立て続けにアポ

今日は癌センターでの癌専門医とのアポ。
昨日は身体を使ったけど
今日は頭を使うこれまたしんどい日だった。

これは、これからの治療(再発・転移を防ぐための)についてのディスカッション
なのだが、初めて会う医師で、自ら「セミリタイア」しているらしいおじいちゃん医。
「ぼくのアクセントで分かるように元はイギリスから来たんだよね。でももうBCは
長くて・・30年以上癌のどうこう・・・30年以上癌何とかのメンバーで・・」とか
ま、自己紹介も長い。

そして本題。

私のがん細胞はHer2陽性で、これはがん細胞の表面にある受容体で
がん細胞の増殖を促進させる物質を受け取る役割。病理検査の結果のレポートには
はっきり書かれてなかったので、すぐにそれを尋ねたらレポートを見せてくれた。

なんとなくそうだろうとは思ってはいたものの、やっぱりそうだったのか。
すると、私の治療は

やはり、フルコースディール

1化学療法 

 一般的にキモセラピーといわれ、この副作用は毛が抜ける。本当は毛がぼろぼろに
なるんだけど、みんな事前に剃ったりするから”抜ける”というイメージが強い。その他、
吐き気、だるさ、食欲減退、白血球の低下などなど、おそろしいものばかり。もちろん
血液検査をしながら副作用が最小限になるように調整する。吐き気も治療前後に吐き気
止めを服用するらしい。薬には薬を、ってわけやね。

2化学療法+ハーセプティン

キモで使うのは3種類あってその薬のうちまた違うのと、このハーセプティンを合わせて
使う。どちらともIVでやる。ハーセプティンまたはトラスツヅマブは新しい薬でとくに
Her2に結合してその働きを封じ、がん細胞の増殖を抑える。この副作用は心不全、
寒気、発熱がある。(じいちゃん医師は副作用はないなんと言ってたけど)

3ハーセプティン のみ

これもIV。ああ昨日の6針を考えただけでも今はやりたくないよ。ってだあーれも
今すぐとぉあゆうてないけど。
1-3を全部終えるのに15ヶ月かかる。点滴してから3週間休んでやるそうだ。
そうするとそのあいだに白血球も回復するらしい。つまり3週間に1回の
通院を15ヶ月する。

4放射線 じいちゃんの意見では(彼は「私の個人の意見でなくチームの」と言っ
てた)1から3で99,9%がん細胞がなくなってもだめなのだと。それが高血圧
とか糖尿病ならいい。癌だから完全さがいる、と。なる~。この副作用は肌が日焼
けのひどいのなったような感じなるときもある。そのほかは食欲おちるとかもあるけど
個人で違う。

5タモキシフェン 抗エストロゲン剤。エストロゲンの作用を抑える。私のがん細胞はER
(エストロゲン レセプター)でもある。つまりエストロゲンを受け取って増殖するので
そのエストロゲンにとって変わることのできるこの薬で絶対増やさない。
知ってる人が手術後これだけをやっているが、飲み薬と月一回の注射5年間だそうだ。
副作用は閉経後の状態になる。生理が止まり、ホットフラッシュとかがあるなどと卵巣がん
になる確立もある。そのためこれを選ばずに卵巣を手術で取るとるというオプションもある。
とったことによってエストロゲンのレベルも抑えられるからだ。

あいにく時間切れで詳しいキモの説明と5をどうするかを話せず終わったので、また
来週に話しの続きをすることになった。じいちゃんから聞いた生存率、再発・転移率は
私の年齢相で同じような癌のケースではやはりこれ全部したほうがかなり%が違う。
もちろん、選ぶのは私ひとりである。誰も強制はできない。

パパは「子供と一緒にみんなで長く暮らすために全部したほうがいい」と戻る車で
言ってくれた。「君は強いし健康に食べているから大丈夫」とも。

私の頭は情報でいっぱいになってこの後、子供たちと彼らを見ててくれた友達と公園へ
行ったけど、思考を止めることはできない。友達たちと雑談をして、子供を見てるときは
忘れていたけど家に戻って、こどもにDVDをつけてやって、どうしてもご飯を作る気に
なれないので、またヨガポーズでの瞑想体制にはいる。多分45分くらいして頭が
すっきりして、ご飯も無事に作ることができた。

今日はあんまり考えないで、治療のことも自分でもっと調べて風呂入って寝ようと思う。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2009-10-27 12:01 | 乳がんをめぐる