当に身体というのは
車のようであり、衣のようであると思う。

何かをなくすと必ず何かを得るということを身をもって体得している。

今は執着という観念を深い部分で理解することができる。

そして自分の愛がもっと深くなっていると感じることができる。

Omnamahashibaya
[PR]

by mi-chanlucalu | 2009-12-05 13:30 | 乳がんをめぐる