みんなへ

元気ですか?

日本にいるなら暑いし蒸すやろうな~と思います。
私は元気です。
っていうか前より元気です。
にんじんジュースを毎日がぶ飲みして野菜と玄米をいっぱい食べて
ぐんぐん細胞がパワーアップしてます。

お知らせがあります。
8月7日の手術をキャンセルしました。
最近本を読んだり、またまたウェブで調べたりして思うところがありました。

手術なしでいこう!との気持ちをパパとも話し合いました。
パパはもちろん、怖いといいます。
彼の気持ちもとてもよく分かるのです。

こないだ、癌センターとのアポがあり2人の女のドクターに会ってきました。
そこで自分の気持ちを、軽くぶちまけてしまいました。一人目の
ドクターの反応はとてもよくて、本当に私の言い分を聞いてくれて
ちがうオプションも提案してくれたりしました。
二人目のドクターはとても真剣に、手術をすすめてくれました。
どうしてもこの外科医と合わないのなら、彼女の仕事仲間の外科医を紹介する
と言ってくれました。彼女はちょっと芝居がかっているようにも見えましたが
とても真剣に言ってくれました。(あまりにも懇願している顔つきなので)
手術をしないで治すことに何故反対なのかもだらだらとは述べませんでした。
私の気持ちやパパの言い分に対しての非難もなく話しを聞いてくれました。

私はこの二人のドクターと何故始めに出会わなかったのかと思いました。
少なくとも時間をとって私の話しを聞いてくれる人に初めて会ったのです。

私は二人目のドクターの紹介してくれる外科医に会うことにしました。

その外科医の名前はDr. Hayashiでした。
私は何人か調べたドクターのなかの一人だったのですぐ分かりました。
彼は乳がんについての論文もいくつか書いていたのでこの人が乳がんの専門
じゃないかな~と思ったこともありました。
実際手術の日が15日でなかったとき、前のドクターと同じオフィスなので
(ほんとに小さい街ビクトリア)Dr.Bができへんのならこの人にならへんかなぁ~
なんて思ってもいました。
日系っていうことと、乳がんはこの人の方が知ってそうや、という漠然としたもの
からでした。
多分、Dr。B (前の外科医)とは初対面の「両方切るオプション」を勧める
ときからいやになっていたのだと思います。(本当にそうやと思う)

家に戻ると1時間もしないうちにDr.Hayashiのアシスタントから電話があり、
9月1日のアポを知らせてくれました。アシスタントも丁寧な感じがしました。(前より)

とりあえず8月一杯またもっと元気になる時間が増えたわけです。

手術がのびることに対して全くの不安も恐怖もないのです。
毎日が素晴らしく、とても楽しいのです。
だから心配しないでください。

いろんな代替療法だけやった人たちのことも知っているし、食事療法とかで実際治った
人もいます。

でも私はいろんなことをやって、次々トライすることは選びません。
信じることを地道に続けていくだけです。
食事に関しては乳がんのおかげで本当にいろいろ学びました。

人の反応を見て周りがどういう人たちかというのも分かりました。
幸い、どうこう言われることなく私の周りのみんなは私を守ってくれているようです。
それは本当にありがたいです。

今日一人の人から異常な反応がありましたが、そういうネガティブな体験談とかに
は耳を貸さないようにと読んだ本のひとつに書いてありました。パニックになった彼女
には言わなければよかったと思いましたが、まあ仕方のないことはいつも起こっています。

もう7月も今日で終わりました。
最近ずっと暑いので毎日のようにLakeに通っています。
みらが私のように水が大好きで首まである深さまでどんどん行ってしまいます。
家のプールは深いないと嫌がります。
今日はさすがに30度まではいかなかったので公園ですまされました。

みらのように頭の回転の速い子は、何かすること与えないといけないと思います。
いつも「きょうなにするん?どこいく?だれくる?」と聞かれます。
何もせずに家にのんびりいる日は(もともとなかったのやけど)過去のもんですわ。

やはり9月からはプレスクールへ入れようと思ってます。

るかは相変わらずの「天然」ぶりを発揮してくれてこの二人の違いを観察していると
すぐに一日なんて終わってしまいます。

長くなってしまいました。このへんで今日は終わりにしようと思います。

みんなのことをとてもとても愛しています。
私を守ってくれてありがとう。
[PR]

by mi-chanlucalu | 2009-07-31 14:02 | 乳がんをめぐる